北勝富士大輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北勝富士 大輝 Sumo pictogram.svg
Hokutofuji 2017.jpg
基礎情報
四股名 大輝 → 北勝富士
本名 中村 大輝
愛称 ダイキ[1]
生年月日 (1992-07-15) 1992年7月15日(24歳)
出身 埼玉県所沢市
身長 183cm
体重 158kg
BMI 47.18
所属部屋 八角部屋
得意技 押し
成績
現在の番付 西前頭2枚目
最高位 西前頭2枚目
生涯戦歴 96勝43敗(14場所)
幕内戦歴 35勝25敗(4場所)
優勝 十両優勝1回
三段目優勝1回
序二段優勝1回
データ
初土俵 2015年3月場所
入幕 2016年11月場所
趣味 YouTube閲覧[1]
備考
2017年6月26日現在

北勝富士 大輝(ほくとふじ だいき、1992年7月15日 - )は、埼玉県所沢市久米出身で、八角部屋所属の現役大相撲力士。本名は中村大輝(なかむら だいき)。身長183cm、体重158kg、血液型はA型[2]。得意技は押し。最高位は西前頭2枚目(2017年7月場所)。好物はステーキ、寿司。嫌いなものは梅干し、辛い物。[1]所沢市出身者初の幕内力士[3]

来歴[編集]

乳児期には9つ上の姉がミルクやおむつの世話をしばしば行っていたが目を離すとすぐにその場からいなくなる子であったため、外を歩くときは縄跳びの縄で縛って犬の散歩のようにして、どこかに行ってしまわないようにされた[4]。幼稚園児の頃、デパートで迷子になる度に自ら迷子係の所へ行き「お母さんが迷子になっているから、放送してください」と頼み、次第に両親も中村がいなくなっても心配せず放送を待つようになった[4]。幼少期よりサッカーや水泳など多くのスポーツに親しんでおり、おむつをつけているときからやっていたスキーの腕前は3歳の頃に上級者コースで滑るほどであった[4]。所沢市のわんぱく相撲で小学2年生、3年生のときに続けて同じ相手に負けて準優勝に終わったため、優勝トロフィーが欲しさに[4]所沢市立南小学校4年生から地元の相撲道場である入間少年相撲クラブに通った[5]。クラブに通ったばかりの頃は弱く、稽古でも同級生に勝てず大会でも1回戦で負けてばかりであったため、監督から「お前、見込みないからやめちゃえ」と言われたこともあり、本人はそう言われるたびに歯を食いしばって稽古した[4]。小学5年生の頃から急激に強くなり、埼玉県内では無敵になった。6年生のときにクラブが埼玉県の大会で初めて優勝して監督が喜んだのは中村にとって良い思い出である[4]所沢市立南陵中学校では柔道部に所属し、市大会で優勝の実績を持つが、相撲の大会と日程が重なったため県大会は欠場した[6]。相撲のほうは中学2年生で立川錬成館に移籍[7]。3年次に全国都道府県中学生相撲選手権大会で優勝している[8]が、うれしさのあまり気持ちが高ぶって過呼吸になったため団体戦は欠場した[4]埼玉栄高校に進学すると3年次に高校総体で優勝し、高校横綱のタイトルを獲得した[9]日本体育大学体育学部武道学科進学後は2年次に東日本学生相撲個人体重別選手権大会135キロ以上級に優勝[10]して個人初タイトルを獲得。同じ年には全国学生相撲選手権大会個人優勝し、大相撲幕下15枚目格付出資格を獲得した[11]。3年次には国体相撲競技成年男子の部で優勝し、タイトル獲得から1年間しか行使できない幕下15枚目格付出資格を再取得[12]。しかし、大学まで行かせてくれた両親のことや、当時履修中だった教職課程のことがあって中退はせず[13]、最終的に大学では個人タイトル13冠となったが[14]、4年次に幕下付出資格を得られる3大タイトルを1つも獲得できずに幕下付出の権利を失った[15]

大学卒業後は八角親方(第61代横綱・北勝海)の相撲に憧れて八角部屋に入門[16]。入門の動機として八角部屋のゼネラルマネージャーである長谷川秀一に誘われたという点も大きい。[1]2015年3月場所で初土俵を踏み、前相撲は2連勝で1番出世[17]。入門同期生には御嶽海宇良らがいる[18]。初めて序ノ口の番付に名前が載った5月場所は4日目に宇良に破れてプロ初黒星を喫したが、残りは全て勝って6勝1敗[19]。序二段で迎えた7月場所は、両目の結膜炎で稽古不足ながら、7戦全勝で宇良との優勝決定戦に進み、雪辱を果たして序二段優勝[20]。続く9月場所は三段目で7戦全勝優勝[21]。11月場所で幕下に昇進後も4場所連続で勝ち越し、負け越し知らずで2016年7月場所での新十両昇進が決定した[22]。7月場所の大相撲中継の新十両紹介コーナーでは「御嶽海関を超すのが目標」と話し、この場所は10勝5敗の勝ち越しに終わった。[23]十両2場所目の9月場所では初日黒星発進から最終的に12勝3敗の好成績を挙げて十両優勝を果たした。この好成績により11月場所では新入幕を果たし、同時に四股名を「北勝富士」に改めた[24][25]。前相撲から所要10場所での新入幕は年6場所制が定着した1958年以降に初土俵を踏んだ力士としては大砂嵐に並び2番目のスピード出世[26]。北勝富士は福岡市南区の八角部屋の宿舎で新入幕会見を行い「早く番付を駆け上がりたいという強い気持ちでやってきたのでうれしいです」と喜びを語った。さらに「名前を汚さないようさらに精進して頑張りたいです」と決意を語り、今後対戦したい力士として同学年で大学時代にしのぎを削った新小結・御嶽海と同じ高校の先輩の大関・豪栄道を挙げた。八角親方は「いい名前と言われるかどうかは自分の頑張りしだい。新入幕でどこまでやるか楽しみだね」と期待を寄せていた[27]。10月3日、所沢市役所を訪れ、藤本正人市長に優勝を報告した。北勝富士は「偉大な二人の名前をいただいたので、一層稽古に励みたい。どんどん前に出て、相手の嫌がる相撲をしたい」と力を込めた。市側から市観光大使への就任を要請された北勝富士は、これを快諾した一方、藤本市長に地元の後援会長就任を要請。藤本市長は「横綱を目指して頑張って」とエールを送った。[28]この新入幕の場所では9勝6敗と勝ち越した。

幕内上位も窺う西前頭5枚目まで番付を上げた2017年3月場所は、場所直前に右ふくらはぎの肉離れというアクシデントの影響もあって前半戦では5連敗を喫するなど不調であった[29]。後半戦で立て直したが、14日目に入門以来初となる負け越しが決定した。5月場所は東前頭7枚目の地位で10勝5敗の好成績を残し、これは自身初の幕内2ケタ勝利。

人物・エピソード[編集]

  • 2016年10月14日の大相撲秋巡業豊橋場所の朝稽古では照ノ富士に指名され、関取でも5分も続ければ息が上がるハードな稽古であるぶつかり稽古を13分間も行うなど厳しく鍛えられ、北勝富士は完全にグロッキーになってしばらく立ち上がれなくなったと伝えられた[30]
  • 入門当時の四股名は、同名の年寄名跡があるために本名である「中村」のままとすることができなかったので、初土俵時より大輝 明道となった。明道という名前は、自身の父親と埼玉栄高校相撲部監督の名前から1字ずつ取ったものである[31]。この四股名は新入幕直前の2016年9月場所まで名乗った。
  • 現在の四股名である北勝富士は、かつては違う力士が使っていたが、その力士は最高位東三段目3枚目で引退している[32]
  • 1ヶ月前の自分より強くなることを目標として、大学生時代より1ヶ月に1度、自身の肉体を前後左右より撮影し続けている。写真を見比べて自身の成長度合いを確かめているという[33]
  • 十両へ昇進した頃は大師匠の北の富士からの評価があまり芳しくなく、2016年の文献では「身体がちょっと緩んますね」と批判された。北の富士によれば、大学相撲の選手は4年生になると後輩が身の回りの世話をして、気分が関取衆と同じになり、稽古もあまりしなくなるという[34]
  • 2017年1月28日、母校の市立南小と市立南陵中をそれぞれ訪れ、児童・生徒と交流した。力士として初めて両校を訪問した北勝富士は、子どもたちに「一生懸命やれば必ず成功する。夢に向かって頑張って」と呼び掛けた。北勝富士は小学校の卒業アルバムに「ぼくは、相撲取りになり横綱になりたいです」と夢を記したエピソードを披露。自身の小学生時代を「相撲の稽古、遊び、勉強に一生懸命だった」と振り返り、子どもたちに「とにかく一生懸命やってほしい」と呼び掛けた[35]
  • 大学時代、Sexy Zone CHANNEL(フジテレビTWO)に出演。[36]
  • 2017年5月9日、「北勝富士を応援する会」の内野正幸会長から「ウチノ看板(株)」名義となる自身5本目の化粧まわしを贈呈された。 北勝富士は「これまで4本(化粧まわしを)持っていますが、すべて色違い。青(い房)がきれい。僕のラッキーカラーでもあるので」と興奮気味。図案化された三角形は内野会長の発案で、戦国武将の毛利元就の「三本の矢」の教えに、「ピラミッドもイメージした。どっしりして倒れないという。ピラミッドパワーは縁起がいい」と願いを込めた[37]
  • 2017年6月3日、埼玉所沢市の所沢警察署で一日署長を務めた。地元公民館から所沢駅まで約1・1キロをパレード。「パレードしてガラガラだったらどうしようと思っていた」と心配したが、約1000人が同市出身初の幕内力士である北勝富士を一目見ようと殺到した。パレード後には、交通安全や振り込め詐欺への注意などを駅前で呼びかけ、祖母に振り込め詐欺の電話があった体験を元にスピーチした。同年5月場所は前頭7枚目で10勝を挙げ、7月場所は上位総当たりの地位まで番付を上げることが確実。「昇進とか、優勝して、またパレードができるようにしたい」と笑顔を見せた[3]

主な成績[編集]

2017年5月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:96勝43敗(14場所)
  • 幕内成績:35勝25敗(4場所)
  • 十両成績:22勝8敗(2場所)

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:1回(2016年9月場所)
  • 三段目優勝:1回(2015年9月場所)
  • 序二段優勝:1回(2015年7月場所)

場所別成績[編集]

北勝富士 大輝
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2015年
(平成27年)
x (前相撲) 東 序ノ口 #11
6–1 
東 序二段 #36
優勝
7–0
東 三段目 #36
優勝
7–0
東 幕下 #25
5–2 
2016年
(平成28年)
東 幕下 #16
5–2 
西 幕下 #8
5–2 
西 幕下 #1
4–3 
西 十両 #13
10–5 
西 十両 #6
優勝
12–3
西 前頭 #11
9–6 
2017年
(平成29年)
東 前頭 #8
9–6 
西 前頭 #5
7–8 
東 前頭 #7
10–5 
西 前頭 #2
 
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 大輝 明道(だいき あきみち)2015年3月場所 - 2016年9月場所
  • 北勝富士 大輝(ほくとふじ だいき)2016年11月場所[25] -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『相撲』2016年7月号24ページ
  2. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年5月号(夏場所展望号)別冊付録 『平成27年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑』 44頁
  3. ^ a b 北勝富士、次はVパレードだ 2017年6月4日7時0分 スポーツ報知
  4. ^ a b c d e f g 『相撲』2016年11月号88ページから89ページ
  5. ^ 中村大輝選手 社団法人所沢青年会議所
  6. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』2015年4月号(春場所総決算号) 119頁
  7. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年3月号(春場所展望号) 25頁
  8. ^ 平成19年の試合記録・結果 公益財団法人 日本相撲連盟
  9. ^ 相撲・中農、北農 決勝T進出 美ら島沖縄総体8月3日(第7日) 琉球新報 2010年8月4日(2015年11月12日閲覧)
  10. ^ 第39回東日本学生相撲個人体重別選手権大会結果 日体大相撲部Blog
  11. ^ 目標は貴乃花 日体大2年生・中村が学生横綱に スポニチアネックス 2012年11月11日
  12. ^ 相撲成年個人は中村大輝が初V/国体 日刊スポーツ 2013年10月1日(2015年11月12日閲覧)
  13. ^ 大相撲:大輝、前相撲で出発 資格2度失効、夢捨てず 毎日新聞 2015年2月18日(2015年11月12日閲覧)
  14. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年8月号(名古屋場所総決算号) 69頁
  15. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年1月号(初場所展望号) 44頁
  16. ^ 元学生横綱の中村「白鵬と対戦したい」 デイリースポーツonline 2015年2月13日(2015年11月12日閲覧)
  17. ^ 宇良、一番出世で披露 早くも人気抜群 デイリースポーツonline 2015年3月12日(2015年11月12日閲覧)
  18. ^ 新弟子検査 43人全員が合格 元ボディビルダーに注目 スポニチアネックス 2015年2月28日(2015年11月12日閲覧)
  19. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年7月号(名古屋場所展望号) 51頁
  20. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年9月号(秋場所展望号) 59頁
  21. ^ 序ノ口は19歳黒沢がV 幕下大混戦 スポニチアネックス 2015年9月25日(2015年1月12日閲覧)
  22. ^ “新十両に大輝と浜口=大相撲”. 時事ドットコム. (2016年5月25日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052500194&g=spo 2016年5月25日閲覧。 
  23. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年9月号33ページ
  24. ^ 由来は、北勝は、師匠の八角親方の現役名北勝海より2文字とり、富士は、師匠の師匠で、現在は、大相撲の解説者の北の富士より2文字とったとしている。
  25. ^ a b “大輝から改名北勝富士 10場所で新入幕!史上2番目の早さ”. スポニチアネックス. (2016年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/11/01/kiji/K20161101013638830.html 2016年11月1日閲覧。 
  26. ^ 東京新聞 2016年11月1日 朝刊
  27. ^ 新入幕で新しこ名 北勝富士「名前汚さぬよう精進」 NHK 10月31日 18時26分
  28. ^ 大輝改め「北勝富士」 地元・所沢市長に十両優勝を報告東京新聞 2016年10月5日
  29. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2017年4月号(春場所総決算号) 62頁
  30. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年12月号25ページ
  31. ^ 中・高・大学で横綱…中村、しこ名は「大輝」 八角部屋入門 スポニチアネックス 2015年2月13日(2015年11月12日閲覧)
  32. ^ 先代北勝富士の全成績
  33. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年10月号(秋場所総決算号) 59頁
  34. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)p44
  35. ^ 所沢出身の北勝富士関が母校訪問 「一生懸命やれば必ず成功」 東京新聞 2017年1月28日
  36. ^ 2015年1月21日、2月4日放送分。
  37. ^ 北勝富士に5本目の化粧まわし 青い房に「僕のラッキーカラー」 2017年5月9日18時5分 スポーツ報知

関連項目[編集]

外部リンク[編集]