陸奥 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陸奥(みちのく)は、日本相撲協会年寄名跡のひとつである。明治時代に創設された比較的新しい名跡で、その名は陸奥国(東北地方の一部)に由来する。

陸奥の代々[編集]

代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 深川次良吉 十12 --- 1870年11月-1892年8月(死去)
2代 器機船源吾 十12 --- 1894年1月-1907年12月(死去)
3代 西郷市之助 十1 伊勢ノ海部屋 1909年1月-1936年5月(廃業)
4代 大潮清治郎 関脇 陸奥部屋 1937年1月-1965年8月(停年(定年。以下同)退職) 二枚鑑札
5代 星甲良夫 前4 井筒部屋-双葉山道場/時津風部屋-井筒部屋 1965年11月-1972年4月 11代井筒に名跡変更
6代 大雄辰實 前1 井筒部屋 1972年9月-1973年3月 9代甲山に名跡変更
7代 星甲良夫 前4 井筒部屋-双葉山道場/時津風部屋-井筒部屋 1974年7月-1991年2月(停年退職) 5代目の再襲名
8代 星岩涛祐二 前14 井筒部屋/陸奥部屋 1991年2月-1997年12月(退職)
9代 霧島一博 大関 君ヶ濱部屋/井筒部屋 1997年12月-

関連項目[編集]