中立部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中立部屋(なかだちべや)とはかつて日本相撲協会に所属していた相撲部屋である。現・境川部屋の前身にあたる。

概要[編集]

創設は明治時代であるが、7代中立を襲名した伊勢ノ濱慶太郎友綱部屋より独立し継承した。1928年に7代が死去し一旦部屋が消滅し、弟子達は二子山部屋に預けられ、のち出羽海部屋に移籍した。その縁で、7代の弟子で8代中立を襲名した伊勢ノ浜寅之助は、出羽一門の年寄としてつとめ、名跡は出羽一門に属することになった。

1992年に引退した出羽海部屋の元小結・両国が中立を襲名し、1998年に内弟子2人を連れて出羽海部屋から独立し中立部屋を再興した。2003年に境川(元横綱・佐田の山)が定年を迎えた事により中立と名跡交換し、部屋名も「境川部屋」となった。

師匠[編集]

力士[編集]

以下12代弟子

関連項目[編集]