押尾川部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

押尾川部屋(おしおがわべや)は、かつて日本相撲協会に所属していた二所ノ関一門相撲部屋

沿革[編集]

1975年(昭和50年)3月28日、二所ノ関部屋の師匠・8代二所ノ関(元大関佐賀ノ花)が急性白血病で急逝した。このとき、1974年(昭和49年)11月場所限りで引退した同部屋所属の元大関・大麒麟は、年寄押尾川を襲名して部屋付き親方として後進の指導にあたっていたが、部屋の後継に名乗りを上げた。しかし、先代のお通夜の晩に後継に名乗りを上げた大鵬(48代横綱・一代年寄)、部屋の関脇金剛に部屋を継がせたかった先代未亡人との話し合いは決着がつかず後継者争いは長期化し、暫定的に二所ノ関一門の最長老であった湊川(元前頭筆頭・十勝岩)が9代二所ノ関を引き継いだ。

そして1975年(昭和50年)9月場所前、金剛が8代二所ノ関の次女と婚約を発表し娘婿になることで後継者争いに事実上の決着を勝ち取った。これに不満をもった押尾川は、同年9月3日に自分を慕う16名の力士を連れて谷中瑞輪寺に立てこもり、二所ノ関部屋からの分家独立を申し出た。しかし独立は紛糾し、花籠(元前頭3枚目・大ノ海)の調停により、最終的に1975年(昭和50年)9月場所後、16名中6名(関脇・青葉城ほか)だけを連れて行くことで押尾川部屋の分家独立が承認された。このときに移籍が認められなかった幕内・天龍はそれを不服として、1年後の1976年(昭和51年)9月場所を最後に26歳の若さで廃業して全日本プロレスに入門した。

押尾川は独立時の紛糾をバネに青葉城、益荒雄の2人の関脇をはじめ、一代で9人の幕内力士を育て上げたが、直弟子の出世頭であった益荒雄改め阿武松が分家独立を求めて破門同然の形で部屋を去り、その他の幕内力士も相次いで廃業・引退したため、結局2005年(平成17年)3月31日をもって部屋を閉じ、所属力士8名のうち序二段の2名は引退、若兎馬若麒麟をはじめとする残留力士6名及び押尾川・不知火床山尾車部屋へ、呼出大嶽部屋へ、いずれも2005年4月1日付で移籍した。

2018年5月場所現在、旧・押尾川部屋に所属した経験を持つ現役力士は三段目飛燕力のみである。また、押尾川の名跡は若兎馬が取得し襲名したが2010年8月に退職。その後尾車部屋の豪風旭が取得して2019年1月に引退して襲名をしている。

最終所在地[編集]

師匠[編集]

  • 17代:押尾川將能(おしおがわ たかよし、大関・大麒麟、佐賀)

力士[編集]

幕内[編集]

関脇
平幕

十両[編集]

機関誌[編集]

  • 押尾川部屋(江東区木場)後援会機関紙―創刊号(昭和53年8月28日)から最終号(第74号/平成16年12月23日発行)
  • 後援会機関誌 押尾川部屋新聞 〈縮刷版〉グレイン・エス・ピー; 初版 (2010/11/7)