両國勇治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
両國 勇治郎 Sumo pictogram.svg
Ryogoku Yujiro-Kajinosuke.jpg
両國勇治郎
基礎情報
四股名 両國 勇治郎
本名 伊藤 勇治郎(旧姓:西村)
愛称 出羽海部屋三羽烏
生年月日 1892年3月18日
没年月日 1960年8月10日(満68歳没)
出身 秋田県大仙市(旧:秋田県仙北郡)
身長 173cm
体重 90kg
BMI 30.07
所属部屋 入間川部屋(東京)
出羽海部屋(東京)
→朝日山部屋(大坂)
得意技 左四つ、櫓投げ、内掛け、小手投げ、掛け投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 関脇
生涯戦歴 105勝74敗3分3預34休(24場所)
幕内戦歴 92勝72敗2分1預34休(20場所)
優勝 幕内最高優勝1回
十両優勝1回
データ
初土俵 1909年6月場所
入幕 1914年5月場所
引退 1924年1月場所
備考
2015年9月1日現在

両國 勇治郎(りょうごく ゆうじろう、1892年3月18日 - 1960年8月10日)は、秋田県仙北郡(現:秋田県大仙市)出身の元大相撲力士。本名は伊藤 勇治郎(いとう ゆうじろう)(旧姓:西村)。

来歴[編集]

まだ肌寒い1892年3月18日秋田県仙北郡で生まれた。出身地である秋田県に入間川清藏一行が巡業に訪れた際に見出されてそのまま入門、両国国技館が開館した1909年6月場所で初土俵を踏んだ。小兵だが色白で均整のとれた筋肉質な体格は人気があり、さらに足腰の強さから稽古場では大錦卯一郎が相手でも勝てないほどだったという。この恵まれた体質と土俵度胸を生かして順調に出世すると、新入幕を果たした1914年5月場所ではいきなり9勝1休の好成績で幕内最高優勝を果たした[1]。この1休は対戦相手だった寒玉子爲治郎の休場(当時は不戦勝制度が無く、対戦相手が休場すれば自身も休場)だが、この休場は寒玉子爲治郎の負傷や疾病のためではなく、同場所で優勝を争っていた太刀山峯右エ門の対戦相手である出羽海部屋の力士が休場したために太刀山も休場となり、それとバランスを取るためにやむを得ず寒玉子爲治郎も休場としたもので、当時はこれを「土つかず」と言った。

1915年1月場所から下の名を由緒ある「梶之助」と改める。名に恥じぬ活躍をと気合を入れて臨んだこの場所は7勝2敗1分の好成績を挙げ、同年6月場所には自己最高位である東関脇に昇進する。この場所は負け越したために一場所で平幕へ降格したが、その後も幕内上位から三役で活躍し、その間に優勝旗手を2回務めた。1924年1月場所を最後に現役を引退し、年寄・武隈を襲名した。

引退後は後に横綱へ昇進する武藏山武をスカウトしたが、出羽海と確執が生じたために独立して武隈部屋を設立し、同時に立浪一門へ移籍した。そのために所属力士は出羽海部屋の力士と対戦するという、系統別総当たり制の時代には珍しい状況になった。1960年8月10日に死去、68歳没。

人物[編集]

小兵で色白、さらに怪力で足腰が強く、均整の取れた筋肉質の体格で人気があった。土俵態度を生かして大技を繰り出す豪快かつ派手な相撲を見せ、その取り口は天才肌とも称された。しかし、大技に拘り過ぎで思わぬ敗戦を喫することもあったという。田村俊子も両國にほれ込んでおり、「両國という角力恋して春残し」「両國を 思えばうつら うつらかな」という句を詠んでいる。

主な成績[編集]

  • 通算成績:105勝74敗3分3預34休 勝率.587
  • 幕内通算成績:92勝72敗2分1預34休 勝率.561
  • 現役在位:24場所
  • 幕内在位:20場所
  • 三役在位:5場所(関脇3場所、小結2場所)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1914年5月場所)
    • 十両優勝:1回(1914年1月場所)
  • 優勝旗手:2回

脚注[編集]

  1. ^ 新入幕力士の無敗は、両國以外に大潮又吉1917年5月場所)、千代の山雅信1945年11月場所)の2名がいるが、分・預・休が無い完全な全勝は千代の山雅信が史上初である。

関連項目[編集]