伊勢ヶ濱一門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊勢ヶ濱一門(いせがはまいちもん)は大相撲の一門のひとつ。

歴史[編集]

もともとは縁の違う一門、独立した部屋の集合体で、一門名もしばしば変わっている。

大正時代春日山部屋所属だった元小結緑嶌が現役を引退して年寄・4代立浪を襲名し、それと同時に春日山部屋から分家独立して立浪部屋を創設したことに始まる。

この一門は長らく立浪系の他に、楯山部屋出身の5代伊勢ヶ濱(元関脇清瀬川)を祖とする伊勢ヶ濱系若松部屋出身の8代高嶋(元前頭・八甲山)を祖とする高島系大坂相撲の名門で後に東京相撲に合流した朝日山系の4系統からなっていたが、2011年1月に伊勢ヶ濱系最後の部屋であった桐山部屋が朝日山系の朝日山部屋に吸収される形で消滅、2015年2月には朝日山部屋も立浪系の新・伊勢ヶ濱部屋に吸収され消滅したため一時2系統となったが、2016年6月に二所ノ関一門で再興された朝日山部屋が2017年1月に伊勢ヶ濱一門に復帰したことで3系統に戻っている。

伊勢ヶ濱系統の1つであった朝日山部屋は本来、大坂相撲の系譜であり、友綱部屋は今の二所ノ関一門の元祖とも解釈できるが、高島部屋と名前を交換するなどして現在に至っている。追手風部屋も本来は立浪部屋の分家筋であるが、師弟間の問題もあり一度友綱部屋に移ってから分家独立しており、高島部屋から分家した宮城野部屋は出羽海一門の北の湖部屋の出身力士が一時期継承するなど、関係は複雑である。

この一門は長く「立浪・伊勢ヶ濱連合」の名(角界内では組合と呼ぶ)で親しまれてきたが、2007年2月に伊勢ヶ濱一門の本家である旧・伊勢ヶ濱部屋が閉鎖されたことに伴い、「立浪一門」へと改称された。2012年1月に行われた日本相撲協会理事選の後、「立浪一門」という名称の元となっていた立浪部屋の師匠を務める7代立浪が一門から離脱して貴乃花グループ(現在の貴乃花一門)へ移る意向を示したため、同年5月14日に一門で会合を開き、7代立浪の一門からの移籍を認めると共に、一門の名称を「春日山・伊勢ヶ濱組合」へと変更することを決定し、同年5月24日に「春日山・伊勢ヶ濱連合」[1]への変更が承認された。さらに同年11月19日に再び一門で会合を開き、一門の名称を「伊勢ヶ濱一門」へ再改称した。

この一門からは2018年の理事候補選挙で13代高島(元関脇・高望山)が理事として選出されている。副理事は選出されていない。年寄会では18代玉垣(元小結・智乃花)が副会長を務めている。「角清会」という親睦団体がある。

2016年12月22日に追手風部屋が時津風一門に移籍する一方で、2017年1月12日、朝日山親方が二所ノ関一門会で伊勢ヶ濱一門への移籍を表明して了承され、朝日山部屋は二所ノ関一門から伊勢ヶ濱一門へと移った[2]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
高島系
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
立浪系
 
 
 
朝日山系
 
 
 
 
 
 
伊勢ヶ濱系
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高島部屋
8代八甲山
 
 
 
 
 
友綱部屋
7代矢筈山
 
 
 
 
 
 
 
立浪部屋
4代緑嶌
 
 
 
朝日山部屋
13代二瀬川
 
 
 
 
 
 
伊勢ヶ濱部屋
5代清瀬川
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
玉垣部屋
14代巴潟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
双葉山相撲道場
一代双葉山
時津風一門創設
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安治川部屋
初代巴潟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14代二瀬川
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9代巴潟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代羽黒山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
荒磯部屋
10代照國
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浦風部屋
11代太郎山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春日山部屋
15代名寄岩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木瀬部屋
9代桂川
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15代高津山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉葉山道場
一代吉葉山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮城野部屋
8代吉葉山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
熊ヶ谷部屋
10代三根山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大鳴戸部屋
5代二瀬山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
友綱部屋
8代巴潟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊勢ヶ濱部屋
6代照國
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高島部屋
10代三根山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16代二瀬山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10代清ノ森
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代安念山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16代大昇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17代若二瀬大鳴戸部屋
11代高鐵山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9代一錦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代清國
 
 
 
 
9代廣川
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
熊ヶ谷部屋
12代芳野嶺
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安治川部屋
3代陸奥嵐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大島部屋
2代旭國
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10代魁輝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10代竹葉山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代旭富士
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高島部屋(再興)
13代高望山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桐山部屋
20代黒瀬川
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18代大受
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春日山部屋(再興)
20代春日富士
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
追手風部屋
11代大翔山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武隈部屋
12代黒姫山
7代旭豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11代金親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代和晃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊勢ヶ濱部屋
9代旭富士
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12代竹葉山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
離脱
貴乃花一門へ転籍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21代濱錦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅香山部屋
15代魁皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
離脱
時津風一門へ転籍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
再興
二所ノ関一門より転籍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝日山部屋(再興)
19代琴錦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11代旭天鵬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

追手風部屋は前述の通り立浪系の系統にあるが、独立に際して現在の追手風部屋の師匠である11代追手風(元幕内・大翔山)は一度は立浪部屋から高島系の友綱部屋へ移籍している。また、現・伊勢ヶ濱部屋の前身にあたる安治川部屋は、友綱部屋出身者が独立した部屋であり当初は高島系に属していたが、後に立浪系の大島部屋出身者が継承している。また、高島系の代表であった高島部屋は2011年6月に力士不在となり消滅したが、残された親方らは立浪系の春日山部屋へ移籍している。立浪系であった武隈部屋は力士不在となり消滅した後、残された親方らが高島系の友綱部屋へ移籍している。伊勢ヶ濱系の最後の部屋となる桐山部屋は朝日山系の朝日山部屋へ吸収された。その朝日山系唯一の部屋であった朝日山部屋も2015年2月1日に伊勢ヶ濱部屋に吸収された。最後の師匠であった18代朝日山(元大関・大受)は、現役時代は高島系の高島部屋に属し、現役引退後は伊勢ヶ濱系の旧・伊勢ヶ濱部屋へ移り、その後に朝日山系の朝日山部屋を継承したため、現在までに3系統に属したことになる。このように、系統間の結束は現在ではほとんど消滅した形となっている。

旧伊勢ヶ濱一門[編集]

1930年代、清瀬川敬之助が興した伊勢ヶ濱部屋に、本家筋の熊ヶ谷部屋、大坂相撲から東京に合流した朝日山部屋が加わり一門を形成した。戦後は立浪一門と連合を結成し、立浪・伊勢ヶ濱連合を称していたが、2007年1月場所限りで旧・伊勢ヶ濱部屋が消滅した事により立浪一門に改称、伊勢ヶ濱一門は消滅した。消滅の事情については旧・伊勢ヶ濱部屋の実質上最後の師匠である清國勝雄の項も参照のこと。

旧伊勢ヶ濱一門系の相撲部屋は、2015年1月の朝日山部屋の閉鎖により、すべて消滅した。現在の「伊勢ヶ濱一門」は立浪一門が立浪部屋の離脱により名称を変更したもので、本項の伊勢ヶ濱一門との直接の関係はない。また、現存の伊勢ヶ濱部屋・木瀬部屋との師弟関係も存在しない。ただし現伊勢ヶ濱部屋には旧伊勢ヶ濱部屋の力士であった大一心が桐山部屋、朝日山部屋への移籍を経て所属している。

所属部屋[編集]

  • 伊勢ヶ濱部屋(1950年代には荒磯部屋を名乗る。2007年に消滅・桐山部屋に吸収)
  • 浦風部屋(1950年代から60年代にかけて存続、荒磯からの分家、消滅、本家に吸収)
  • 木瀬部屋(伊勢ヶ濱からの分家。2000年に消滅・桐山部屋に吸収)
  • 桐山部屋(親方は伊勢ヶ濱部屋所属だったが、部屋の力士たちは大鳴戸からの継承。2011年に消滅・朝日山部屋に吸収)
  • 朝日山部屋(2015年に消滅・現伊勢ヶ濱部屋に吸収)
  • 大鳴戸部屋(1970年代に朝日山からの分家。1995年に消滅・桐山部屋に吸収)
  • 熊ヶ谷部屋(伊勢ヶ濱部屋の創設者清瀬川敬之助の所属していた部屋。1950年代に消滅、荒磯部屋に吸収)

脚注[編集]