稽古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

稽古(けいこ)とは、広く芸道に共通して使われる、主に練習を指す言葉である。

由来[編集]

書経』尚書/堯典[1]等中国古典籍にあることばである[2]。 日本では『古事記太安万侶序文末に「稽古」がありその意味は、古(いにしへ)を稽(かむがへ)ることである。同文の「照今」(今に照らす)とあわせ、「稽古照今」という熟語としても使用される。 日本武術などの形練習においては過去の達人であった先人の遣った理想的な形に近づべく修練することである。

武道芸能に限らず、親方師匠が教えることを、稽古をつけるという。また、単に学んだことを練習することも稽古という。お稽古ごとというと、伝統芸能に限らずピアノ教室なども含まれる。どれにおいても、稽古を積み研鑚を重ねることによって実力をつけていく。 リハーサルは、通し稽古の意味でも使われるが、こちらは芸道に限らず稽古とは言わない場合にも使われる。

大相撲における稽古[編集]

四股踏み、股割り等は該当項目を参照。

申し合い[編集]

大相撲において最も一般的に行なわれる稽古で2人が土俵の中で勝負して決着がつくと負けた力士は土俵から出て周囲で見ていた力士達が次は自分だと手を挙げる。勝った力士はその中から1名を指名して次の相手にする。いわゆる勝ち抜き戦。勝てばその分だけ稽古の番数が増える。負けた力士については以下の見取稽古を参照。

三番稽古[編集]

2人だけで続ける稽古。三番という名前だが回数は特に決まっていないので、当人と稽古場が許せば何十回と繰り返しても構わない。特定の相手への対策等で行なわれる。また特に親交の深い力士同士でも行なわれる。

ぶつかり稽古[編集]

通常は最後に行なわれる稽古。受け側が土俵中央付近で構え相手はそこに向かって当たって突進する。受け側は俵に足が掛かるところで押し返し相手が押し切れないと突き落とし等で転がすのが一般的だが稀に受け側が突進することもあるという。土俵際での詰めを磨く稽古。受け側があまり簡単に土俵を割ったり押す側がいつまでも押し切れずに転がされてばかりだと充分な稽古になりにくい。多くの場合上位力士が受け側に立つが、横綱大関の場合、特定の力士がぶつかりの相手をつとめることが多い(北の富士勝昭に対する高見山大五郎北の湖敏満に対する金城興福など)。また相撲部屋によっては親方がまわしを締めて受け側を務めることもある(若ノ花に対する花籠親方、元大ノ海等)。

見取稽古[編集]

土俵には2人しか上がれないのでそれ以外の力士は土俵を囲んで稽古を見ていることになる。他人の稽古を見てその良し悪しを自分で分析することも稽古になると言う意味でこの言葉が存在する。申し合いで負けて土俵の外に出た力士や、なかなか順番が廻らない力士はこれをいかに行なうかが重要になる。

土俵には2人しかあがれないという点の対策として、元横綱照國の伊勢ヶ浜は伊勢ヶ浜部屋に土俵を二面作り話題になったが、「見るのも稽古のうち」という見解も強く、主流にはならなかった。

山稽古[編集]

稽古土俵が不足している等のことから稽古場以外で行なう稽古。山という名前だが場所にこれといった決まりはない。昔は巡業等でもよく見られたが最近は環境の変化などにより減っているという。

演劇における稽古[編集]

演劇歌舞伎などの芸能から派生した由縁からか、師弟関係とは言えない現代演劇でも、そのまま「稽古」と言われる。

読み合わせ[編集]

稽古の最初の段階。俳優台本を持ち台詞を声にして読んでいく、動作を伴わない台詞だけの稽古。ここで演出家の意見などを聞き、役作りを深めていく。

半立ち稽古[編集]

読み合わせと立ち稽古の中間的段階の稽古。俳優に完全に台詞が入っていない段階で、台本を手にして大体の動きを追いながら、読み合わせを行なう稽古。再演作品などの場合、ここからはじめることもある。

立ち稽古[編集]

演技などの動作を加えていく稽古のこと。本物もしくは代用品を使って大道具小道具などを模して感覚をつかんでいく。

小返し[編集]

演劇などの稽古の途中で具合の悪いところを、その小部分だけ繰り返して稽古すること。単に「返し」と言う事もある。

抜き稽古[編集]

演出家の要望によって、重点的に稽古をする必要のある部分を抜き出して行う稽古のこと。また、出演者の不在などの都合によって、出来る部分のみを行う稽古。

総稽古[編集]

稽古場で行う最後の段階で、舞台稽古の前の段階。音楽なども入れて総合的に行われる。実際的には、音楽などは順次入れて稽古をしているが、全セクション挙げて稽古場で気持ちを切り替えて臨むので、区別して言われる時がある。

舞台稽古[編集]

実際に舞台で行う稽古。様々な制約から稽古場ではできなかった事も含めて行う。ゲネプロやドレス・リハーサルの事を指す時もあるが、単に舞台を使って行う稽古をさすだけの事が多い。スケジュールに余裕が無いと、場当たりに終始してしまいがち。

転換稽古[編集]

舞台転換の為の稽古。暗転の時間が思惑より長い時などに、稽古することによって錬度を上げムダを無くし時間内に収まるようにしたり、転換時に起こり得る問題を未然に防ぐ為の稽古だったりする。

場当たり稽古[編集]

通称:場当たり。舞台に本番と同じように大道具などを飾り、立ち位置や出入りの段取り合わせをすること。ダブルキャスト(もしくはそれ以上)で公演を行っている時などには、交替のときに要所要所でのキッカケを合わせる為に行われる。キッカケを合わせる為のものを特に「キッカケ合わせ」ともいう。

ドレス・リハーサル[編集]

衣裳も完全に本番と同じにして行うリハーサルのこと。オペラクラシックなどではゲネプロと同義として使われる。演劇ではあまり使わない。特に、稽古場から衣裳までつけて稽古をしているカンパニーにおいては、これを区分する意味合いは薄い。

乱取り稽古[編集]

乱取りを参照。

ゲネプロ[編集]

ゲネプロを参照。

[編集]

  1. ^ Wikisource reference 孔子. 尚書/堯典. - ウィキソース. 
  2. ^ 南谷直利、北野与一 「稽古」及び「練習」の語誌的研究 北陸大学 紀要, 2002