海光山大五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海光山 大五郎 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 海光山 大五郎
本名 小倉 清次
愛称 太鼓腹四天王
生年月日 1900年3月16日[1]
没年月日 (1954-05-16) 1954年5月16日(54歳没)
出身 徳島県海部郡宍喰町
(現:徳島県海陽町[1]
身長 176cm
体重 128kg
BMI 41.32
所属部屋 二所ノ関部屋粂川部屋
→二所ノ関部屋
得意技 左四つ、吊り、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭2枚目
幕内戦歴 69勝82敗(13場所)
データ
初土俵 1924年5月場所(幕下付出[1]
入幕 1932年1月場所[1]
引退 1939年1月場所[1]
備考
2013年7月17日現在

海光山 大五郎(かいこうざん だいごろう、1900年3月16日 - 1954年5月16日)は、徳島県海部郡宍喰町(現:徳島県海陽町)出身の元大相撲力士。本名は小倉 清次(おぐら せいじ)[1]

来歴[編集]

1900年3月16日徳島県海部郡宍喰町(現:徳島県海陽町)で生まれる。兵役を終え、さらに関東大震災によって帰郷していたことで、1924年5月場所において幕下付出初土俵を踏んだ。この時で既に23歳と当時としては遅い入門で、1927年10月場所で新十両昇進を果たすが、その後何度も十両と幕下を往復したために出世が遅れ、四股名を「師匠・二所ノ関の現役時代『海山』の名を光らせる」という意味を込めて「海光山 大五郎」と改名(1928年5月場所)したのを挟んで、1932年1月場所(春秋園事件で中止)で新入幕を果たした際には32歳になっていた。

新入幕を果たした場所は春秋園事件によって中止となり、海光山は革新力士団に加入して日本相撲協会を脱退したが、1933年1月場所において幕内格別席で帰参した。その後は、「太鼓腹四天王」と称されるほどの太鼓腹を左四つから生かして寄り切る取り口で幕内中位で活躍、二所ノ関部屋を創設した兄弟子の玉錦三右エ門を支え、横綱土俵入りでは露払いを務めた。

1938年12月4日に玉錦三右エ門が現役のまま亡くなると、張りを失ったのか、1939年1月場所では太刀持ちだった土州山好一郎と共に13戦全敗となって現役を引退、年寄・枝川を襲名すると同時に、二枚鑑札で部屋を継承した玉ノ海梅吉を年寄の立場から助けて後進の指導に当たった。一時期独立して枝川部屋を創立したが、終戦を期に部屋を閉鎖して再び二所ノ関部屋付きの年寄となった。

その後は高田川、放駒と年寄株を変更したが、1953年5月場所限りで廃業、その直後に死去した。54歳没。

主な成績[編集]

  • 通算幕内成績:69勝82敗 勝率.460
  • 幕内在位:13場所(春秋園事件の1932年1月場所は含まない)

場所別成績[編集]

海光山 大五郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1924年
(大正13年)
x x 幕下付出
3–3 
x
1925年
(大正14年)
東幕下31枚目
5–1 
x 東幕下9枚目
1–5 
x
1926年
(大正15年)
東幕下23枚目
4–2 
x 東幕下16枚目
3–3 
x
1927年
(昭和2年)
東幕下17枚目
4–2 
東幕下17枚目
5–1 
西幕下8枚目
2–4 
東十両9枚目
5–5 
1928年
(昭和3年)
東幕下17枚目
3–3 
西十両4枚目
3–8 
西幕下17枚目
4–2 
西幕下17枚目
3–3 
1929年
(昭和4年)
西幕下6枚目
3–3 
西幕下6枚目
5–1 
東十両9枚目
6–5 
東十両9枚目
3–3–5 
1930年
(昭和5年)
西十両11枚目
5–6 
西十両11枚目
4–7 
西幕下6枚目
5–2 
西幕下6枚目
4–3 
1931年
(昭和6年)
西十両10枚目
8–3 
西十両10枚目
6–5 
西十両3枚目
7–4 
西十両3枚目
5–6 
1932年
(昭和7年)
東前頭15枚目

脱退
 
x x x
1933年
(昭和8年)
前頭
8–3 
x 西前頭12枚目
6–5 
x
1934年
(昭和9年)
東前頭9枚目
8–3 
x 西前頭2枚目
2–9 
x
1935年
(昭和10年)
東前頭9枚目
6–5 
x 西前頭8枚目
6–5 
x
1936年
(昭和11年)
東前頭7枚目
4–7 
x 東前頭13枚目
7–4 
x
1937年
(昭和12年)
東前頭5枚目
6–5 
x 西前頭2枚目
4–9 
x
1938年
(昭和13年)
西前頭7枚目
7–6 
x 西前頭4枚目
4–9 
x
1939年
(昭和14年)
西前頭10枚目
引退
0–13–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

四股名変遷[編集]

  • 八坂濱 清次(やさかはま せいじ):1924年5月場所 - 1928年3月場所
  • 海光山 大吾郎(かいこうざん だいごろう):1928年5月場所 - 1934年1月場所
  • 海光山 大五郎( - だいごろう):1934年5月場所 - 1939年1月場所(引退)

年寄変遷[編集]

  • 枝川 大五郎(えだがわ だいごろう):1939年1月場所 - 1947年11月場所
  • 高田川 大五郎(たかだがわ - ):1947年11月場所 - 1952年1月場所
  • 放駒 大五郎(はなれごま - ):1952年1月場所 - 1953年5月場所(廃業)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p35

関連項目[編集]