玉ノ井部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Tamanoi Stable.JPG

玉ノ井部屋(たまのいべや)は、日本相撲協会に所属する出羽海一門の相撲部屋。

概要[ソースを編集]

1977年(昭和52年)1月場所限りで引退して、以降は春日野部屋の部屋付き親方に就任していた年寄・13代玉ノ井(元関脇栃東)が、1990年(平成2年)1月場所後に3人の内弟子を連れて春日野部屋から分家独立して玉ノ井部屋を創設した。この時、春日野部屋の部屋付き親方である11代山分(元幕内・栃富士)も共に玉ノ井部屋へ移籍した。東京都足立区に初めて創設された相撲部屋である。1991年には日系人を含む5人のブラジル出身の力士を入門させて話題となった。

13代玉ノ井は実子である大関栃東を筆頭として、他にブラジル出身の国東などの関取を育て上げた。2009年9月3日に13代玉ノ井は定年退職を迎えたため、玉ノ井部屋の部屋付き親方である栃東親方(元大関・栃東)が年寄・14代玉ノ井を襲名して玉ノ井部屋を継承した。2011年1月場所において富士東が新十両へ昇進し、14代玉ノ井が師匠に就任してからは初となる関取が誕生している。

所在地[ソースを編集]

師匠[ソースを編集]

  • 13代:玉ノ井 友宣(たまのい ともより、関脇・初代栃東、福島
  • 14代:玉ノ井 太祐(たまのい だいすけ、大関・2代目栃東、東京)

力士[ソースを編集]

現役の関取経験力士[ソースを編集]

横綱・大関[ソースを編集]

大関[ソースを編集]

十両[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]


外部リンク[ソースを編集]

座標: 北緯35度47分10.5秒 東経139度46分44.3秒 / 北緯35.786250度 東経139.778972度 / 35.786250; 139.778972