名寄岩静男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
名寄岩 静男 Sumo pictogram.svg
Nayoroiwa Scan10006.JPG
名寄岩のミニブロマイド
基礎情報
四股名 名寄岩 静男
本名 岩壁 静雄
愛称 立浪三羽烏・病気のデパート・怒り金時[2]
生年月日 1914年9月27日[1]
没年月日 (1971-01-26) 1971年1月26日(56歳没)
出身 北海道上川郡(現:北海道名寄市
出生地は北海道高島郡(現:北海道小樽市[3]
身長 173cm
体重 128kg
BMI 42.77
所属部屋 立浪部屋
得意技 左四つ、吊り、掬い投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西大関
生涯戦歴 337勝297敗33休(54場所)
幕内戦歴 292勝279敗33休(44場所)
優勝 幕下優勝1回
三段目優勝1回
敢闘賞2回
データ
初土俵 1932年5月場所[1]
入幕 1937年1月場所[1]
引退 1954年9月場所[1]
備考
金星2個(武藏山1個、千代の山1個)
2013年7月21日現在

名寄岩 静男(なよろいわ しずお、1914年9月27日 - 1971年1月26日)は、北海道名寄市出身(出生地は北海道小樽市)の元大相撲力士。本名は岩壁 静雄(いわかべ しずお)[1][2]

来歴[編集]

鍼灸師から角界入り[編集]

1914年9月27日に家伝のを用いた治療業を営む家に生まれる。両親と同じ鍼灸師を目指すべく、1931年の春に上京して東京・両国の東京鍼灸医学校へ進学し、1932年に鍼灸師の免許を取得して帰郷しようとしていたところ、体格の良い岩壁を見つけた立浪から強引にスカウトされた。最初はせっかく鍼灸師の免許を取得したために断ったが、弟子勧誘に対する執念に定評があった立浪が岩壁の父親へ向けて手紙を書いて送ったところ、許可されたことで立浪部屋へ入門した[3]

1932年5月場所において初土俵を踏むと、部屋の一年後輩で、各段優勝を果たしてスピード出世で追いかけてくる羽黒山政司をライバル視していた。新入幕1937年1月場所)までは全て名寄岩が先を越していたが、大関昇進争いでついに羽黒山に先を越された。逆に言えば、何人もの部屋や角界の先輩をごぼう抜きにしてきた羽黒山には、三役昇進まで先を譲らなかったことになる。大横綱の双葉山よりも5年初土俵が遅く、各段優勝して破竹の勢いで番付を駆け上がった羽黒山よりも1年早いという微妙な立場が名寄岩を稽古の虫に仕立て上げることになった[3]

1938年1月場所は2日目に男女ノ川に一蹴されたが、7日目には武蔵山を得意の左四つから、右上手を引いて軽々と吊り上げ運び出した。右肘を怪我して以降も二枚腰と評される強靭な足腰を誇っていた武蔵山が吊り出されたのは現役中この1番のみである[2]

1939年1月場所7日目、この場所4日目に双葉山の連勝を69で止めた安藝ノ海に対していつも以上に闘志を剥き出しにして勝ち、仇を取っている[3]

病との戦い[編集]

立浪部屋に双葉山定次羽黒山政司の横綱・大関が存在していたため、名寄岩は関脇で10勝を挙げながら据え置かれた不運もあった[4]。が、1942年5月場所で11勝を挙げ、場所後に照國萬藏安藝ノ海節男が揃って横綱へ昇進したことで、大関前田山英五郎ただ一人になることから、1943年1月場所で念願の大関昇進を果たした[4]

新大関の場所こそ9勝6敗と勝ち越すが、その後は連続で負け越すなど不振で、大関在位僅か3場所で1944年5月場所では関脇に陥落した。その関脇でも一度だけ負け越したが(1945年6月場所で3勝4敗)、当時の日本は第二次世界大戦の真っ只中で混乱期に陥っていたことから番付面で幸いにも小結に陥落することが無かった。1946年11月場所で大関復帰を果たすが、糖尿病胃潰瘍腎臓疾患関節炎・神経病などの様々な病気を患い[3]、「病気のデパート」との愛称まで付くほど[4]で、9勝4敗と勝ち越したものの全盛期の活躍は見られなくなった。1947年6月場所ではついに初の幕内全休となり、同年11月場所では11戦全敗で再び関脇へ陥落した[5]

現役引退~晩年[編集]

二回目の大関陥落後も様々な病気・怪我が減る気配は一向に無く、幕内も前頭下位にまで落ちていたが、名寄岩は懸命に土俵を務めていた。1950年5月場所では西前頭14枚目の地位で土俵に上がり、9勝6敗の成績で2度目の敢闘賞を受賞[3]し、「涙の敢闘賞」として映画にもなった[4]1952年9月場所では千代の山雅信から金星を奪うなど健在ぶりを発揮し、再び敢闘賞を受賞した。1954年5月場所千秋楽には、全力士の鑑として日本相撲協会から特別表彰を受けた。同年9月場所を最後に現役を引退したが、若い頃からのライバルだった羽黒山政司より1年遅い引退となった。最後の土俵となった1954年9月場所千秋楽には40歳と6日で、これはちょうど60年後の2014年9月場所7日目に旭天鵬に更新されるまで、戦後の最高齢幕内出場記録だった[6]

現役引退後は年寄・春日山を襲名して春日山部屋を経営し、前頭・大昇充宏を育成したが、大昇は預かり弟子で直弟子からは白法山旺三が関取昇進を果たしたが、それを見届けるように1971年1月26日に肝臓がんで死去、56歳没[3]

名寄岩の死去から10年が経過した1981年、故郷の名寄市に名寄岩の銅像が建てられた。また、2006年には孫(長女の子)が「片桐」の四股名で松ヶ根部屋へ入門して祖父(名寄岩)に続く関取昇進を目指したが、幕下昇進を間近にしながら網膜剥離ドクターストップとなり、2010年11月場所を最後に現役を引退している。

人物[編集]

双葉山の土俵入り。太刀持ち・名寄岩、露払い・羽黒山

左を差し相手の左を引っ張り込んでから極め出すか、吊り出すか、掬い投げる一本調子の取り口で、相手の上手が取れなければ相手の肉を掴んでまでも吊り上げる強引なものだった。また、立合いで相手力士にじらされると顔を真っ赤にして怒り出すほどの直情な人柄から「怒り金時」と呼ばれた。

大関から二度の陥落を経験しているが、金星・三賞(敢闘賞)を受賞した上に関脇まで返り咲き、40歳まで現役で土俵に上がるなど劇的な土俵人生を送った。この件から「涙の敢斗賞」として舞台や映画になり、戦後の日本を沸かせた[3]

天真爛漫・純情で一途な性格で、双葉山定次を終生敬愛してやまなかったという。

エピソード[編集]

  • 性格のためか妥協を許さないことで師匠・立浪から叱られたり兄弟子から反感を買ったことがある。特に同部屋の羽黒山との不仲は異様な域に達しており、互いに入門から死去まで一切口を聞かなかったとされている[4]。本名の「岩壁」が本人の頑固さを喩える単語のように見られることもあった[3]
    • ある日行われた花相撲で、本場所とは異なり優勝争いなどに全く関与しない取組にも関わらず、双葉山に勝利したことで師匠・立浪から厳しく叱られた。
    • 四股名の「名寄岩」は、師匠の現役時代の一字を取った「緑川」を用意した師匠に対して「そんな弱そうな名前は嫌だ」と言って押し通したものである[3]。しかし、時期が入門直後かつ、言い争いで師匠を負かしたことで兄弟子から悪く思われ、いじめられたと伝わる。それでも早い出世でいじめを封じるだけの地位と実力をものにした[4]
    • 春日山親方時代はしばしば高血圧で倒れそうになるほど熱を入れて指導していた。黒姫山は「『他の誰にも指導させない、自分が教えるんだ』という雰囲気が伝わってくる」と当時を後に振り返っており、そんな名寄岩を羽黒山からは「この野郎、うるさいんだよ!」と怒鳴ったという[7]。ただこの話が本当なら、羽黒山と名寄岩は生涯に渡って一度も口を聞かなかったと言いつつも、どちらかがもう一方に対して一方的に怒鳴りかけること程度はあったということにはなる。
  • 1936年の雪が降った寒い暮れのある日、部屋の門限である22時に遅れてしまい、いつも鍵を開ける女中が帰ってしまっていたため、寒さ凌ぎに四股を踏みながら門前で徹夜していた。翌朝、部屋の若い衆が玄関を開けた時、名寄岩は雪達磨と化して直立不動の状態だった[3]
  • 涙の敢闘賞の受賞を確定した時、日本人ハリウッドスター早川雪洲花道を引き上げる名寄岩へゆで卵を20個手渡したという。

主な成績[編集]

  • 通算成績:337勝297敗33休 勝率.532
  • 幕内成績:292勝279敗33休 勝率.511
  • 大関成績:26勝31敗22休 勝率.456
  • 通算在位:54場所
  • 幕内在位:44場所
  • 大関在位:6場所
  • 三役在位:16場所(小結1場所、関脇15場所)
  • 三賞:2回
    • 敢闘賞:2回(1950年5月場所、1952年9月場所)
  • 金星:2個(武藏山1個、千代の山1個)
  • 各段優勝
    • 幕下優勝:1回(1936年1月場所)
    • 三段目優勝:1回(1935年1月場所)

場所別成績[編集]

名寄岩静男
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1932年
(昭和7年)
x x x (前相撲)
1933年
(昭和8年)
東序ノ口14枚目
5–1 
x 西序二段16枚目
3–3 
x
1934年
(昭和9年)
西序二段12枚目
2–4 
x 西序二段18枚目
5–1 
x
1935年
(昭和10年)
西三段目17枚目
優勝
6–0
x 西幕下13枚目
6–5 
x
1936年
(昭和11年)
東幕下7枚目
優勝
9–2
x 東十両6枚目
9–2 
x
1937年
(昭和12年)
西前頭14枚目
6–5 
x 東前頭10枚目
8–5 
x
1938年
(昭和13年)
西前頭2枚目
8–5
x 西関脇
9–4 
x
1939年
(昭和14年)
東関脇
7–6 
x 西関脇
10–5 
x
1940年
(昭和15年)
東関脇
9–6 
x 東関脇
7–8 
x
1941年
(昭和16年)
西小結
11–4 
x 西張出関脇
10–5 
x
1942年
(昭和17年)
東張出関脇
10–5 
x 東張出関脇
11–4 
x
1943年
(昭和18年)
西張出大関
9–6 
x 東張出大関
7–8 
x
1944年
(昭和19年)
西張出大関
1–2–12[8] 
x 東張出関脇
7–3 
東関脇
7–3 
1945年
(昭和20年)
x x 西関脇
3–4 
西関脇
6–4 
1946年
(昭和21年)
x x x 西大関
9–4 
1947年
(昭和22年)
x x 東張出大関
0–0–10[9] 
東張出大関
0–11 
1948年
(昭和23年)
x x 東関脇2
0–0–11[10] 
東前頭5枚目
4–7 
1949年
(昭和24年)
西前頭8枚目
5–8 
x 東前頭10枚目
5–10 
東前頭13枚目
8–7 
1950年
(昭和25年)
西前頭9枚目
3–12 
x 西前頭14枚目
9–6
西前頭9枚目
11–4 
1951年
(昭和26年)
西前頭2枚目
7–8 
x 東前頭4枚目
6–9 
東前頭5枚目
8–7 
1952年
(昭和27年)
東前頭2枚目
7–8 
x 西前頭3枚目
7–8 
西前頭3枚目
9–6
1953年
(昭和28年)
西関脇
10–5 
西関脇
4–11 
西前頭3枚目
7–8 
西前頭3枚目
4–11 
1954年
(昭和29年)
東前頭7枚目
3–12 
西前頭14枚目
9–6 
西前頭8枚目
7–8 
東前頭9枚目
引退
4–11–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

主演映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p23
  2. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p42
  3. ^ a b c d e f g h i j k ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p21
  4. ^ a b c d e f 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)23ページから24ページ
  5. ^ 大関在位中に、皆勤での全敗を記録したのは、2017年現在でも名寄岩ただ一人という不名誉な記録である。
  6. ^ 大相撲秋場所:白鵬、鶴竜ともに無傷の7連勝 - 毎日新聞
  7. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p50
  8. ^ 右足関節捻挫により3日目から途中休場
  9. ^ 左肩関節炎・神経痛により全休
  10. ^ 胃潰瘍・腎臓病・糖尿病により全休
  11. ^ 名寄岩 涙の敢斗賞 映画Com
  12. ^ “元大関・名寄岩が生誕100年 郷土の誇り、主演映画を上映”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年9月29日). オリジナル2014年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141011222830/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki4/565620.html 

関連項目[編集]