綾瀬川山左エ門 (1876年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

綾瀬川山左エ門(あやせがわさんざえもん、1876年10月4日-1943年5月23日[1])は、山形県西村山郡河北町出身の力士。主に大阪相撲で取った。最高位関脇藤島部屋朝日山部屋尾車部屋に所属。本名は田宮與惣吉(与惣二とも)。176cm、101kg。

来歴[編集]

1900年5月初土俵、恵まれた体格から有望視されたが、素行が悪く脱走し大阪相撲に加入した。1905年1月場所で新入幕。翌6月場所4日目には、前の場所まで3場所連続土付かずを続けていた大関大木戸の28連勝(1分1預)をとめる銀星をあげた。大木戸にはこの直後から19連勝(2分)があり、5場所連続での土付かずと47連勝を逃す黒星だったことになる。1906年5月場所、大木戸に負けただけの8勝1敗1休で優勝同点にあたる成績をあげ、翌場所で関脇に昇進。その後も三役から幕内上位の力を保った。

その後1910年6月場所で幕内5枚目格付出で東京相撲に帰参。だが、1勝も出来ずに途中休場。師匠から破門を言い渡された。その後は大道芸人になりインドに洋行したことがある。

主な成績[編集]

  • 東京相撲 幕内通算1場所 0勝7敗3休

改名[編集]

藤ノ谷→荒嶋→綾瀬川 [2]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19100603.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709