希善龍貴司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
希善龍 貴司 Sumo pictogram.svg
Kizenryu 2015 March.JPG
基礎情報
四股名 亀井 → 希善龍
本名 亀井 貴司
愛称 かめちゃん[1]
生年月日 (1985-04-30) 1985年4月30日(32歳)
出身 香川県善通寺市
身長 195cm
体重 157kg
BMI 41.29
所属部屋 木瀬北の湖 → 木瀬
得意技 右四つ・寄り・上手投げ
成績
現在の番付 西十両14枚目
最高位 東十両11枚目
生涯戦歴 241勝209敗15休(58場所)
優勝 幕下優勝1回
序二段優勝1回
データ
初土俵 2008年3月場所
備考
2017年11月26日現在

希善龍 貴司(きぜんりゅう たかし、1985年4月30日 - )は、香川県善通寺市与北町出身で、木瀬部屋(閉鎖処分中は北の湖部屋)所属の現役大相撲力士。本名は亀井 貴司(かめい たかし)。身長195cm、体重157kg。最高位は東十両11枚目(2013年5月場所)。

来歴[ソースを編集]

入門前[ソースを編集]

善通寺市立与北小学校4年次に、当時の担任教諭の勧めで与北相撲クラブ(現在の香川相撲クラブ)に入り、相撲を始めた。小学生時代は香川県の小学生横綱に輝き、善通寺市立東中学校3年次は柔道部に所属しながら相撲の大会にも出場して県大会で優勝。香川県立高松南高校入学後は相撲一本に絞り、3年次に出場した選抜高校相撲内大会では個人3位に入賞している(このときの優勝はのちの関脇栃煌山)。

高校卒業後は松井秀和高松南高校相撲部監督の母校である日本大学商学部に進学して相撲部に入部。同期には明瀬山禧勢ノ山らがいる。しかし入部直後に膝を痛めてしまい1年近く相撲はとれず、地道な筋力トレーニングなどで体づくりに励む日々が続いたが、これが後の相撲人生で生きることになった。団体戦のレギュラーにはなれなかったが、個人戦で3年次に全国学生相撲個人体重別選手権大会135キロ未満で準優勝、4年次に全日本相撲選手権大会でベスト16と、非凡な才能を発揮した[2]

入門後[ソースを編集]

日大卒業後は1学年上の先輩である幕内清瀬海、同級生であり相撲部の主将も務めた明瀬山(初土俵は自身より1場所先)が所属しており、師匠も日大OBが務めている木瀬部屋(幕内・肥後ノ海)に入門。2008年3月場所、本名で初土俵を踏んだ。同期入門には同じ香川県出身の琴勇輝[3]らがおり、その琴勇輝とは前相撲で対戦し敗れている。前相撲は2勝1敗で終えて2番出世。

初めて番付に名前が載った翌5月場所は6番相撲で矢鋪に敗れたが、同年7月場所と9月場所は2場所続けて7戦全勝とし、7月場所は序二段優勝、9月場所は三段目優勝決定戦で山下(禧勢ノ山)との同部屋優勝決定戦に敗れて優勝同点だった。同年11月場所で幕下に昇進以降は怪我もあったが幕下に定着。2009年3月場所は6勝1敗で8人による幕下優勝決定トーナメント戦に進出している(1回戦で出羽鳳に敗れて敗退。優勝は同部屋の德真鵬)。

その後は番付で一進一退が続いて苦労したが、2012年5月場所で初めて関取昇進の可能性があるといわれる幕下15枚目以内の地位に昇格して以降は関取の地位を伺える番付が続き、自己最高位の東幕下7枚目で迎えた2013年3月場所で7戦全勝の幕下優勝を果たし、引き上げる花道では思わず泣いてしまう一幕もあった[4]。幕下15枚目以内での7戦全勝だったことから、場所後には新十両昇進が決まり、これを機に四股名を「希善龍」と改めた[5]

十両初昇進後[ソースを編集]

新十両として迎えた2013年5月場所は東十両11枚目の地位で6勝9敗の負け越しに終わり、翌7月場所は運悪く東幕下2枚目まで地位を下げてしまった。

5月場所中には左上手を得意とする(後述)力士の生命線である左手小指も骨折しており、9月場所まで負け越しが続いたことで11月場所には西幕下11枚目まで番付を後退させていた。それでも11月場所から翌2014年3月場所まで3場所連続で4勝3敗の勝ち越しで終え、続く5月場所には東幕下4枚目まで番付を戻すと、その場所も5番相撲までに4勝を上げて勝ち越し、6番相撲では敗れたが7番相撲で十両復帰を争う東3枚目の栃飛龍との直接対決に勝利して5勝2敗とした。地位と成績の兼ね合い上際どかったものの、十両から幕下に陥落する力士が6人いたことで再十両を果たした。場所後、善通寺市役所と母校の高松南高校を訪問した際には「勝負の場所だった。股関節を痛めていたが、気持ちでカバーした」と思いのたけを明かし、7番相撲でこれまで白星を挙げたことがなかった栃飛龍と対戦した感想も口にした。[6]ところが続く7月場所は冴えず、2日目から8連敗して9日目に負け越しを確定させ、最終的に4勝11敗の大敗を喫した。

幕下に落ちて3場所後、東幕下4枚目で迎えた2015年1月場所は3勝1敗で迎えた5番相撲で右足を負傷したが、千秋楽に東2枚目の慶天海を寄り倒して4勝目をあげ、勝ち越しが決定。場所後に3度目の十両昇進が決定した。西十両14枚目の3月場所は序盤から一進一退が続き、12日目を終えた時点で6勝6敗の五分だったが、終盤3日間で3連敗を喫して負け越し、1場所で幕下に降下した。

翌5月場所からは2場所連続で4勝3敗の勝ち越しを続け、9月場所で4度目の十両昇進。しかし西十両14枚目で迎えた9月場所は髄膜炎に苦しみ、3勝7敗から3連勝して粘ったが、結局6勝9敗で十両4場所目も初の勝ち越しはならなかった。

幕下に落ちた後は2場所連続で3勝4敗で負け越して西幕下9枚目まで番付を下げたが、2016年3月場所からは3場所連続で勝ち越しを続け、7月場所後に5度目の十両昇進が決定した。しかし9月場所も12日目からの4連敗で5勝10敗の負け越し。これにより勝ち越しなしの十両在位記録最多タイに並んでしまった。[7]十両1場所で幕下陥落を5回繰り返すのは史上初である[8]

西幕下2枚目で迎えた11月場所は1番相撲から3連敗したが3連勝して持ち直し、千秋楽に十両の朝赤龍を破り4勝3敗と勝ち越した。

2017年1月場所で6度目の十両昇進を果たしたが、この場所も初日から3連敗するなど負けが先行し、5勝10敗で勝ち越しはならず、幕下に陥落した。2月から宝富士や安美錦が通うジムで鍛え始めた。それまで行っていた自己流のウエートトレーニングとは違い「柔らかい筋肉になってきた。成果は出ている」と実感を語っていた[9]。5月場所は西幕下筆頭で4勝3敗となったが、十両から幕下に落ちる星の力士が少ないことと東幕下筆頭の阿炎が勝ち越したことなどから場所後の十両昇進はならなかった。続く7月場所は東幕下筆頭となり、勝ち越せば十両昇進は間違いない状況となっていたが、4勝3敗と勝ち越したことで、場所後の番付編成会議で9月場所での再十両昇進が決まった。7回目の十両昇進となったが、これは同時に再十両が決まった北磻磨らと並び、史上2位タイの記録である[10]。9月場所は初日から自身初の4連勝を記録し、6日目終了時は5勝1敗の成績だったが、7日目に肩を負傷、さらに11日目に左膝前十字靱帯を損傷し、12日目から途中休場した。翌11月場所は西幕下2枚目へ陥落したが、4勝3敗と勝ち越して、1場所での十両返り咲きを果たした。これにより、2018年1月場所では8度目の十両昇進になり、須磨ノ富士の持つ史上最多記録に並ぶこととなった[11]

取り口[ソースを編集]

基本的に左上手を取って振り回す相撲が持ち味であり[12]、時折廻しを取らず叩き込みに仕留める相撲も見せる。2014年5月場所終了時点で通算148勝中上手投げで86勝(白星の58%)、叩き込みで16勝(白星の10%)を記録している。[13]一方で腰高で受け身の取り口であるため突き押し力士に弱い部分があり、2011年頃までは立合いで体を起こされてそのまま土俵を割る場面も少なくなかった。2012年以降は肩越しの上手など外四つになる場面を控えて右四つになるまで辛抱する相撲が増えたことに加えて体重が増加したことでそうした弱点がある程度克服されている。新十両昇進会見では「立ち合いはまだ通用しないので、腰を割ってどっしりした相撲を取りたい」と課題を自己分析していた。[14]長い相撲になると不意に蹴返しを打って勝負を決めることがある。

足首の怪我が慢性化しているのも弱点であり、前述の取り口の短所と合わせて希善龍を苦しめている。2014年7月場所中日の解説では竹縄が「足首を痛めているならそれに対応する攻めの相撲をしないといけないのにわざわざ足首に負担をかけるような消極的な受けの相撲をやっている」とその弊害を厳しく指摘していた。

主な成績[ソースを編集]

2017年11月場所終了現在

通算成績[ソースを編集]

  • 通算成績:241勝209敗5休(58場所)

各段優勝[ソースを編集]

  • 幕下優勝:1回(2013年3月場所)
  • 序二段優勝:1回(2008年7月場所)

場所別成績[ソースを編集]

希善龍 貴司
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2008年
(平成20年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #17
6–1 
西 序二段 #62
優勝
7–0
西 三段目 #62
7–0 
西 幕下 #37
4–3 
2009年
(平成21年)
西 幕下 #31
3–4 
西 幕下 #41
6–1 
東 幕下 #17
3–4 
東 幕下 #23
1–4–2 
西 幕下 #49
5–2 
東 幕下 #35
4–3 
2010年
(平成22年)
西 幕下 #29
4–3 
東 幕下 #24
3–4 
西 幕下 #29
3–4 
西 幕下 #40
4–3 
西 幕下 #30
5–2 
西 幕下 #16
2–5 
2011年
(平成23年)
東 幕下 #29
2–5 
八百長問題
により中止
東 幕下 #45
4–3 
東 幕下 #27
4–3 
西 幕下 #20
2–5 
西 幕下 #32
4–3 
2012年
(平成24年)
東 幕下 #27
4–3 
西 幕下 #21
5–2 
西 幕下 #13
5–2 
東 幕下 #9
3–4 
東 幕下 #14
4–3 
東 幕下 #10
4–3 
2013年
(平成25年)
東 幕下 #8
4–3 
東 幕下 #7
優勝
7–0
東 十両 #11
6–9 
東 幕下 #2
3–4 
西 幕下 #7
3–4 
西 幕下 #11
4–3 
2014年
(平成26年)
西 幕下 #8
4–3 
西 幕下 #5
4–3 
東 幕下 #4
5–2 
東 十両 #14
4–11 
西 幕下 #7
6–1 
東 幕下 #1
3–4 
2015年
(平成27年)
東 幕下 #4
4–3 
西 十両 #14
6–9 
西 幕下 #4
4–3 
西 幕下 #3
4–3 
西 十両 #14
6–9 
東 幕下 #2
3–4 
2016年
(平成28年)
東 幕下 #5
3–4 
西 幕下 #9
4–3 
西 幕下 #6
5–2 
東 幕下 #1
5–2 
西 十両 #11
5–10 
西 幕下 #2
4–3 
2017年
(平成29年)
西 十両 #14
5–10 
西 幕下 #2
4–3 
西 幕下 #1
4–3 
東 幕下 #1
4–3 
西 十両 #14
6–6–3[15] 
西 幕下 #2
4–3 
2018年
(平成30年)
西 十両 #14
 
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[ソースを編集]

  • 亀井 貴司(かめい たかし)2008年3月場所 - 2013年3月場所
  • 希善龍 貴司(きぜんりゅう -)2013年5月場所 -

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『相撲』2016年9月号67ページ
  2. ^ 亀井(日大)が木瀬部屋に-県勢初の大学出身力士 四国新聞 2013年3月23日閲覧
  3. ^ 亀井と同じ相撲クラブの出身であり、小学校時代まで善通寺市に隣接した丸亀市で過ごしていた。
  4. ^ 【春場所】亀井、幕下全勝V!新十両への昇進確実 スポーツ報知 2013年3月23日閲覧
  5. ^ 入門から5年、新十両の希善龍、昇進に白い歯 MSN産経ニュース 2013年3月27日閲覧
  6. ^ 希善龍(善通寺出身)再十両に/大相撲名古屋場所 四国新聞社 2014/05/29 09:28
  7. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年11月号77ページ
  8. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年12月号31ページ
  9. ^ 希善龍勝ち越し 十両復帰に望み 大相撲夏場所 四国新聞社 2017/05/27 09:46
  10. ^ “矢後、大成道が新十両昇進 秋場所の番付編成会議”. 産経ニュース. (2017年7月26日). http://www.sankei.com/sports/news/170726/spo1707260019-n1.html 2017年7月26日閲覧。 
  11. ^ “新十両に水戸龍、天空海=大相撲”. 時事ドットコム. (2017年11月29日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112900500 2017年11月29日閲覧。 
  12. ^ 新十両希善龍“黄金の左”で振り回す! nikkansports.com 2013年3月27日19時44分
  13. ^ 希善龍・大翔前(善通寺市出身力士情報)
    善通寺市 2014年7月13日更新 (参考)
  14. ^ 希善龍「腰を割ってどっしりした相撲を」 nikkansports.com 2013年3月27日12時55分
  15. ^ 左膝前十字靱帯損傷のため12日目から途中休場

関連項目[ソースを編集]

  • 大相撲力士一覧
  • 琴勇輝一巖 琴勇輝が小学校卒業まで過ごした丸亀市は希善龍の出身地である善通寺市と隣接する。同じ相撲クラブ出身であり、6学年下だが初土俵の同期。

外部リンク[ソースを編集]