境川部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sakaigawa stable 2014.JPG

境川部屋(さかいがわべや)は、日本相撲協会に所属する出羽海一門相撲部屋

歴史[編集]

1992年12月に現役を引退して以降、出羽海部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたっていた年寄・12代中立(元小結両国)が、1998年5月に2人の内弟子と同郷の先輩である12代大鳴戸(元幕内・吉の谷)を連れ、出羽海部屋から分家独立して中立部屋を創設した。12代中立の師匠である12代境川(元横綱佐田の山)が定年退職を迎える直前の2003年1月に、互いの年寄名跡を交換する形で12代中立は13代境川を襲名し、部屋の名称を境川部屋に変更した。

学生相撲出身者を積極的に迎え入れており、2002年3月場所に新十両へ昇進した岩木山を最初として、現在までに8人の関取を輩出している。近年では大関豪栄道関脇妙義龍などといった気鋭が登場して活躍している。2010年9月場所では当時在籍していた7人の現役関取が全員十両に在位して話題となった。2016年9月場所では、豪栄道が中立部屋時代を通じて部屋の力士として初となる幕内最高優勝を果たした。

所在地[編集]

師匠[編集]

部屋付き親方[編集]

力士[編集]

現役の関取経験力士[編集]

幕内[編集]

大関[編集]

小結[編集]

前頭[編集]

十両[編集]

人命救助[編集]

2020年6月10日早朝、境川部屋の付近を流れる毛長川にて女性が橋から転落した。通りかかった男性が110番通報をし、一緒にいた女性がすぐさま近くにある境川部屋へ救援を求めたという。女性の叫び声を聞いた親方が力士約20人に「すぐ行け!」と救助に向かわせ、岸辺に流された女性を彼らが引き上げて救助した[2][3]。所轄の竹の塚警察署からは、境川部屋や救助に携わった男性らに感謝状を贈る予定であると伝えられた[3]。親方はまた「救助された女性をそっとしておいてあげてほしい。ぺらぺら語るのはかわいそう」と、女性の心境を推し量った上で「いいことをしたとかはサラサラない。男として当たり前のことをしただけ」とだけ、取材記者に語った[4]。2005年7月に当時三段目の薩喜海が名古屋場所中の愛知県内で火災現場に遭遇、人命救助を行って名前を告げず現場を去ったが、後日、愛知・江南消防署から感謝状を贈られていたことも併せて報道された[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度48分57.8秒 東経139度46分7.6秒 / 北緯35.816056度 東経139.768778度 / 35.816056; 139.768778