幕内最高優勝の記録一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幕内最高優勝の記録(まくのうちさいこうゆうしょうのきろく)は、大相撲の幕内力士の優勝にかかわる主要記録の一覧。

特に明記のない場合1909年(明治42年)6月場所の優勝額贈呈開始によって、現在の個人優勝制度が確立して以降のもの。

優勝回数10回以上の力士[編集]

最高位はみな横綱

四股名 優勝回数 新入幕 初優勝 最終優勝 最終場所 備考
白鵬翔 39 2004年5月 2006年5月 現役 優勝同点4回
(2017年7月場所終了現在)
大鵬幸喜 32 1960年1月 1960年11月 1971年1月 1971年5月 優勝同点2回
千代の富士貢 31 1975年9月 1981年1月 1990年11月 1991年5月
朝青龍明徳 25 2001年1月 2002年11月 2010年1月 優勝同点1回
北の湖敏満 24 1972年1月 1974年1月 1984年5月 1985年1月 優勝同点5回
貴乃花光司 22 1990年5月 1992年1月 2001年5月 2003年1月 優勝同点5回
輪島大士 14 1971年1月 1972年5月 1980年11月 1981年3月 優勝同点1回
双葉山定次 12 1932年2月 1936年5月 1943年5月 1945年11月 新入幕は春秋園事件による繰上げ。
年2場所制時代
武蔵丸光洋 12 1991年11月 1994年7月 2002年9月 2003年11月 優勝同点6回
曙太郎 11 1990年9月 1992年5月 2000年11月 2001年1月 優勝同点3回
常ノ花寛市 10 1917年5月 1921年5月 1930年3月 1930年10月 優勝同点1回(決定戦制度なし)、他に不戦勝制度があれば優勝同点になっていたケースが1回、半星差での優勝次点が1回ある。
年2場所制で3回、年4場所制で7回の優勝。
関西場所の4回の優勝は後年の追認
栃錦清隆 10 1947年1月 1952年9月 1960年1月 1960年5月 優勝同点1回。
新入幕時年2場所制、年6場所制への過渡期の優勝が6回
若乃花幹士 (初代) 10 1950年1月 1956年5月 1960年9月 1962年5月 優勝同点1回。
新入幕時年3場所制、年6場所制への過渡期の優勝が1回
北の富士勝昭 10 1964年1月 1967年3月 1973年3月 1974年7月 優勝同点1回

優勝場所の星取り内訳[編集]

四股名 全勝(土つかず) 1敗 2敗 3敗 4敗 備考
白鵬 13 17 8 1 0 2017年7月場所終了現在
大鵬 8 12 11 1 0
双葉山 8 3 1 0 0 15日制定着以前
千代の富士 7 14* 6 4 0 *1不戦敗の優勝が1回
北の湖 7 7 9 1 0
朝青龍 5 9 11 0 0
貴乃花 4 10 7 1 0
常ノ花 3(1*) 5 0 1 0 10-11日制時代
*1分1預の優勝1回
輪島 3 5 4* 2 0 *2敗1休の優勝が1回
北の富士 3 3 4 0 0
武蔵丸 1 1 6 3 1
栃錦 1 8 1 0 0
若乃花(初代) 1 4 4 1 0
0 4 6 1 0

その他の全勝優勝複数回達成力士[編集]

四股名 全勝優勝回数 通算優勝回数 備考
太刀山峯右エ門 5 9 年2場所制。10戦全勝5回、ほかに9勝1預の土付かず優勝1回。
羽黒山政司 4 7 年2場所制から4場所制にかけての力士、また戦中戦後の本場所開催が不定期だった期間を含む。10戦全勝2回、13戦全勝と15戦全勝が1回ずつ。
日馬富士公平 3 8 2016年7月場所終了現在。
栃木山守也 2 9 年2場所制。10戦全勝2回、ほかに1預、1分、1休の土つかず優勝が3回、1分1預の土つかずで優勝同点(決定戦制度なし)が1回ある。
大錦卯一郎 2 5 年2場所制。10戦全勝2回。
隆の里俊英 2 4
清水川元吉 2 3 年2場所制。8戦全勝1回、10戦全勝1回。
  • 他に千代の山雅信が全勝優勝1回と、全勝での優勝同点を記録している。また若乃花幹士 (初代)には、全勝優勝1回の他、12勝2不戦敗1休、千代の富士貢には全勝優勝7回の他、14勝1不戦敗で、「実際に土俵にあがっての取組では全勝」(不戦勝制度以前なら土つかず)が各々1回ある。ただし、若乃花のこのとき(大関時代の1956年9月場所)の優勝は14勝1敗(勝ち越し13点)の横綱鏡里喜代治で、不戦勝制度以前の方式でも、若乃花に対しての不戦勝を休みとみなしても、勝ち越し12点(13勝1敗1休)となるので、若乃花の勝ち越し12点(12勝3休)と同点となるが、番付上位にある鏡里が若乃花を上回ることになる。
  • 最高位は清水川のみ大関、他はみな横綱。横綱昇進力士で、大関以下で2回以上の全勝優勝を達成したものとしては、双葉山(関脇1回、大関2回)、貴乃花、日馬富士(ともに大関2回)がいる。他に栃木山が大関で全勝優勝1回、土付かず優勝1回。太刀山も大関で3回の土付かずを記録している。

連続優勝[編集]

四股名 連続優勝回数 場所 地位 成績  備考
朝青龍明徳 7場所連続 2004年11月場所 東横綱 13勝2敗
2005年1月場所 東横綱 15戦全勝
同3月場所 東横綱 14勝1敗
同5月場所 東横綱 15戦全勝
同7月場所 東横綱 13勝2敗
同9月場所 東横綱 13勝2敗 琴欧州優勝決定戦
同11月場所 東横綱 14勝1敗 年間6場所完全制覇達成
次場所 2006年1月場所 東横綱 11勝4敗 優勝は栃東大裕(14勝1敗)
白鵬翔 7場所連続 2010年3月場所 東横綱 15戦全勝
同5月場所 東横綱 15戦全勝
同7月場所 東横綱 15戦全勝
同9月場所 東横綱 15戦全勝 4場所連続全勝は年6場所15日制以降で史上初
同11月場所 東横綱 14勝1敗 2日目に63連勝止まる
豊ノ島と優勝決定戦
2011年1月場所 東横綱 14勝1敗
同5月場所 東横綱 13勝2敗 3月場所は八百長問題で中止
5月技量審査場所として開催
次場所 同7月場所 東横綱 12勝3敗(優勝次点) 優勝は日馬富士公平(14勝1敗)
2007年9月場所から2012年3月場所まで27場所連続優勝次点以上
大鵬幸喜 6場所連続 1962年7月場所 東横綱 14勝1敗
同9月場所 東横綱 13勝2敗 不戦勝1あり
佐田の山と優勝決定戦
同11月場所 東横綱 13勝2敗
1963年1月場所 東横綱 14勝1敗
同3月場所 東横綱 14勝1敗
同5月場所 東横綱 15戦全勝
次場所 同7月場所 東横綱 12勝3敗 優勝は北葉山英俊(13勝2敗、佐田乃山(もと佐田の山)と決定戦)
大鵬幸喜 6場所連続 1966年3月場所 東張出横綱 13勝2敗
同5月場所 東横綱 14勝1敗
同7月場所 東横綱 14勝1敗
同9月場所 東横綱 13勝2敗 柏戸と優勝決定戦
同11月場所 東横綱 15戦全勝
1967年1月場所 東横綱 15戦全勝 1965年11月場所から出場7場所連続優勝
次場所 同3月場所 東横綱 13勝2敗(優勝次点) 優勝は北の富士勝昭(14勝1敗)
白鵬翔 6場所連続 2014年5月場所 東横綱 14勝1敗
同7月場所 東横綱 13勝2敗
同9月場所 東横綱 14勝1敗
同11月場所 東横綱 14勝1敗
2015年1月場所 東横綱 15勝全勝 史上最多33回目の優勝
同3月場所 東横綱 14勝1敗 史上最多34回目の優勝
次場所 同5月場所 東横綱 11勝4敗 優勝は照ノ富士春雄(12勝3敗)
太刀山峯右エ門 5場所連続 1910年6月場所 西大関 9勝1分
1911年2月場所 西大関 8勝1分1預
同6月場所 西横綱 10戦全勝 1910年1月場所から4場所連続土付かず
1912年1月場所 東横綱 8勝1敗1分 8日目に43連勝止まる
同5月場所 西横綱 10戦全勝 1914年1月場所まで出場7場所連続優勝
次場所 1913年1月場所 西張出横綱 全休 優勝は鳳谷五郎(7勝1分1預1休、1休は相手力士休場)
栃木山守也 5場所連続 1917年5月場所 西大関 9勝1預 大潮が優勝同点(決定戦制度なし)
1918年1月場所 東大関 10戦全勝
同5月場所 東張出横綱 9勝1敗
1919年1月場所 東横綱 9勝1休 1休は相手力士休場
同5月場所 東横綱 10戦全勝
次場所 1920年1月場所 東横綱 8勝2敗(優勝次点) 優勝は大錦卯一郎(8勝1敗1分)
1921年1月場所まで8場所連続優勝次点以上
双葉山定次 5場所連続 1936年5月場所 西関脇 11戦全勝
1937年1月場所 東大関 11戦全勝
同5月場所 東大関 13戦全勝
1938年1月場所 西横綱 13戦全勝
同5月場所 東横綱 13戦全勝 連続全勝優勝の最多記録
次場所 1939年1月場所 東横綱 9勝4敗 優勝は出羽湊利吉(13戦全勝)
4日目に69連勝止まる
北の湖敏満 5場所連続 1978年1月場所 西横綱 15戦全勝
同3月場所 東横綱 13勝2敗 若三杉と優勝決定戦
同5月場所 東横綱 14勝1敗 若三杉と優勝決定戦
同7月場所 東横綱 15戦全勝
同9月場所 東横綱 14勝1敗
次場所 同11月場所 東横綱 11勝4敗 優勝は二代目若乃花幹士(もと若三杉、15戦全勝)
千代の富士貢 5場所連続 1986年5月場所 東横綱 13勝2敗
同7月場所 東横綱 14勝1敗 北尾と優勝決定戦
同9月場所 東横綱 14勝1敗
同11月場所 東横綱 13勝2敗
1987年1月場所 東横綱 12勝3敗 双羽黒と優勝決定戦
次場所 同3月場所 東横綱 11勝4敗(優勝次点) 優勝は北勝海信芳(12勝3敗)
6場所連続優勝次点以上
参考・連続幕内最高成績
貴乃花光司 9場所連続 1995年5月場所 西横綱 14勝1敗(優勝)
同7月場所 東横綱 13勝2敗(優勝)
同9月場所 東横綱 15戦全勝(優勝)
同11月場所 東横綱 12勝3敗(優勝同点) 三代目若乃花と優勝決定戦
1996年1月場所 東横綱 14勝1敗(優勝同点) 貴ノ浪と優勝決定戦
同3月場所 東横綱 14勝1敗(優勝)
同5月場所 東横綱 14勝1敗(優勝)
同7月場所 東横綱 13勝2敗(優勝)
同9月場所 東横綱 15戦全勝(優勝)
次場所 同11月場所 東横綱 全休 武蔵丸光洋が優勝(11勝4敗、・若乃花・貴ノ浪・魁皇と優勝決定戦)
白鵬翔 9場所連続 2008年7月場所 西横綱 15戦全勝(優勝)
同9月場所 東横綱 14勝1敗(優勝)
同11月場所 東横綱 13勝2敗(優勝) 安馬(のちの日馬富士)と優勝決定戦
2009年1月 東横綱 14勝1敗(優勝同点) 朝青龍と優勝決定戦
同3月場所 西横綱 15戦全勝(優勝)
同5月場所 東横綱 14勝1敗(優勝同点) 日馬富士と優勝決定戦
同7月場所 東横綱 14勝1敗(優勝)
同9月場所 東横綱 14勝1敗(優勝同点) 朝青龍と優勝決定戦
同11月場所 西横綱 15戦全勝(優勝)
次場所 2010年1月場所 東横綱 12勝3敗(優勝次点) 優勝は朝青龍明徳(13勝2敗)

連続全勝優勝[編集]

四股名 記録 地位 開始場所  終了場所 翌場所成績  備考
双葉山定次 5場所連続 関脇-横綱 1936年5月 1939年5月 9勝4敗 11戦全勝2回、13戦全勝3回
白鵬翔 4場所連続 横綱 2010年3月 2010年9月 14勝1敗(優勝)
太刀山峯右エ門[1] 2場所連続 横綱 1913年5月 1914年1月 8勝1預1休[2][3] 10戦全勝2回
双葉山定次 2場所連続 横綱 1943年1月 1943年5月 11勝4敗
羽黒山政司 2場所連続 横綱 1945年11月 1946年11月 9勝1敗(優勝) 10戦全勝、13戦全勝各1回
大鵬幸喜 2場所連続 横綱 1964年1月 1964年3月 10勝5敗
大鵬幸喜 2場所連続 横綱 1966年11月 1967年1月 13勝2敗
大鵬幸喜 2場所連続 横綱 1968年11月 1969年1月 3勝2敗10休
千代の富士貢 2場所連続 横綱 1988年7月 1988年9月 14勝1敗(優勝)
貴ノ花光司[4] 2場所連続 大関 1994年9月 1994年11月 13勝2敗(優勝)
日馬富士公平 2場所連続 大関 2012年7月 2012年9月 9勝6敗 場所後に横綱昇進
白鵬翔 2場所連続 横綱 2013年3月 2013年5月 13勝2敗(優勝)
参考(分、預、休を含んでの記録)
太刀山峯右エ門 3場所連続 大関-横綱 1910年6月 1911年6月 8勝1敗1分(優勝) 10戦全勝、9勝1分、8勝1分1休[2]、各1回
栃木山守也 2場所連続 大関 1917年5月 1918年1月 9勝1敗(優勝) 10戦全勝、9勝1預、各1回
栃木山守也 2場所連続 横綱 1919年1月 1919年5月 8勝2敗 10戦全勝、9勝1休[2]各1回
  1. ^ 1912年5月から1914年1月まで全休1場所を挟んで出場3場所連続全勝優勝、1915年6月まで2度の全休を挟んで出場5場所連続土つかず(うち優勝4回)。ただし1913年1月に現在なら不戦敗となる1休がある
  2. ^ a b c 相手力士休場
  3. ^ 両國が9勝1休で優勝
  4. ^ 期間中に「貴乃花」に改名

平幕優勝[編集]

平幕で優勝した力士を参照

小結の優勝[編集]

小結で優勝した力士を参照

関脇の優勝[編集]

関脇で優勝した力士を参照

角番大関の優勝[編集]

大関角番で優勝した力士を参照

部屋別の記録[編集]

優勝回数記録[編集]

部屋 優勝回数 優勝人数 部屋別の優勝回数上位三傑
九重部屋 52回 4人 千代の富士(31) 北の富士[1](10) 北勝海(8)
出羽海部屋 49回 12人 常ノ花(10) 栃木山(9) 千代の山佐田の山(6)
高砂部屋 44回 10人 朝青龍[2](25) 東富士[3]3代朝潮(5) 3代小錦(3)
二所ノ関部屋 42回 5人 大鵬(32) 玉錦[4](7) 佐賀ノ花玉乃海
金剛(1)
宮城野部屋 41回 2人 白鵬[5](39) 2代鳳(2)
二子山部屋 40回 8人 2代貴乃花[6](20) 3代若乃花[7](5) 2代若乃花隆の里(4)
花籠部屋 27回 4人 輪島(14) 初代若乃花[8](10) 魁傑(2)
三保ヶ関部屋 26回 2人 北の湖(24) 北天佑(2)
立浪部屋 19回 6人 双葉山[9](8) 初代羽黒山(7) 時津山[10]安念山[11]
若羽黒若浪(1)
友綱部屋 15回 3人 太刀山(9) 魁皇(5) 旭天鵬[12](1)
武蔵川部屋 14回 3人 武蔵丸(12) 出島武双山(1)
春日野部屋 14回 3人 栃錦(10) 栃ノ海(3) 初代栃東(1)
佐渡ヶ嶽部屋 14回 8人 琴櫻(5) 琴風2代琴錦(2) 長谷川琴富士琴光喜
琴欧洲琴奨菊[13](1)
  1. ^ 入門時出羽海部屋
  2. ^ 入門時若松部屋
  3. ^ 他に富士ヶ根部屋で1回の優勝
  4. ^ 他に粂川部屋で2回の優勝
  5. ^ 2017年7月場所終了時点
  6. ^ 他に藤島部屋で2回の優勝
  7. ^ 入門時藤島部屋
  8. ^ 入門時二所ノ関部屋
  9. ^ 他に双葉山道場で4回の優勝
  10. ^ 入門時時津風部屋
  11. ^ のち2代羽黒山
  12. ^ 入門時大島部屋
  13. ^ 2016年5月場所終了時点

連続優勝記録[編集]

  • 単独力士の連覇をのぞく。
部屋(師匠) 連続優勝回数 場所 優勝力士(地位) 成績
出羽海部屋
常陸山谷右エ門
10場所連続 1917年1月場所 大錦(西大関) 10戦全勝
同5月場所 栃木山(西大関) 9勝1預
1918年1月場所 栃木山(東大関) 10戦全勝
同5月場所 栃木山(東張出横綱) 9勝1敗
1919年1月場所 栃木山(東横綱) 9勝1休[1]
同5月場所 栃木山(東横綱) 10戦全勝
1920年1月場所 大錦(東張出横綱) 8勝1敗1分
同5月場所 大錦(西横綱) 9勝1敗[2]
1921年1月場所 大錦(西横綱) 10戦全勝
同5月場所 常ノ花(東大関) 10戦全勝
  1. ^ 1休は相手力士休場
  2. ^ 栃木山が8勝1分1預の優勝同点
九重部屋
北の富士勝昭
10場所連続 1985年9月場所 千代の富士(東横綱) 15戦全勝
同11月場所 千代の富士(東横綱) 14勝1敗
1986年1月場所 千代の富士(東横綱) 13勝2敗
同3月場所 保志[1](西関脇) 13勝2敗
同5月場所 千代の富士(東横綱) 13勝2敗
同7月場所 千代の富士(東横綱) 14勝1敗[2]
同9月場所 千代の富士(東横綱) 14勝1敗
同11月場所 千代の富士(東横綱) 13勝2敗
1987年1月場所 千代の富士(東横綱) 12勝3敗[3]
同3月場所 北勝海(西大関) 12勝3敗
  1. ^ 保志はのち北勝海
  2. ^ 北尾(のち双羽黒)と優勝決定戦
  3. ^ 双羽黒と優勝決定戦
九重部屋
(北の富士勝昭)
9場所連続 1988年5月場所 千代の富士(東張出横綱) 14勝1敗
同7月場所 千代の富士(東横綱) 15戦全勝
同9月場所 千代の富士(東横綱) 15戦全勝
同11月場所 千代の富士(東横綱) 14勝1敗
1989年1月場所 北勝海(東張出横綱) 14勝1敗[1]
同3月場所 千代の富士(西横綱) 14勝1敗[2]
同5月場所 北勝海(東張出横綱) 13勝2敗[1]
同7月場所 千代の富士(東張出横綱) 12勝3敗[3]
同9月場所 千代の富士(西横綱) 15戦全勝
  1. ^ a b 旭富士と優勝決定戦
  2. ^ 優勝決定後の千秋楽を休場、旭富士に不戦敗
  3. ^ 北勝海と優勝決定戦
二子山部屋
貴ノ花利彰
9場所連続 1995年5月場所 貴乃花(西横綱) 14勝1敗
同7月場所 貴乃花(東横綱) 13勝2敗
同9月場所 貴乃花(東横綱) 15戦全勝
同11月場所 若乃花(西大関) 12勝3敗[1]
1996年1月場所 貴ノ浪(東大関2) 14勝1敗[1]
同3月場所 貴乃花(東横綱) 14勝1敗
同5月場所 貴乃花(東横綱) 14勝1敗
同7月場所 貴乃花(東横綱) 13勝2敗
同9月場所 貴乃花(東横綱) 15戦全勝
  1. ^ a b 貴乃花と優勝決定戦
出羽海部屋
(常陸山谷右エ門)
6場所連続 1922年5月場所 大錦(西張出横綱[1] 8勝1敗1分
1923年1月場所 栃木山(東張出横綱) 8勝1敗1分[2]
同5月場所 常ノ花(西大関) 9勝1分1預
1924年1月場所 栃木山(西横綱) 9勝1分
同5月場所 栃木山(東横綱) 10勝1敗
1925年1月場所 栃木山(東張出横綱[3] 10勝1分
  1. ^ 同場所の番付では東方に横綱不在で、西横綱栃木山に次ぐ第2位の地位
  2. ^ 源氏山(のち3代目西ノ海)と優勝同点
    他に現在の様な不戦勝制度があれば太刀光が優勝同点
  3. ^ 「別格横綱」と見る意見もある
立浪部屋
緑嶌友之助
6場所連続 1941年1月場所 双葉山(西横綱) 14勝1敗[1]
同5月場所 羽黒山(西大関) 14勝1敗
1942年1月場所 双葉山(東横綱) 14勝1敗
同5月場所 双葉山(東横綱) 13勝2敗[2]
1943年1月場所 双葉山(西横綱) 15戦全勝
同5月場所 双葉山(東横綱) 15戦全勝
  1. ^ 羽黒山と優勝同点
  2. ^ 安藝ノ海照國と優勝同点
武蔵川部屋
三重ノ海剛司
6場所連続 1999年3月場所 武蔵丸(東大関) 13勝2敗
同5月場所 武蔵丸(東大関) 13勝2敗
同7月場所 出島(西関脇) 13勝2敗[1]
同9月場所 武蔵丸(西横綱) 12勝3敗
同11月場所 武蔵丸(東横綱) 12勝3敗
2000年1月場所 武双山(東関脇2) 13勝2敗
  1. ^ と優勝決定戦

関連項目[編集]