綾瀬川三左エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

綾瀬川 三左エ門(あやせがわ さんざえもん、1849年嘉永2年)または1850年(嘉永3年) - 1887年明治20年)8月29日)は、雷部屋に所属した元力士大坂相撲時代には枝川部屋、東京へ移行してからは梅ヶ谷部屋にも所属していた[1]。本名は北井(後に宮下に改姓)三右衛門[1]大阪府大阪市(旧摂津国西成郡)出身。身長は不明、体重は95kg。小兵力士だった。最高位は東前頭5枚目。

人物[編集]

最初は大坂相撲に所属。1885年1月、東上して東前頭9枚目格番付外でデビューした[1]。この場所3勝2敗2休3分の好成績を挙げ、幕内に定着した。その後、2年余り相撲を取っていたが、1887年5月場所終了後の8月29日に急死した(死因及び死没場所は不明)[2]。没年齢は36歳〜38歳。

幕内6場所、17勝19敗7分1預16休の成績を残した[1]

改名歴は3回ある:真力→亀鶴山→綾瀬川 三左エ門

出典[編集]

  1. ^ a b c d http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3482&l=j
  2. ^ 古今大相撲事典(ISBN-13: 978-4336018786)

関連項目[編集]