大翔丸翔伍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大翔丸 翔伍 Sumo pictogram.svg
Daishomaru 2015 May.JPG
基礎情報
四股名 川端 → 大翔丸
本名 川端 翔伍
生年月日 (1991-07-10) 1991年7月10日(26歳)
出身 大阪府大阪市平野区
身長 173cm
体重 158kg
BMI 52.79
所属部屋 追手風部屋
得意技 突き・押し
成績
現在の番付 東前頭7枚目
最高位 東前頭7枚目
生涯戦歴 149勝132敗(23場所)
幕内戦歴 78勝87敗(11場所)
優勝 幕下優勝1回
データ
初土俵 2014年3月場所
入幕 2016年3月場所
趣味 なし
備考
2017年11月26日現在

大翔丸 翔伍(だいしょうまる しょうご、1991年7月10日 - )は、大阪府大阪市平野区出身で、追手風部屋所属の現役大相撲力士。本名は川端 翔伍(かわばた しょうご)。身長173cm、体重158kg、血液型はA型。[1]最高位は東前頭7枚目(2017年11月場所)。好物はオマール海老、レモン果汁[2]

来歴[編集]

大阪市立加美北小学校4年次から大東市相撲連盟で相撲の稽古を始めると、その年の大会でいきなり3位の好成績を残す。6年次にはわんぱく横綱の栄冠に輝き、中学校は親元を離れて明徳義塾中学校へ相撲留学。3年次に全国都道府県中学生相撲選手権大会で個人優勝という実績を残している。明徳義塾へスカウトした当時の監督が退任したこともあって内部進学はせず、高校はより高いレベルを求めて金沢学院東高等学校へ進学[3]。1年次から団体戦レギュラーとなって何度も高校の優勝に貢献しているが[4]、個人タイトルにはなかなか縁が無く、高校最後の大会で1度優勝したのみである。[5]日本大学経済学部経済学科に進学すると、名門といわれる相撲部で1年生から団体戦のメンバーとなるが、2年次に左膝を負傷して一時はレギュラーから外れていた。怪我も癒えた後の4年次には副主将に就任。全国学生相撲選手権大会は団体で3位だったものの個人は16強止まり。しかし、全日本相撲選手権大会では得意の押し相撲が冴え、準決勝では日大の後輩を、決勝では日大の当時の主将を破ってアマチュア横綱の栄誉に輝き、大相撲の幕下15枚目格付出の資格を取得した。[6]本人は2015年5月場所2日目のに放送されたHK大相撲中継での新十両インタビューで「(この優勝が無ければ)普通に働いていたかもしれない」と語っている。

2014年2月に、高校・大学の1年先輩である遠藤も所属している追手風部屋に入門。アマチュア横綱が2年続けて同じ部屋に入門した初のケースとなった。[7]同年3月場所で初土俵となり、初日に出羽疾風を得意の押しで破ってプロデビュー。[8]3日目には高校で2学年上だった栃乃里も強烈なハズ押しで破って連勝スタートとしたが[9]、5日目に琴宏梅に敗れてプロ初黒星。[10]途中連敗も経験したが、最終的にこの場所は5勝2敗で終えた。[11]目標とする豪風[12]を手本に、まずは関取昇進を目指すところであったが、同年9月場所と11月場所は3勝4敗としばしの足踏みを余儀なくされた。

幕下12枚目から出直しとなった2015年は、1月場所で大きく勝ち越して3月場所では西幕下筆頭に昇進。勝ち越せば十両昇進も見える状況で5番勝ち、場所後の番付編成会議にて同年5月場所での十両昇進が決定した。十両昇進と同時に、それまで本名のままだった四股名を『大翔丸』に改めた。[13]この四股名には「何かが欠けたら丸にならない。自分の相撲を完全に取り切ってほしい」という願いが込められている。[14]しかし新十両の場所は壁に跳ね返されて負け越し、1場所で陥落。幕下から出直しとなった7月場所は7戦全勝の幕下優勝を果たした。[15]十両復帰の9月場所は負け越したが、十両通算3場所目となった11月場所では十両で初勝ち越しを10日目に決めた。十両の優勝争いに千秋楽まで絡み、十両優勝は逃したが12勝3敗の好成績でこの場所を終えた。続く2016年1月場所も10勝5敗と大きく勝ち越した事により、同年3月場所で新入幕となった。東の14枚目で迎えた新入幕の3月場所は千秋楽に勝ち越しを決め、続く5月場所も中盤に星を伸ばし9勝として、新入幕から二場所連続で勝ち越しを決めた。7月場所は先場所9勝ながら一気に5枚半上昇と番付運に恵まれ、初めて一桁の番付となる西の7枚目で迎えたが、千秋楽に黒星で7勝8敗の負け越し。東の8枚目で迎えた9月場所は右足首付近を痛めた状態で出場し、初日から5連敗。中日の栃ノ心戦ではもろ差しを許して土俵際に後退すると、勝負が決まる前に力を抜いて棒立ちのまま俵を割った。この一番が無気力相撲の認定を受け(相手の栃ノ心は該当せず)、相撲協会審判部から師匠の追手風を通じて注意を受けた。[16]場所成績自体も4勝11敗と初の幕内2ケタ黒星に終わった。11月場所は番付運に恵まれ、4枚減の東の12枚目で迎えた。この場所から3場所続けて7勝8敗と負け越しを続けた。2017年5月場所は先場所負け越しながら番付据え置きの西の13枚目で迎え、13日目に勝ち越して8勝7敗。6場所ぶりの勝ち越しとなった。西の11枚目で迎えた7月場所は千秋楽に敗れて7勝8敗。9月場所は東の12枚目で迎え、中日を終えた時点で7勝1敗と好調を維持。この場所は上位陣が軒並み休場や不振に苦しんでいたことで、幕内下位ながら優勝争いに食い込むかと思われたが、9日目から4連敗で脱落。それでも残りは3連勝で締め、自信初の幕内二桁となる10勝を挙げた。

エピソード[編集]

靖国神社奉納大相撲 大翔丸関の相手は宇良関(2017年4月17日撮影)
  • 2015年11月1日、部屋の九州場所宿舎の近くにある福岡糸島市の東風小学校で、留学生や子どもたちとの交流イベントに出席。トークショーでは大栄翔と遠藤と自身の3人でステージに上がると、「力士になっていなかったら何になっていたか」と聞かれ、遠藤が「プロゴルファー」大栄翔が「プロ野球選手」と答える中、「小学生のときにピアノを習っていたので、ピアニストになっていたと思います」と答えて会場を湧かせた。これで気を良くしたのか、福岡で必ず食べるものを「ラーメン。2日に1回は行ってます」と言い、自転車で行くのか問われると「すり足で行きます」と爆笑を誘うなど絶“口”調だった[17]
  • 普段はあまり食べないが、2016年夏巡業中はかき氷で涼を取った。同巡業中、日刊スポーツの記事に使用する絵としてかき氷の絵を書き、大翔丸は描いたかき氷にかかっているシロップについて「レモン味です。酸っぱいのが大好きで、何を食べるのにもレモンを搾ります」と話していた[2]

主な成績[編集]

2017年11月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:149勝132敗(23場所)
  • 幕内成績:78勝87敗(11場所)
  • 十両成績:34勝26敗(4場所)

各段優勝[編集]

  • 幕下優勝:1回(2015年7月場所)

場所別成績[編集]

大翔丸 翔伍
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2014年
(平成26年)
x 幕下付出 #15
5–2 
西 幕下 #8
4–3 
東 幕下 #6
4–3 
東 幕下 #4
3–4 
東 幕下 #7
3–4 
2015年
(平成27年)
東 幕下 #12
6–1 
西 幕下 #1
5–2 
西 十両 #12
6–9 
東 幕下 #2
優勝
7–0
西 十両 #8
6–9 
東 十両 #12
12–3 
2016年
(平成28年)
東 十両 #5
10–5 
東 前頭 #14
8–7 
東 前頭 #13
9–6 
西 前頭 #7
7–8 
東 前頭 #8
4–11 
東 前頭 #12
7–8 
2017年
(平成29年)
西 前頭 #12
7–8 
西 前頭 #13
7–8 
西 前頭 #13
8–7 
西 前頭 #11
7–8 
東 前頭 #12
10–5 
東 前頭 #7
4–11 
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 川端 翔伍(かわばた しょうご)2014年3月場所 - 2015年3月場所
  • 大翔丸 翔伍(だいしょうまる -)2015年5月場所 -

脚注[編集]

  1. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2014年5月号別冊付録 『平成26年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑』 11頁
  2. ^ a b 夏の絵日記2016 8月11日 大翔丸 日刊スポーツ(日刊スポーツ新聞社)(2017年8月23日閲覧)
  3. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年3月号(春場所展望号) 98頁
  4. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2014年4月号増刊 『角界の超新星・遠藤聖大』 31頁
  5. ^ 川端が初優勝 石川県相撲選手権 北國新聞 2009年10月19日(2014年5月19日閲覧)
  6. ^ 遠藤の後輩、川端が初のアマ横綱に デイリースポーツ 2013年12月9日(2014年5月19日閲覧)
  7. ^ 遠藤に“追い風”!アマ横綱の川端と“共闘”で金星奪う!! SANSPO.COM 2014年2月26日(2014年5月19日閲覧)
  8. ^ 川端デビュー戦圧勝「まだまだこれから」 日刊スポーツ 2014年3月9日(2014年5月19日閲覧)
  9. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2014年4月号(春場所総決算号) 81頁
  10. ^ アマ横綱川端が初黒星「切り替えて次」 日刊スポーツ 2014年3月13日(2014年5月19日閲覧)
  11. ^ ちなみに、5勝2敗の星の並び方は、奇しくも遠藤の初土俵場所と全く同じである
  12. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2014年4月号(春場所総決算号) 109頁
  13. ^ 大翔丸と錦木、新十両に昇進 大相撲夏場所番付会議 日本経済新聞 2015年3月25日(2015年3月25日閲覧)
  14. ^ 『大相撲ジャーナル』2015年6月号80頁
  15. ^ 元十両大翔丸が幕下優勝 デイリースポーツonline 2015年7月24日(2015年7月26日閲覧)
  16. ^ “無気力相撲”で大翔丸を注意へ 栃ノ心戦土俵際で棒立ち Sponichi Annex 2016年9月19日 05:30
  17. ^ 遠藤ウケた!大翔丸はラーメン店にすり足で移動? 日刊スポーツ 2015年11月1日20時20分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]