山響部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山響部屋(やまひびきべや)は、日本相撲協会所属で出羽海一門相撲部屋

歴史[編集]

2015年11月場所13日目の同年11月20日に、北の湖部屋の師匠を務める一代年寄・北の湖(元横綱・北の湖)が急逝したため、場所終了後の同年11月30日に日本相撲協会は部屋付き親方である年寄・20代山響(元幕内・巌雄)が部屋の師匠に就任することを承認した。これに伴い、同日に[1]部屋の名称が北の湖部屋から山響部屋へと変更され[2]、幕内・北太樹など所属力士16人・行司2人・呼出3人・床山1人はそのまま山響部屋の所属となった。部屋の施設は当初、北の湖部屋のものを使用しており、以前の北の湖部屋の看板は稽古場に掲げられていたが、2017年4月29日に移転した[3][4]

所在地[編集]

師匠[編集]

  • 20代:山響謙司(やまひびき けんじ、前1・巌雄、兵庫)

力士[編集]

現役の関取経験力士[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 書類上における部屋名の改称日は、2015年11月場所千秋楽の翌日である同年11月23日付とされた。
  2. ^ 北の湖部屋 部屋付きの山響親方が継承 日刊スポーツ 2015年11月30日
  3. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2017年5月号(夏場所展望号)別冊付録 平成29年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑 49頁
  4. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年8月号p104

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分57秒 東経139度47分42.3秒 / 北緯35.68250度 東経139.795083度 / 35.68250; 139.795083