旭國斗雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
旭國 斗雄 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 旭國 武雄→旭國 斗雄
本名 太田 武雄
愛称 ピラニア[2]、相撲博士[2]
生年月日 (1947-04-25) 1947年4月25日(71歳)
出身 北海道上川郡愛別町
身長 174cm
体重 121kg
BMI 39.96
所属部屋 立浪部屋
得意技 右四つ、寄り、下手投げとったり
成績
現在の番付 引退
最高位大関
生涯戦歴 635勝479敗57休(98場所)
幕内戦歴 418勝330敗57休(54場所)
優勝 十両優勝1回
幕下優勝1回
敢闘賞1回
技能賞6回
データ
初土俵 1963年7月場所[1]
入幕 1969年7月場所[1]
引退 1979年9月場所[1]
引退後 大島部屋師匠
備考
金星2個(北の富士1個、琴櫻1個)
2014年3月19日現在

旭國 斗雄(あさひくに ますお、1947年4月25日 - )は、立浪部屋所属の元大相撲力士。最高位は東大関北海道上川郡愛別町出身で農家の三男として生まれる。本名は太田 武雄(おおた たけお)、現役時代の体格は身長174cm、体重121kg、血液型はB型。引退後は長く年寄大島として大島部屋を経営し、日本相撲協会の理事として巡業部長も務めた[1]

来歴[編集]

入門から大関昇進まで[編集]

幼い頃からスポーツが得意で中学校時代は野球をしていた。3年生の時に人数不足から相撲部の助っ人として大会に出場し優勝。大島親方(元前頭19枚目・若浪)を紹介され昭和37年(1962年)、立浪部屋に入門した。床山の新弟子と間違われたほど小柄だったため新弟子検査では4場所続けて不合格になり諦めかけたが、兄弟子や親方に励まされてもう1度受けることを決意。少しでも身長の計測で有利になるようにと兄弟子にたのんで頭を殴ってもらい瘤を作り、床山にたのんで髪を持ち上げてもらい検査を受けた。幸運にもその時(昭和38年=1963年7月場所)の検査を担当したのが師匠の立浪親方(元横綱羽黒山)だったため御目零しで合格の判を押してもらえた[3]四股名である旭國は、かつて立浪部屋の力士であった同じ北海道出身の旭國旭川市出身)の名を継いだもので二代目である。

新弟子時代は同部屋の所属力士が約60人もおり、早起きしなければ土俵での稽古が満足に積めなかった。黒姫山も早起きであったので、どちらが朝稽古の1番乗りになるか競争していた。大部屋なので兄弟子のいじめもあり、早く出世しないといじめによって壊される恐れもあったので一生懸命稽古に励んだ。辛くなって辞めたくても、廃業したら母親が悲しむと思って我慢していた[4]。一方で、弟弟子の黒姫山の証言によると、やはり見習い期間が長かったため新弟子検査合格から半年程度で髷を結い始め、その頃から部屋の幕下とも対等に口を聞いていたという[5]

幕下時代に盲腸の手術を受けたが傷が癒える前に稽古を始めてしまい、しかも大酒を飲んだことがたたって膵臓を患い苦しまされた[1]。この膵臓炎は結果として「現役時代に10数回入院し、最長で28日間絶食」という苦しい経験をもたらす程に大きな障害となった。[6][7]膵炎の原因は根本として若浪の付き人を務めていた頃に酒を飲み過ぎたことにあり、若浪自身もそれを後年述懐していた。[8]昭和44年(1969年)7月新入幕。しかし昭和45年(1970年)3月に急性胆嚢炎で途中休場し、翌場所は9勝6敗と勝ち越すも7月に4勝11敗と大負けして十両陥落。昭和46年(1971年)11月に再入幕したが翌場所に膵臓炎で休場してしまい陥落。昭和47年(1972年)5月に再々入幕しようやく幕内に定着する。

小結だった昭和50年(1975年)3月は膵臓炎で入院し初日から休場したが点滴が終わると病院を抜け出して稽古をしていた。医師に「こんな体で相撲取ったら死ぬぞ。」と警告されても「土俵で死ねれば力士の本望」と10日目から出場して4勝2敗。背骨の両脇に上下に並ぶ鍼の跡の絆創膏が大きく目立った。翌場所11勝して三役に復帰すると定着し昭和51年(1976年)1月関脇で12勝3敗、大関獲りとなる3月は13勝2敗で横綱・輪島との優勝決定戦に出場、敗れはしたが大関に昇進した[3][1]。28歳11ヶ月での新大関昇進は、年6場所制が定着した昭和33年(1958年)1月場所以降初土俵の力士では当時最年長であった(現在は琴光喜が記録を保有)。実際に大関昇進が確定したのはこの場所13日目の北の湖戦で11勝目を挙げたことにより、右上手を取って頭を付けた旭國は、北の湖が右から小手に振るところを左外掛けで防ぎ、渾身の力で寄り切った。立浪部屋からは若羽黒以来17年ぶりの大関[9]

大関時代[編集]

大関になってからも膵臓炎の影響で満足な成績を出せる場所は多くなかったが、昭和52年(1977年)9月は誰もが驚く絶好調、連戦連勝で横綱・北の湖と優勝争いの先頭を併走、直接対決には敗れ優勝はできなかった(北の湖は全勝優勝)が、堂々の14勝1敗[1]。しかし綱獲りとなる11月は8勝7敗に終わり横綱昇進は果たせなかった。

平幕など下位の相手には技量・力量を見せつけ、比較的勝ち星を量産できたものの、横綱・大関との対戦になる場所後半に負け込むことがほとんどだった。横綱との対戦でとりわけ苦手にしていたのは輪島であり、対戦成績は4勝31敗(決定戦含む)と大きく差をつけられた。大関昇進を決めた昭和51年3月場所でも、本割・優勝決定戦の両方で輪島に敗戦した。また、北の湖との対戦も7勝27敗と大きく差をつけられた。この7勝のうち、6勝は大関昇進前の勝ち星であり、昇進以後は昭和52年5月場所に一度勝利したのみで、全く勝てなかった。前述通り大関在位中に千秋楽まで優勝を争った場所でも北の湖に負けたことで優勝を逃した。その他、大関貴ノ花にも分が悪く、通算で11勝26敗と大きく負け越し(不戦敗を含む。両者が大関同士では対戦成績は4勝13敗)。

それでも持病の膵臓炎で度々入院治療を続けながら、翌昭和53年(1978年)3月場所7日目、魁傑との取組で二度水入りの大相撲となり、勝負がつかずに両者に休憩時間を与えるべく当日の結びの一番(北の湖敏満 - 青葉山弘年戦)を先に行い、10分後に改めて取り直し、これも大相撲となって3度目の水入りかという所で力尽き掬い投げで敗北を喫したものの合計10分19秒の大熱戦で、場所前に退院したばかりの旭國にとっては正に「土俵上で死ねたら本望」の言葉通りの相撲であった。昭和54年(1979年)9月場所7日目に、同期生である新横綱・三重ノ海との対戦で負傷して途中休場後、再起は難しいと考えて引退した。現役引退に際し、「一度は優勝したかった」と名残惜しそうに述べていた。

年寄時代[編集]

現役引退後は年寄・2代大島を襲名、昭和55年(1980年)1月に分家独立して大島部屋を開設した。その後は第63代横綱旭富士を筆頭に、関脇旭天鵬・小結旭道山・同旭豊・同旭鷲山・幕内旭豪山・同旭里・同旭南海・同旭秀鵬・十両旭日松友綱部屋移籍後に入幕)らを育てた[1]。所属力士の大半に、自身の現役時の四股名に因んで、「旭」で始まる四股名をつけていた。これは自身及び所属力士全員が友綱部屋に移籍(後述)して以降も同様であり、旭天鵬・旭秀鵬をはじめとする旧大島部屋から友綱部屋に移籍した力士は全員、旧大島部屋在籍時の四股名を名乗り続けた。

平成4年(1992年)、当時外国出身力士の入門を自粛する方向にあったにもかかわらず、解雇も辞さない覚悟をもって、モンゴルから6人の新弟子をスカウトした[10][1]。その内5人(旭天山以外の全員)は厳しい稽古や慣れない日本文化を苦にして、7月場所後にモンゴル大使館に逃げ込み、最終的に旭天鵬及び旭鷲山は翻意し帰参したものの、他の3人(旭鷹・旭雪山・旭獅子)はそのままモンゴルに帰国してしまった。部屋に留まった3人はその後、旭鷲山がモンゴル人初の十両・幕内・三役力士となり平成18年(2006年)11月場所まで現役を続行、幕下・旭天山も平成19年(2007年)11月場所まで、そして旭天鵬は平成27年(2015年)9月場所までと、後のモンゴル人力士の時代を築いたパイオニアとして長く現役を続行した。部屋の稽古は厳しく、場所中も何番も相撲を取らせるなどの指導で知られた。旭天鵬は後に「他の部屋はやっていないのに何でと思った。でも、それがその後に生きた」と語った[11]

1998年から2010年まで6期12年の間、日本相撲協会理事を務めた。この相撲協会理事の選挙は10人の改選を5つある一門ごとに理事候補を調整して無投票で決定することが慣例であったところ、2010年2月の選挙では貴乃花親方が立候補したため4期(8年)ぶりに10人の理事を11人で争う形になったが、評議員の投票の結果8票で落選した。その後は役員待遇委員であったが、大相撲八百長問題で弟子の旭南海が関与したことを受け、2011年4月1日付で委員に降格した。

停年退職後[編集]

2012年4月の停年退職後は大島部屋を旭天鵬に継承させる予定とされていたが、旭天鵬自身が「もう少し(現役を)続けたい」と現役続行の意思[12]を固めたことから、3月場所後に停年を迎えた後、大島部屋を一旦閉鎖し[13]、所属力士は全て友綱部屋へ移籍する形を採ることとなった[14]。そのため大島部屋は、自身が同年4月24日付で停年退職するのと同時に消滅した。定年直後の5月場所では、友綱部屋に移籍した旭天鵬が西前頭7枚目の地位で、37歳の高齢ながらも初の幕内優勝を果たす。なお旭天鵬の優勝パレードには、自身もオープンカーの助手席に同乗(優勝旗手は同じ立浪一門宮城野部屋の第69代横綱・白鵬が務めた)。元愛弟子の平幕優勝達成に「引退すると迷ったこともあったが、もう一回やる気持ちになってくれてよかった」と手放しで喜んでいた[15]

逸話[編集]

  • 昭和52年3月場所では、若三杉(後の横綱2代若乃花)が大関に昇進したことに伴い、珍しい5大関となったことから、ファンサービスの一環で初日に大関同士の取り組みが組まれ、旭國は初日に同じ大関の貴ノ花と対戦するという、非常に珍しい経験をした[16]
  • 闘魂という言葉を好み、四股名の下の「斗雄」も闘魂(斗魂、鬦魂)から付け、化粧廻しも「斗魂」を染め抜いたものを好んで用いた。しつこく食い下がる取り口から「ピラニア」、研究熱心で内無双とったりなどの巧みな技を使うことから「相撲博士」の異名があった[3][4]。腕が短く相手の廻しを取ることが困難なことから編み出された「とったり」は、旭國の得意技であり、彼が現役であった頃はとったりを持ち技とする力士は珍しかった[3][17]
  • 二人の実子(長男・智雄及び次男・國宏)も少年期にわんぱく相撲などで活躍し、中学校卒業後に大島部屋に入門し、智雄は旭萌天(当初は旭硫宝)を、國宏は旭照天(当初は旭聖天)を、それぞれの四股名として土俵に上がったが、共に負傷が多く、旭萌天は最高位三段目で平成11年11月場所限りで引退、旭照天も幕下と三段目の往復が続き、平成23年1月場所限りで、同じ二世力士である元三段目・玉光(元小結・大潮の長男)と共に引退した。
  • 現役時代にライバルだった二子山親方(元大関・貴ノ花)とは親友であった。平成17年(2005年)5月の二子山親方の通夜の席では、子息の貴乃花親方(元横綱・貴乃花)のことで生前二子山が悩んでいたことを打ち明けた。
  • 昭和53年(1978年)、四股名の縁で、麒麟児及び加山雄三と共にサントリー・純生ビールのテレビCMに出演した[18]
  • 平成28年(2016年)3月場所に尾車部屋から初土俵を踏み、同年7月場所に朝日山部屋に移籍し、平成30年(2018年)5月場所限りで引退した朝日丸は、当初「朝日国」と名乗っていたが、同じ発音の元大関の存在に気付いたため、同年9月場所から朝日丸に改名した。

主な成績[編集]

  • 通算成績:635勝479敗72休 勝率.570
  • 幕内成績:418勝330敗57休 勝率.559
  • 大関成績:168勝122敗20休 勝率.579
  • 幕内在位:54場所
  • 大関在位:21場所
  • 三役在位:9場所 (関脇6場所、小結3場所)
  • 三賞:7回
    • 技能賞:6回 (1972年9月場所、1974年3月場所、1975年5月場所、1975年7月場所、1975年9月場所、1976年3月場所)[1]
    • 敢闘賞:1回 (1976年1月場所)
  • 金星:2個(北の富士1個、琴櫻1個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回 (1971年9月場所)
    • 幕下優勝:1回 (1967年3月場所)

場所別成績[編集]

旭國斗雄
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1963年
(昭和38年)
x x x (前相撲) 西 序ノ口 #11
6–1 
西 序二段 #38
6–1 
1964年
(昭和39年)
西 三段目 #84
5–2 
西 三段目 #53
5–2 
東 三段目 #25
5–2 
東 幕下 #93
4–3 
西 幕下 #81
2–5 
西 三段目 #6
4–3 
1965年
(昭和40年)
東 幕下 #90
4–3 
西 幕下 #78
3–4 
西 幕下 #87
1–6 
東 三段目 #21
4–3 
東 三段目 #9
5–2 
東 幕下 #79
5–2 
1966年
(昭和41年)
東 幕下 #66
4–3 
東 幕下 #60
4–3 
東 幕下 #55
2–5 
西 幕下 #73
4–3 
西 幕下 #63
5–2 
西 幕下 #44
3–4 
1967年
(昭和42年)
西 幕下 #50
4–3 
西 幕下 #39
優勝
7–0
東 幕下 #11
3–4 
西 幕下 #13
2–5 
東 幕下 #26
5–2 
西 幕下 #12
4–3 
1968年
(昭和43年)
西 幕下 #9
3–4 
西 幕下 #11
4–3 
東 幕下 #8
5–2 
東 幕下 #2
2–5 
東 幕下 #11
4–3 
東 幕下 #6
5–2 
1969年
(昭和44年)
西 幕下 #3
5–2 
西 十両 #13
10–5 
西 十両 #5
11–4 
東 前頭 #11
7–8 
西 前頭 #12
8–7 
東 前頭 #6
6–9 
1970年
(昭和45年)
西 前頭 #11
8–7 
東 前頭 #9
6–7–2[19] 
東 前頭 #13
9–6 
西 前頭 #6
4–11 
東 十両 #1
8–7 
西 十両 #1
休場
0–0–15
1971年
(昭和46年)
東 十両 #10
8–7 
東 十両 #9
7–8 
西 十両 #10
9–6 
東 十両 #5
8–7 
東 十両 #3
優勝
12–3
東 前頭 #10
8–7 
1972年
(昭和47年)
西 前頭 #4
0–1–14[20] 
東 十両 #1
10–5 
西 前頭 #10
8–7 
西 前頭 #7
9–6 
西 前頭 #3
10–5
西 関脇
4–11 
1973年
(昭和48年)
東 前頭 #5
8–7 
西 前頭 #1
8–7 
東 前頭 #1
6–9 
西 前頭 #3
8–7 
西 関脇
0–3–12[21] 
東 前頭 #8
9–6 
1974年
(昭和49年)
西 前頭 #2
4–11 
西 前頭 #9
11–4
西 前頭 #1
9–6
東 前頭 #1
8–7
西 小結
7–8 
西 前頭 #1
7–8 
1975年
(昭和50年)
西 前頭 #2
10–5 
西 小結
4–2–9[22] 
東 前頭 #4
11–4
東 小結
11–4
西 関脇
9–6
西 関脇
8–7 
1976年
(昭和51年)
東 関脇
12–3
東 関脇
13–2[23]
東 大関
9–6 
西 大関
9–6 
西 大関
10–5 
西 大関
10–5 
1977年
(昭和52年)
東 大関
0–3–12[24] 
東 張出大関 #2
9–6[25] 
東 張出大関
9–6 
東 張出大関
9–6 
西 大関
14–1 
東 大関
8–7 
1978年
(昭和53年)
西 張出大関
10–5 
東 張出大関
10–5 
西 大関
8–7 
西 大関
9–6 
西 大関
3–12 
西 張出大関
9–6[25] 
1979年
(昭和54年)
西 張出大関
9–6 
西 張出大関
3–6–6[26] 
西 張出大関
8–7[25] 
西 張出大関
8–7 
西 大関
引退
4–4–2[27]
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

CM出演[編集]

参考文献[編集]

  • 『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(著者:塩澤実信、発行元:北辰堂出版、2015年)p105-106ページ
  • 石井代蔵『大関にかなう』(文春文庫、1988年)ISBN4-16-747501-4

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p23
  2. ^ a b 角界「異名」列伝 ウルフの時代 時事ドットコム
  3. ^ a b c d 『大相撲ジャーナル』2017年6月号109頁
  4. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p13
  5. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p48
  6. ^ 『相撲』2012年5月号67頁には「北海道の母親が送ってくれた熊笹を煎じて飲んだおかげで調子が良くなり、引退後も症状が出ていない。大島部屋の関取衆もよく飲んでいるみたいだ。」と膵炎の治療についてのエピソードが記述されている。
  7. ^ 『相撲』2012年8月号
  8. ^ 大相撲酒豪番付2014年東銀座場所 時事ドットコム
  9. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p46
  10. ^ 当時、角界にモンゴル出身者が一人もいなかったため、大島のスカウトは角界で初めての試みであった。
  11. ^ 毎日新聞2017年4月4日 東京朝刊
  12. ^ 1950年代まで存在した、現役を続けたまま部屋を経営する二枚鑑札制度(プロ野球選手兼任監督に当たる制度)は現在認められていないため、部屋を経営するには現役を引退する必要がある。
  13. ^ 旭天鵬が大島親方定年場所に気合 日刊スポーツ 2012年3月4日閲覧
  14. ^ 親方定年で大島部屋力士が友綱へ転属 日刊スポーツ 2012年3月25日閲覧
  15. ^ “旭天鵬 初優勝に「頭が真っ白になった」”. スポーツニッポン. (2012年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/05/20/kiji/K20120520003291790.html 2012年5月20日閲覧。 
  16. ^ 結果は貴ノ花が寄り切りで勝利。
  17. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 創業70周年特別企画シリーズ②(別冊師走号、2016年)82ページから83ページ
  18. ^ サントリー純生CM【麒麟児・加山雄三・旭國】
  19. ^ 急性胆嚢炎により13日目から途中休場
  20. ^ 慢性膵臓炎により初日不戦敗
  21. ^ 慢性再発生膵臓炎により3日目から途中休場
  22. ^ 膵臓炎により初日から休場、10日目から出場
  23. ^ 輪島と優勝決定戦
  24. ^ 頸部椎間板損傷・膵臓炎により3日目から途中休場
  25. ^ a b c 角番 (全3回)
  26. ^ 頸椎捻挫により9日目から途中休場
  27. ^ 右肩関節挫傷により8日目から途中休場
  28. ^ 『ACC CM年鑑'79』(全日本CM協議会編集、誠文堂新光社、1979年 27頁、68頁)

外部リンク[編集]