天津風征夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天津風 征夫 Sumo pictogram.svg
Amatsukaze Masao1.jpg
天津風征夫
基礎情報
四股名 宮永 武藏 → 天津風 武藏 → 天津風 征夫
本名 宮永 征夫
生年月日 1937年12月1日
没年月日 (2013-04-30) 2013年4月30日(満75歳没)
出身 石川県鳳至郡門前町(現・同県輪島市
身長 179cm
体重 124kg
BMI 38.70
所属部屋 時津風部屋
得意技 右四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭3枚目
生涯戦歴 381勝368敗33休(68場所)
幕内戦歴 96勝133敗11休(16場所)
優勝 十両優勝2回
データ
初土俵 1955年5月場所
入幕 1962年1月場所
引退 1967年5月場所
引退後 金沢市内で相撲料理店を経営→会社員
備考
2013年9月12日現在

天津風 征夫(あまつかぜ まさお、本名:宮永 征夫(みやなが ゆきお)、1937年12月1日-2013年4月30日)は、石川県鳳至郡門前町(現・同県輪島市)出身で、時津風部屋に所属した大相撲力士。最高位は西前頭3枚目(1962年9月場所)。得意手は右四つ、寄り。現役時代の体格は179cm、124kg。

来歴・人物[編集]

輪島高校定時制課程門前分校(現・門前高校)では、相撲部に所属し、2年生の時には県大会で個人優勝という実績を残した。この年(1954年)には、国民体育大会全国高等学校総合体育大会相撲競技大会にも出場している。

1955年時津風部屋の関係者からの勧誘を受けた。間も無く、高校を中退して同部屋へ入門し、同年5月場所で初土俵を踏んだ。

なお、当初の四股名は、本名と同じ「宮永」である。

暫くは幕下でやや停滞していたが、1961年5月場所で十両に昇進。

十両は4場所で突破し、1962年1月場所にて、24歳で新入幕を果たした。この場所より本名の「宮永」から、「天津風」へと改名。

しかし同場所では5勝10敗と大敗して、十両に陥落した。

翌3月場所では11勝4敗と大勝ちして十両優勝を遂げ、1場所で幕内に復帰。9月場所では、自己最高位となる西前頭3枚目に進出したが、2勝13敗と大敗を喫している。

1963年1月場所では前頭4枚目の地位で6勝9敗と負け越したが、8日目に大関佐田の山を寄り切って、大関戦初勝利を挙げている。翌3月場所では前場所と同じく6勝9敗と負け越したものの、3日目に佐田の山と再度対戦し、下手投げで連勝した。1964年5月場所中、右足首を捻挫して途中休場し、翌場所では十両に落ちた。

十両陥落後は3度に亘って2桁黒星を喫するなど暫くは振るわなかったが、徐々に調子を取り戻し、1965年11月場所で幕内に返り咲いた。しかし、2場所後に再び十両に陥落し、その後は2度と幕内に復帰できなかった。

1967年3月場所では西十両13枚目で7勝8敗の星を残したが、「番付削減」の煽りを受けて翌5月場所、幕下に陥落させられてしまった[1]

この5月場所では東幕下5枚目に在って中日を終えて1勝3敗と振るわず、途中休場し、場所後に引退を表明した。

右を差して鋭い出足を武器に寄って出る取り口を得意としており、稽古場では強かった。だが、本場所では気の弱さから実力を十分に発揮できず、また三賞を一度も受賞できなかった。

引退後は日本相撲協会に残らず、1967年9月より石川県金沢市片町で相撲料理店「天津風」を営んだ後、千葉県に移り住みヤクルト本社にサラリーマンとして勤務した。

だが、現役時代からの持病であった糖尿病の悪化で両足切断を余儀なくされ、帰郷。晩年は、羽咋郡志賀町内の介護施設で生活していた。

非常に暢気な性格で、次のようなエピソードがある。幕下時代のある日、信州方面へ行く汽車のデッキに腰掛けて足を汽車の外側に出していた。汽車が大月駅のホームに入ってもその儘にしていたため、膝をホームのコンクリートでこすってしまい、血だらけになった。その後、「危うく足を一本だめにするところだった」と苦笑していたという[2]

2013年4月30日午前9時30分頃、心筋梗塞のため石川県内で逝去した。享年75[3]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:381勝368敗33休 勝率.509
  • 幕内成績:96勝133敗11休 勝率.419
  • 現役在位:68場所
  • 幕内在位:16場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回 (1962年3月場所、1965年7月場所)

場所別成績[編集]

          

天津風 征夫
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1955年
(昭和30年)
x x (前相撲) x 東 序ノ口 #11
6–0–2 
x
1956年
(昭和31年)
東 序二段 #63
7–1 
東 序二段 #13
0–0–8 
東 序二段 #27
5–2–1 
x 東 三段目 #96
0–0–8 
x
1957年
(昭和32年)
東 序二段 #8
6–2 
東 三段目 #86
7–1 
西 三段目 #41
4–4 
x 東 三段目 #32
5–3 
西 三段目 #14
6–2 
1958年
(昭和33年)
西 幕下 #80
5–3 
東 幕下 #71
4–4 
東 幕下 #70
4–4 
東 幕下 #68
5–3 
東 幕下 #58
6–2 
西 幕下 #46
5–3 
1959年
(昭和34年)
西 幕下 #39
6–2 
西 幕下 #30
3–5 
東 幕下 #36
3–5 
西 幕下 #39
2–6 
東 幕下 #52
5–3 
西 幕下 #42
6–2 
1960年
(昭和35年)
東 幕下 #30
4–4 
東 幕下 #26
6–2 
東 幕下 #15
4–4 
東 幕下 #15
4–3 
東 幕下 #13
5–2 
東 幕下 #6
3–4 
1961年
(昭和36年)
東 幕下 #7
4–3 
東 幕下 #4
5–2 
東 十両 #18
10–5 
西 十両 #9
7–8 
東 十両 #10
12–3 
東 十両 #3
10–5 
1962年
(昭和37年)
東 前頭 #13
5–10 
東 十両 #1
優勝
11–4
東 前頭 #10
7–8 
東 前頭 #10
10–5 
西 前頭 #3
2–13 
西 前頭 #13
10–5 
1963年
(昭和38年)
東 前頭 #4
6–9 
西 前頭 #5
6–9 
東 前頭 #7
8–7 
東 前頭 #5
4–11 
東 前頭 #11
6–9 
西 前頭 #12
9–6 
1964年
(昭和39年)
東 前頭 #6
7–8 
西 前頭 #6
4–11 
西 前頭 #10
2–2–11[4] 
東 十両 #2
3–12 
西 十両 #11
7–8 
西 十両 #6
4–11 
1965年
(昭和40年)
西 十両 #12
8–7 
西 十両 #8
8–7 
東 十両 #5
2–13 
西 十両 #15
優勝
12–3
西 十両 #2
10–5 
東 前頭 #13
8–7 
1966年
(昭和41年)
西 前頭 #12
2–13 
東 十両 #4
8–7 
東 十両 #3
3–12 
西 十両 #12
8–7 
西 十両 #6
4–11 
東 十両 #16
8–7 
1967年
(昭和42年)
東 十両 #11
6–9 
西 十両 #13
7–8 
東 幕下 #5
引退
1–3–3
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 宮永 武藏(みやなが たけぞう)1955年9月場所-1961年11月場所
  • 天津風 武藏(あまつかぜ -)1962年1月場所-1965年5月場所
  • 天津風 征夫(- まさお)1965年7月場所-1967年5月場所

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時の十両の枚数は、東西ともに18枚ずつであった。そのため、今までなら13枚目に於いての1点負け越しという成績で、次の場所で幕下へ落とされる事はまずあり得なかった
  2. ^ 読売新聞「大相撲」臨時増刊『古今大相撲事典』
  3. ^ 相撲』(ベースボール・マガジン社)2013年9月号にて、訃報が伝えられた
  4. ^ 右足首関節捻挫により4日目から途中休場