湊川部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

湊川部屋(みなとがわべや)は、かつて存在した相撲部屋

沿革[編集]

雷部屋の幕内由良ノ海楫五郎二枚鑑札で部屋経営をはじめた。嘉永5年(1852年)10月に師匠が亡くなると幕下藤ノ戸亀吉が継ぎ、文久3年(1863年)7月に死去すると、十両茂り山が二枚鑑札で継承し四股名も湊川四良兵衞と改めた。幕内鬼ヶ崎綱之助らを育てるが、明治11年(1890年)2月に死去し部屋は閉じられ、所属力士は八角部屋に移籍した。その中に後の幕内小天竜与三郎がいた。

大正初年に関脇綾浪源逸が部屋を興し、綾錦由之丞楢錦政吉などの個性派力士を輩出したが、昭和2年(1927年)10月に親方が亡くなると、綾錦と楢錦が相続を争い、結局楢錦は廃業に追い込まれた(この間力士たちは追手風部屋振分部屋に預けられていた)。綾錦の親方も、幕内中堅どころで若手いじめの登竜門として〈追いはぎ〉の異名をとった金湊仁三郎などのくせのある力士を育て、中堅部屋として存在感を出していた。

しかし、そのあとが続かず、昭和23年(1948年)5月かぎりで部屋は閉鎖、親方たちは二所ノ関一門に身を寄せた。その縁で二所ノ関部屋の幕内十勝岩豊が株を継承し、昭和28年(1953年)5月に再び部屋を興し、幕内大龍志郎を育てたが、部屋別総当たり制の導入を前に、昭和40年(1965年)1月かぎりで部屋を閉じ、二所ノ関にもどった。