音羽山部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

音羽山部屋(おとわやまべや)は、かつて存在した相撲部屋

沿革[編集]

江戸時代から続く名跡で、雷部屋と関係が深い。

初代、3代、4代音羽山峰右エ門(泉嵜雷助より改名)、6代音羽山峰右エ門(十万ノ海剛右衛門より改名)が名跡を音羽山からに変更しており、部屋経営も行っている。

雷部屋の元幕内音羽山峰右エ門(築瀬嶽熊吉より改名)は、慶應2年より7代音羽山を襲名したが、すぐに廃業した。その後同じ雷部屋の元関脇平石七太夫が8代目、元十両出釈迦山与吉が9代目を襲名して部屋を存続させた。弟子には幕内井筒菊治郎(5代井筒親方)、幕内出釈迦山 峯吉(9代間垣親方)らがいた。

佐野山部屋の元幕内新川市平は現役中に10代目となり部屋も興したが、力士を育てられず現役のまま没した。

雷部屋の元十両梅垣直治郎明治30年(1897年)5月に11代音羽山を襲名し部屋を興したが、関取を出すことなく没した。

尾車部屋幕内白岩亮治が引退して、1930年に再興した。しかし、めぼしい力士もでないまま、1945年かぎりで部屋を閉じ、全員が時津風部屋に移籍した。その中に、後の幕内吉田川征四郎がいた[1]

脚注[編集]

  1. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p36-39