ヒーリング・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒーリング・ミュージックは、心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせたりするために作られた音楽。癒やし音楽。

概要[編集]

  • 人を癒やす効果を持つニューエイジ・ミュージックの中で、世界および日本で聴かれている音楽を指す。
  • 穏やかな音楽を聴いている際には、リラックスできてアルファ波がでると言われている。アルファ波とは脳が覚醒しているが休んでいるときの脳波である。常に覚醒しているときの脳波はベータ波という[1]。ヒーリング・ミュージックに求められているのは、アルファ波である。
  • 小川のせせらぎや波の音などの自然界のリズムは一定ではない「ゆらぎ」をもっており、この「ゆらぎ」は規則的なものではない。fは周波数。自然の音を聞くことでリラックスできるのは「1/fゆらぎ」の効果と言われている。

2000年代前半の日本におけるブーム[編集]

日本では以前から癒し系と称されるCDが発売されていたものの、ヒット作でも数万枚程度の売れ行きだった[2]

しかし、2000年3月に東芝EMIから発売された『〜the most relaxing〜 feel』と、同年8月にソニー・ミュージックエンタテインメントから発売された『image』がともに累計出荷枚数が130万枚を超えるミリオンセラーとなり、ヒーリング・ミュージックのブームに火が付いた[2]。大規模なテレビ広告やウェブサイトでの試聴といった販促策を採用したことが大ヒットに結びついた理由とされている[2]

これをきっかけに、各レコード会社からヒーリング・ミュージックのコンピレーション・アルバムが多く発売された[2]。これらのアルバムはブームのきっかけとなった『〜the most relaxing〜 feel』『image』を踏襲し、一般層に聞き馴染みのあるテレビコマーシャル・テレビ番組・映画などのテーマ曲を中心に収録しているものが多い[2]。この発売ラッシュの背景として2000年〜2001年当時は、従来音楽CDの主力購買層であった学生の需要が娯楽の多様化により低下し、レコード会社は購買力の高い中高年の需要の開拓を模索していた時期であったことが挙げられる[2]

主なヒーリング・ミュージック[編集]

アーティスト[編集]

種類[編集]

コンピレーション[編集]

東芝EMI
  • feel』シリーズ
ソニー・ミュージックエンタテインメント
ユニバーサルミュージック
  • 『Pure』シリーズ [2]
ワーナーミュージック・ジャパン
  • 『Love Lights』シリーズ [2]
ビクターエンタテインメント
  • 『still echo』シリーズ
  • 『Essence -Healing & Relaxing』 [2]
BMGファンハウス
  • 『FLOW〜healing compilation』 [2]
エイベックス・エンタテインメント
  • 『wish〜heart of Disney songs〜』 [2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ulrich Kraft. Train Your Brain-Mental exercises with neurofeedback may ease symptoms of attention-deficit disorder, epilepsy and depression--and even boost cognition in healthy brains. Scientific American. 2006
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「音楽CD、『癒し系』拡充 東芝EMI・SME ヒット作シリーズ化」『日本経済新聞』2001年5月21日付朝刊、14頁。