立川部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立川部屋(たてかわべや)とは、かつて大相撲で存在した相撲部屋である。

沿革[編集]

5代目親方の元幕下角田川虎吉が部屋を創設して、不知火光右エ門(後二子山部屋へ移籍)、甲吾郎を育てた。明治40年(1907年)11月に師匠が死去し、幕内甲が二枚鑑札として6代立川を襲名し部屋をもっていたが、その後めぼしい力士も出せずに大正12年(1923年)1月、親方が死去すると部屋は閉鎖された。

錦島部屋の元幕内緋縅力弥昭和33年(1958年)11月場所限りで引退、9代立川を襲名して昭和35年(1960年)5月に独立、部屋を創設したが、昭和38年(1963年)11月限りで閉鎖、親方も昭和45年(1970年)1月に47歳の若さで死去し、錦島の系統を継ぐものもいないくなってしまった。