二子山部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二子山部屋(ふたごやまべや)は、かつて日本相撲協会に所属していた相撲部屋

8代二子山時代[編集]

沿革[編集]

1921年(大正10年)5月場所限りで引退した友綱部屋(前頭筆頭・海山)所属の元前頭筆頭・土州山役太郎が年寄・二子山を襲名して、友綱部屋より分家独立して二子山部屋を創設した。中立部屋(大関・伊勢ノ濱)が中立親方の死去で部屋が閉鎖された時には、後の幕内・灘ノ花銚子灘らを一時預かり(彼らはその後出羽海部屋に移籍)、幕内・土州山好一郎らを育てたが、1947年(昭和22年)限りで二子山部屋を閉じた。なお、こうした関係のため、同系統とみなされて、二子山部屋の力士と二所ノ関部屋の力士との対戦はなかった。

弟子の土州山好一郎は高知県出身ということで同郷の横綱・玉錦の露払いなどを務め、引退後は年寄・大嶽を襲名したが部屋は興さなかった。

師匠[編集]

  • 8代:二子山役太郎(ふたごやま やくたろう、前頭1・土州山、高知)

力士[編集]

幕内[編集]

前頭

10代・11代二子山時代[編集]

沿革[編集]

1962年(昭和37年)5月場所直前に現役を引退し、年寄・10代二子山を襲名した花籠部屋所属の第45代横綱初代若乃花が、8人の内弟子を連れて同年9月2日に創設した。10代は横綱2代若乃花隆の里、大関初代貴ノ花若嶋津をはじめとして多くの関取を育て上げた他、日本相撲協会の第7代理事長を務めて、1993年(平成5年)3月15日に停年(定年)退職した。

10代の停年退職を目前に控えた同年2月1日付で、引退後は独立して藤島部屋の師匠となっていた10代の実弟の元大関・初代貴ノ花が11代二子山を襲名。二子山部屋と藤島部屋が合併して新・二子山部屋が誕生した。この時に二子山部屋は幕内10名を含んだ力士50名を抱える大所帯となった。11代は、3代若乃花2代貴乃花、の2人の実子を横綱まで育てた他、大関貴ノ浪など多くの関取を育て上げたが、2004年(平成16年)2月1日付で二男の2代貴乃花こと一代年寄・貴乃花が部屋を継承し、部屋の名称も貴乃花部屋に変わった。11代は貴乃花部屋の部屋付き年寄となったが、2005年(平成17年)5月30日に死去した。

師匠[編集]

  • 10代:二子山勝治(ふたごやま かつじ、第45代横綱・初代若乃花、青森)
  • 11代:二子山満(ふたごやま みつる、大関・貴ノ花、青森)

力士[編集]

横綱・大関[編集]

横綱
大関

幕内[編集]

関脇
小結
前頭
  • 飛騨乃花成栄(前1・岐阜)10代弟子
  • 豊ノ海真二(前1・福岡)10代・11代弟子 ※藤島部屋独立に同行→藤島部屋から再移籍
  • 大旺吉伸(前4・富山)10代弟子
  • 魁罡功(二子竜功)(前5・青森)10代弟子 ※花籠部屋から移籍
  • 大觥吉男(前8・青森)10代弟子

十両[編集]