枝川部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

枝川部屋(えだがわへや)は、かつて存在した相撲部屋

沿革[編集]

江戸時代から続く大坂相撲年寄名跡の部屋である。

初代枝川藤兵衛の時代に大関鷹ノ海灘右エ門、関脇波戸ヶ崎岸右エ門、幕内八十嶋嘉六(後追手風部屋へ移籍)が育っている。その後、2代から6代も部屋経営を行っているが関取はでていない。6代藤ヶ嶽彦藏、7代十文字多吉の時代には後に関取となる綾瀬川三左エ門雷部屋近江冨士初太郎出羽ノ海部屋)が在籍していたが、大成する前に師匠が死去している。

昭和14年(1939年)1月場所を最後に現役を引退し、9代目を襲名した二所ノ関部屋の元幕内海光山大五郎は、同年5月に独立して部屋を興したが関取は出ず昭和22年(1947年)6月限りで部屋を閉じた。