山科 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山科(やましな)は日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・山科が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。

山科の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 山科十五郎 --- ---
2代 三田ノ森斧吉 --- ---
3代 稲荷山長兵衛 --- ---
4代 稲荷山徳藏 --- ---
5代 絹ヶ濱善太夫 --- 山科-待乳山部屋
6代 ? --- ---
7代 達ヶ関森右衛門 前7 秀ノ山部屋 1886年5月-1909年3月(死去)
8代 柏山吾郎 前7 伊勢ノ海部屋 1913年1月-1933年1月(死去)
9代 大邱山高祥 関脇 出羽海部屋 1937年1月-1947年11月 二枚鑑札、13代間垣に名跡変更
10代 大平山圭四郎 十4 春日野部屋 1947年11月-1975年12月(停年(定年)退職)
11代 三重ノ海剛司 横綱 出羽海部屋 1980年11月-1980年11月 14代武蔵川に名跡変更
12代 吉の谷彰俊 前4 出羽海部屋 1982年5月-1988年1月 借株、18代千賀ノ浦に名跡変更
13代 大錦一徹 小結 出羽海部屋 1988年1月-

関連項目[編集]