福ノ里邦男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福ノ里 邦男(ふくのさと くにお、1961年6月4日 - )は岩手県九戸郡軽米町出身の元大相撲力士。現役時代は立田川部屋所属であった。本名は福田 邦男(ふくだ くにお)。身長180cm、体重107kg。得意手は上手投げ、寄り。最高位は東十両13枚目(1989年9月場所)。現在は陸奥部屋所属の若者頭

人物[編集]

中学から高校まで野球部に所属していたが、上級生との不仲もあり2年の途中で退部した。直後に、二十山親方(元関脇・青ノ里)を紹介され、高校を中退し立田川部屋に入門。1978年7月場所に初土俵を踏み、翌9月場所に序ノ口優勝を果たす。以降、順調に番付を上げて行ったが、小兵だったため、幕下で長く苦労した。得意の右廻しを取ってからの寄りを磨き、小兵に対する強さ[1]も相俟って1988年9月場所から6場所連続して勝ち越しを続け、1989年9月場所に十両に昇進した。しかし、十両では本来の相撲は取れず5勝10敗の成績に終わり、1場所で幕下に陥落した。幕下に陥落してからも常に幕下上位に留まり、善戦していた。1993年7月場所は東幕下3枚目で2勝5敗の成績であったが、若者頭に欠員が出来たため転身を打診され、同場所直後に現役を引退。若者頭に就任した。

戦績[編集]

  • 生涯成績:333勝294敗7休(96場所)
  • 十両成績:5勝10敗(1場所)

各段優勝[編集]

  • 三段目優勝:1回(1983年1月場所)
  • 序ノ口優勝:1回(1978年9月場所)

改名歴[編集]

  • 福田 邦男(ふくだ くにお)1978年7月場所-1980年9月場所
  • 福ノ里 邦男(ふくのさと-)1980年11月場所-1991年11月場所
  • 之里 邦男(ふくのさと-)1992年1月場所-1993年7月場所

は示す偏(礻)の分部が「示」である旧字体) [2] [3]

出典 [編集]

  1. ^ NHK大相撲中継2014年9月場所3日目 本人の発言より
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709
  3. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=1373&l=j

関連項目[編集]