2017年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2016年の相撲-2017年の相撲-2018年の相撲

2017年の相撲(2017ねんのすもう)では、2017年平成29年)の相撲関連の出来事についてまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

  • 8日 - 【大相撲】日本相撲協会は1月場所の新弟子検査の合格者8名を発表した[1]
  • 12日 - 【大相撲】朝日山部屋二所ノ関一門から伊勢ヶ濱一門へ移籍した[2]
  • 13日 - 【大相撲】1月場所6日目で荒鷲が横綱鶴竜から初金星を獲得。初土俵から85場所での初金星獲得は、外国出身者としては史上最スロー記録[3]
  • 14日
    • 【大相撲】1月場所7日目から横綱日馬富士が、右足の負傷のため途中休場。日馬富士の休場は横綱昇進以降では5回目[4]
    • 【大相撲】1月場所7日目で横綱白鵬の横綱としての出場回数が819回となり、北の湖の記録を抜いて歴代単独1位となる[5]
  • 16日 - 【大相撲】春日山親方(元幕内・濱錦)が日本相撲協会を退職[6]
  • 18日 - 【大相撲】1月場所11日目、前日までに5敗を喫していた横綱鶴竜が、2日目の松鳳山戦で左肩と首を痛め、頸椎の筋損傷と左肩鎖関節の脱臼で全治約1か月と診断されたとしてこの日から休場。鶴竜の休場は2016年名古屋場所以来3場所ぶり、2横綱同時休場となるのは2015年秋場所以来8場所ぶり[7]
  • 19日 - 【大相撲】1月場所12日目、角番の大関琴奨菊が関脇玉鷲に敗れ4勝8敗となり、2場所連続の負け越し、大関在位史上10位タイの32場所で関脇への降格が決定。大関からの降格は、2013年九州場所の琴欧洲以来16人(19例)目[8]
  • 21日 - 【大相撲】1月場所14日目、大関稀勢の里逸ノ城を破り13勝1敗、唯一2敗だった横綱白鵬が貴ノ岩に敗れ11勝3敗となったため、稀勢の里の幕内最高優勝が決定。稀勢の里は初優勝で、大関在位31場所での初優勝は昭和以降では最も遅い。一方横綱白鵬は、横綱昇進後初めて4場所連続で優勝を逃した[9]
  • 23日 - 【大相撲】横綱審議委員会が両国国技館にて開催され、日本相撲協会からの諮問を受け『1月場所で優勝した大関稀勢の里を横綱に昇進させる』件について審議した結果、満場一致で『稀勢の里の横綱昇進を推挙する』ことを決めた[10]
  • 25日
    • 【大相撲】日本相撲協会は3月場所番付編成会議並びに臨時理事会を開催し、横綱審議委員会の答申を踏まえて大関稀勢の里を横綱に昇進させることを承認、これにより第72代横綱稀勢の里が誕生した。日本出身の横綱誕生は19年ぶり[11]
    • 【大相撲】3月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進3名(うち再十両2名)と引退力士16名を発表。うち石橋広暉改め朝乃山英樹の新十両昇進により、1月場所で部屋開設以来の関取在籍記録が途切れた高砂部屋に1場所で関取が復活[12]
    • 【大相撲】元十両飛翔富士が引退[13]
  • 26日 - 【大相撲】日本相撲協会は定例理事会を開き、追手風部屋付き年寄の中川(元幕内:旭里憲治)が独立し、中川部屋を興すことを承認[14]。中川部屋は2016年10月に閉鎖し、追手風部屋に移籍していた旧春日山部屋所属の力士らを再び転属させる形での発足[14]
  • 28日 - 【大相撲】荒磯親方(元幕内玉飛鳥)の断髪式が国技館で行われた[15]

2月[編集]

  • 27日 - 【大相撲】日本相撲協会が3月場所の番付を発表した[16]

3月[編集]

  • 12日 - 【大相撲】日本相撲協会は3月場所の新弟子検査の合格者56名を発表した[17]
  • 16日 - 【大相撲】3月場所5日目から横綱白鵬が、右足の負傷のため途中休場。白鵬の休場は横綱昇進以降では3回目[18]。この影響で既に発表されていた6日目の取組も割り返しが行われ、6番が変更になった[19]
  • 21日 - 【大相撲】3月場所10日目を終えて横綱稀勢の里と関脇髙安が全勝を守ったことで、史上初となる、同部屋力士2人だけが初日から10連勝という状況になった[20]
  • 25日 - 【大相撲】3月場所で10勝を挙げれば大関へ復帰できる関脇琴奨菊が、14日目の取組に敗れて6敗となり、場所後の大関復帰はならなかった[21]
  • 26日 - 【大相撲】3月場所・千秋楽において、2敗の新横綱・稀勢の里が1敗の大関・照ノ富士との直接対決で勝利し、優勝決定戦に持ち込むと、決定戦でも照ノ富士を退け、2場所連続2回目の幕内最高優勝が決定。なお新横綱の優勝は、平成7年初場所の貴乃花以来22年ぶり[22]
  • 29日 - 【大相撲】3月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進2名(うち再十両1名)と、引退力士8名を発表した[23]
  • 30日 - 【大相撲】日本相撲協会の理事会が、バーサンスレン・トゥルボルド(錦戸部屋)と矢後太規(尾車部屋)の幕下15枚目格付出を承認した[24]

4月[編集]

5月[編集]

  • 1日 - 【大相撲】日本相撲協会が5月場所の番付を発表した[29]
  • 12日 - 【大相撲】元関脇朝赤龍高砂部屋)が現役引退並びに年寄・錦島を襲名し、高砂部屋付き親方となることを発表[30]
  • 13日 - 【大相撲】1月場所と3月場所の優勝額が、この2場所を連覇した稀勢の里へと贈られた。同一人物の大関時代の額と横綱昇進後の額が同時に贈られるのは、1962年1月場所前の大鵬以来、約55年ぶり[31]
  • 14日 - 【大相撲】日本相撲協会は5月場所の新弟子検査の合格者6名を発表した[32]
  • 17日 - 【大相撲】5月場所4日目で横綱稀勢の里が平幕の遠藤に敗れ、自身初めての金星を配給した[33]
  • 18日 - 【大相撲】5月場所5日目から横綱鶴竜が、左足の怪我のため途中休場。鶴竜の休場は2場所ぶり6回目[34]


競技結果[編集]

大相撲[編集]

本場所[編集]

一月場所(初場所)[編集]

両国国技館東京都)を会場に、初日の2017年1月8日から千秋楽の1月22日までの15日間開催された。番付発表は2016年(平成28年)12月26日

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 稀勢の里寛田子ノ浦部屋 茨城県牛久市出身)- 14勝1敗(初優勝)
三賞 殊勲賞 貴ノ岩義司貴乃花部屋 モンゴル国ウランバートル出身 - 11勝4敗(初受賞)
敢闘賞 高安晃(田子ノ浦部屋 茨城県土浦市出身) - 11勝4敗(2場所ぶり4回目)
技能賞 御嶽海久司出羽海部屋 長野県木曽郡上松町出身) - 11勝4敗(初受賞)
蒼国来栄吉荒汐部屋 中華人民共和国内モンゴル自治区出身) - 12勝3敗(初受賞)
十両優勝 大栄翔勇人追手風部屋 埼玉県朝霞市出身) - 12勝3敗
幕下優勝 石橋広暉高砂部屋 富山県富山市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 武政進之介阿武松部屋 高知県土佐清水市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 錦富士隆聖伊勢ヶ濱部屋 青森県十和田市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 若山聡(阿武松部屋 千葉県勝浦市出身) - 6勝1敗
三月場所(春場所、大阪場所)[編集]

エディオンアリーナ大阪大阪府)を会場に、初日の2017年3月12日から千秋楽の3月26日までの15日間開催された。番付発表は2月27日

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 稀勢の里寛(田子ノ浦部屋 茨城県牛久市出身)- 13勝2敗(2場所連続2回目) ※優勝決定戦勝利
三賞 殊勲賞 髙安晃(田子ノ浦部屋 茨城県土浦市出身 - 12勝3敗(14場所ぶり3回目)
敢闘賞 貴景勝光信貴乃花部屋 兵庫県芦屋市出身) - 11勝4敗(初受賞)
技能賞 該当者なし
十両優勝 豊響隆太境川部屋 山口県下関市出身) - 10勝5敗 ※優勝決定戦勝利
幕下優勝 阿炎政虎錣山部屋 埼玉県越谷市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 玉金剛拓磨片男波部屋 茨城県笠間市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 若山聡(阿武松部屋 千葉県勝浦市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 一山本大生二所ノ関部屋 北海道岩内郡岩内町出身) - 7戦全勝

巡業[編集]

春巡業[編集]

トーナメント大会[編集]

その他[編集]

昇進[編集]
断髪式[編集]


予定[編集]

大相撲[編集]

本場所[編集]

五月場所(夏場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2017年5月14日から千秋楽の5月28日までの15日間開催される。番付発表は5月1日

七月場所(名古屋場所)[編集]

愛知県体育館愛知県)を会場に、初日の2017年7月9日から千秋楽の7月23日までの15日間開催される。番付発表は6月26日

九月場所(秋場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2017年9月10日から千秋楽の9月24日までの15日間開催される。番付発表は8月28日

十一月場所(九州場所)[編集]

福岡国際センター福岡県)を会場に、初日の2017年11月12日から千秋楽の11月26日までの15日間開催される。番付発表は10月30日

巡業[編集]

夏巡業[編集]
秋巡業[編集]

その他[編集]

  • 平成30年1月場所番付発表(12月26日

アマチュア相撲[編集]

国内大会[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “山本ら8人が合格 初場所の新弟子検査”. SUNSPO.COM. (2017年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/01/08/kiji/20170108s00005000140000c.html 2017年1月17日閲覧。 
  2. ^ “朝日山親方が二所一門離脱、伊勢ケ浜一門に移籍”. 日刊スポーツ. (2017年1月12日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1764423.html 2017年1月17日閲覧。 
  3. ^ “荒鷲が鶴竜倒し初金星 外国出身では最遅記録”. 日刊スポーツ. (2017年1月13日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1764872.html 2017年1月17日閲覧。 
  4. ^ “日馬富士が右太もも裏肉離れで休場 全治1カ月”. 日刊スポーツ. (2017年1月14日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1765027.html 2017年1月17日閲覧。 
  5. ^ “白鵬、稀勢の里が7連勝、かど番琴奨菊5敗 初場所”. 日刊スポーツ. (2017年1月14日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1765272.html 2017年1月17日閲覧。 
  6. ^ “春日山親方が退職、年寄名跡証書を期限に提出できず”. 日刊スポーツ. (2017年1月16日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1765983.html 2017年1月17日閲覧。 
  7. ^ “休場の鶴竜「心身ともに弱った状態」…井筒親方”. 読売新聞. (2017年1月20日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20170118-OYT1T50103.html 2017年1月21日閲覧。 
  8. ^ “琴奨菊が大関転落、関脇へ 2場所連続の負け越し決定”. 日本経済新聞. (2017年1月19日). http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLSSXK40586_Z10C17A1000000/ 2017年1月21日閲覧。 
  9. ^ “稀勢の里が初優勝、白鵬は3敗…大相撲初場所”. 読売新聞. (2017年1月21日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20170121-OYT1T50123.html 2017年1月22日閲覧。 
  10. ^ “稀勢の里の横綱昇進が決定 横審で満場一致”. 日刊スポーツ. (2017年1月23日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1769241.html 2017年1月25日閲覧。 
  11. ^ a b “横綱稀勢の里が誕生、日本出身力士19年ぶりの昇進”. 日刊スポーツ. (2017年1月25日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1769858.html 2017年1月25日閲覧。 
  12. ^ “石橋改め朝乃山が新十両 高砂部屋1場所で関取復活”. 日刊スポーツ. (2017年1月25日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1769931.html 2017年1月25日閲覧。 
  13. ^ “元十両飛翔富士が初場所限りで現役引退”. 日刊スポーツ. (2017年1月25日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1769828.html 2017年1月25日閲覧。 
  14. ^ a b “中川親方の独立承認=相撲協会”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2017年1月26日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012600849&g=spo 2017年1月27日閲覧。 
  15. ^ a b “元幕内玉飛鳥が断髪式=大相撲”. 時事ドットコム. (2017年1月28日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012800207&g=spo 2017年1月31日閲覧。 
  16. ^ “稀勢の里は西2枚目横綱、宇良新入幕 新番付発表”. 日刊スポーツ. (2017年2月27日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1784686.html 2017年2月28日閲覧。 
  17. ^ “トゥルボルドら56人合格=大相撲新弟子検査”. 時事ドットコム. (2017年3月12日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031200272&g=spo&m=rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter 2017年3月12日閲覧。 
  18. ^ “白鵬が休場 親方「休場。太ももも腫れている」”. 日刊スポーツ. (2017年3月16日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1793022.html 2017年3月29日閲覧。 
  19. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2017年4月号(春場所総決算号) 123頁
  20. ^ “史上初!同部屋2関取のみが10連勝!稀勢の里、高安で達成!”. スポーツ報知. (2017年3月21日). http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170321-OHT1T50067.html 2017年3月29日閲覧。 
  21. ^ “琴奨菊、6敗目喫し大関復帰ならず 10勝に届かず”. 日本経済新聞. (2017年3月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK60369_V20C17A3000000/ 2017年3月29日閲覧。 
  22. ^ 稀勢の里 けが乗り越え逆転優勝 新横綱の優勝は22年ぶり NHK 2017年3月27日
  23. ^ “新十両に貴源治 大相撲夏場所”. 朝日新聞. (2017年3月29日). http://www.asahi.com/articles/ASK3Y30N8K3YPTQP011.html 2017年3月29日閲覧。 
  24. ^ “相撲協会、トゥルボルドと矢後の幕下付け出し承認”. 日刊スポーツ. (2017年3月31日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1800236.html 2017年5月1日閲覧。 
  25. ^ “鳴戸親方の独立を承認 4月1日付で初の欧州出身師匠に”. デイリースポーツonline. (2017年3月10日). https://www.daily.co.jp/general/2017/03/10/0009986154.shtml 2017年3月11日閲覧。 
  26. ^ “元関脇朝赤龍が日本国籍取得 年寄名跡取得が可能に”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年4月21日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1811270.html 2017年4月21日閲覧。 
  27. ^ 『官報』第7004号(平成29年4月21日)1頁
  28. ^ “第50代横綱の佐田の山が死去 優勝6回、79歳”. 日刊スポーツ. (2017年5月1日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1816341.html 2017年5月1日閲覧。 
  29. ^ “稀勢の里が初の東横綱、豪栄道かど番 新番付発表”. 日刊スポーツ. (2017年5月1日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1816007.html 2017年5月1日閲覧。 
  30. ^ “元関脇朝赤龍が引退 年寄「錦島」を襲名”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年5月12日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1822308.html 2017年5月12日閲覧。 
  31. ^ “稀勢の里2枚の優勝額前に「力んでもしょうがない」”. 日刊スポーツ. (2017年5月14日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1823091.html 2017年5月18日閲覧。 
  32. ^ “矢後太規ら6人が合格 大相撲新弟子検査”. 日刊スポーツ. (2017年5月14日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1823338.html 2017年5月17日閲覧。 
  33. ^ “遠藤、稀勢の里から金星1号「ちょっと意識した」”. 日刊スポーツ. (2017年5月17日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1825063.html 2017年5月23日閲覧。 
  34. ^ “横綱鶴竜が休場 左足首に遊離軟骨 手術はせず”. 日刊スポーツ. (2017年5月18日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1825202.html 2017年5月23日閲覧。 
  35. ^ “鶴竜、日馬が伊勢神宮で奉納土俵入り 春巡業スタート…稀勢、白鵬は休場”. 産経ニュース. (2017年4月2日). http://www.sankei.com/sports/news/170402/spo1704020021-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  36. ^ “貴ノ岩が伊勢神宮の幕内トーナメントで優勝”. デイリースポーツonline. (2017年4月2日). https://www.daily.co.jp/general/2017/04/02/0010059416.shtml 2017年5月1日閲覧。 
  37. ^ “豪快な投げ技に歓声 大相撲小牧場所に4500人”. 中日新聞. (2017年4月4日). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170404/CK2017040402000042.html 2017年5月1日閲覧。 
  38. ^ “大相撲加東場所:お相撲さんが来た 1700人“満員御礼” /兵庫”. 毎日新聞. (2017年4月5日). https://mainichi.jp/articles/20170405/ddl/k28/050/507000c 2017年5月1日閲覧。 
  39. ^ “大相撲:宝塚場所 お相撲さんに興奮 3200人満員御礼 /兵庫”. 毎日新聞. (2017年4月6日). https://mainichi.jp/articles/20170406/ddl/k28/050/348000c 2017年5月1日閲覧。 
  40. ^ “大相撲巡業「姫路場所」 2年ぶり開催に観客沸く”. 神戸新聞NEXT. (2017年4月6日). https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201704/0010072746.shtml 2017年5月1日閲覧。 
  41. ^ “神奈川)わんぱく相撲に歓声 大相撲藤沢場所”. 朝日新聞. (2017年4月9日). http://www.asahi.com/articles/ASK484QJ2K48ULOB00B.html 2017年5月1日閲覧。 
  42. ^ “日馬富士「遊びじゃない」新十両朝乃山に相撲道注入”. 日刊スポーツ. (2017年4月10日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1805419.html 2017年5月1日閲覧。 
  43. ^ “苦悶の正代「光栄」三島市巡業で横綱鶴竜に胸借りる”. 日刊スポーツ. (2017年4月11日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1806096.html 2017年5月1日閲覧。 
  44. ^ “大相撲:貴景勝&阿武咲 ともに20歳、夏場所大暴れの予感(スポニチ)”. 毎日新聞. (2017年4月13日). https://mainichi.jp/articles/20170413/spn/00m/050/015000c 2017年5月1日閲覧。 
  45. ^ “大相撲川崎場所:巡業、6000人でにぎわう 「初切」に笑顔 /神奈川”. 毎日新聞. (2017年4月14日). https://mainichi.jp/articles/20170414/ddl/k14/050/123000c 2017年5月1日閲覧。 
  46. ^ “大相撲松本場所、御嶽海登場に沸く”. 中日新聞. (2017年4月15日). http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170415/CK2017041502000034.html 2017年5月1日閲覧。 
  47. ^ “群馬)大相撲春巡業・高崎場所、人気力士に声援”. 朝日新聞. (2017年4月16日). http://www.asahi.com/articles/ASK4H4TKVK4HUHNB00B.html 2017年5月1日閲覧。 
  48. ^ “高安に大きな歓声 大相撲「常陸大宮場所」 茨城”. 産経ニュース. (2017年4月17日). http://www.sankei.com/region/news/170417/rgn1704170017-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  49. ^ “白鵬と2大関が春巡業合流 靖国神社で奉納相撲”. 日本経済新聞. (2017年4月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10429_X10C17A4000000/ 2017年5月1日閲覧。 
  50. ^ “柏場所は満員御礼 初の巡業に2800人 /千葉”. 毎日新聞. (2017年4月21日). https://mainichi.jp/articles/20170421/ddl/k12/050/057000c 2017年5月1日閲覧。 
  51. ^ “茨城)稀勢の里欠場も大賑わい 大相撲水戸場所”. 朝日新聞. (2017年4月22日). http://www.asahi.com/articles/ASK4P3555K4PUJHB004.html 2017年5月1日閲覧。 
  52. ^ “東京)負けないぞ 大相撲八王子場所”. 朝日新聞. (2017年4月24日). http://www.asahi.com/articles/CMTW1704241300003.html 2017年5月1日閲覧。 
  53. ^ “町田場所 白鵬土俵入り”. 読売新聞. (2017年4月24日). http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20170425-OYTNT50149.html 2017年5月1日閲覧。 
  54. ^ “春巡業、本格稽古終了 豪栄道は申し合い再開”. 産経ニュース. (2017年4月24日). http://www.sankei.com/sports/news/170424/spo1704240018-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  55. ^ “「大相撲超会議場所」が2年ぶりに実施 遠藤「いつもと雰囲気が違っていい」”. SANSPO.COM. (2017年4月29日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170429/sum17042918500001-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  56. ^ “横綱日馬富士、超大相撲Tで優勝 春巡業完走「相撲道を見せられてうれしい」”. デイリースポーツonline. (2017年4月30日). https://www.daily.co.jp/general/2017/04/30/0010144122.shtml 2017年5月1日閲覧。 
  57. ^ 日本大相撲トーナメント公式サイト
  58. ^ “稀勢の里、北の富士氏からの激励に「ありがたい」”. 日刊スポーツ. (2017年2月11日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1777696.html 2017年2月28日閲覧。 
  59. ^ 大相撲 岐阜信長場所 ぎふチャン
  60. ^ 平成29年夏巡業 大相撲草津場所 草津市
  61. ^ 平成29年夏巡業 大相撲 豊田場所 中京テレビ
  62. ^ “先行発売にファン続々 8月の大相撲富山場所”. 北日本新聞. (2017年1月2日). http://webun.jp/item/7336737 2017年3月11日閲覧。 
  63. ^ 新生しばた~新たなる100年にむけて~平成29年夏巡業 大相撲新発田場所 NST Niigata Smile TV
  64. ^ “8月に「佐渡場所」 大相撲夏巡業 地元出身、魁渡も出場へ”. 新潟日報モア. (2017年2月23日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170223309104.html 2017年2月28日閲覧。 
  65. ^ 平成29年夏巡業 大相撲アオーレ長岡場所 NST Niigata Smile TV
  66. ^ 「大相撲はにぽん本庄場所」チケット販売について JA埼玉ひびきの
  67. ^ 大相撲日立場所 公式ホームページ
  68. ^ “8月11日に大相撲「上山場所」開催”. さくらんぼテレビ. (2017年2月27日). http://www.sakuranbo.co.jp/news/2017/02/27/post-1489.html 2017年2月28日閲覧。 
  69. ^ 大相撲仙台場所 2017 オフィシャルサイト
  70. ^ “青森で8月、大相撲夏巡業 元関脇若の里がPR”. デーリー東北. (2017年4月29日). http://www.daily-tohoku.co.jp/kiji/201704290P171602.html 2017年5月1日閲覧。 
  71. ^ “8月16日に大相撲「板柳場所」”. Web東奥. (2017年2月15日). http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20170215022500.asp 2017年2月28日閲覧。 
  72. ^ 平成二十九年 夏巡業 大相撲恵庭場所 開催のお知らせ NPO法人恵庭市体育協会
  73. ^ a b 大相撲 札幌場所・旭川場所 道新プレイガイド
  74. ^ 大相撲ODAIBA場所 フジテレビ
  75. ^ “大相撲小田原場所 - 8月に小田原アリーナで開催”. まちの情報誌ポスト. (2017年2月24日). http://www.post-ad.co.jp/post/archives/854 2017年3月11日閲覧。 
  76. ^ 平成29年夏巡業「大相撲所沢場所」開催決定!主催者が市長を表敬訪問します(4月27日) 所沢市
  77. ^ “大相撲秋巡業『大相撲八千代場所』市制施行50周年の八千代市で、10月に開催”. SankeiBiz. (2017年4月21日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/170421/prl1704211332094-n1.htm 2017年5月1日閲覧。 
  78. ^ “大相撲筑西場所 10月9日に開催 振分親方表敬 /茨城”. 毎日新聞. (2017年2月11日). http://mainichi.jp/articles/20170211/ddl/k08/050/100000c?ck=1 2017年2月28日閲覧。 
  79. ^ 大相撲長野場所 平成29年 秋巡業 テレビ信州
  80. ^ 大相撲京都場所2017
  81. ^ 平成29年度 秋巡業 大相撲 岡山場所 JA岡山西
  82. ^ “養父で大相撲但馬場所 10月、37年ぶり巡業 チケット5月に先行販売 兵庫”. 産経ニュース. (2017年3月28日). http://www.sankei.com/region/news/170328/rgn1703280048-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  83. ^ “元小結時天空の間垣親方が悪性リンパ腫で死去37歳”. 日刊スポーツ. (2017年1月31日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1772502.html 2017年1月31日閲覧。 
  84. ^ “【訃報】岩永祥紀氏=大相撲の元幕内春日富士”. 読売新聞. (2017年3月11日). http://www.yomiuri.co.jp/obit/20170311-OYT1T50074.html 2017年3月11日閲覧。 
  85. ^ “訃報:元横綱 佐田の山 79歳=元相撲協会理事長”. 毎日新聞. (2017年5月1日). https://mainichi.jp/articles/20170501/k00/00e/050/193000c 2017年5月1日閲覧。 
  86. ^ “大相撲の元三役格行司の木村玉光さん、12日に死去”. 日刊スポーツ. (2017年5月18日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1825138.html 2017年5月18日閲覧。 

外部リンク[編集]