隠岐の海歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
隠岐の海歩 Sumo pictogram.svg
09 Sep Okinoumi.JPG
基礎情報
四股名 隠岐の海 歩
本名 福岡 歩
愛称 あゆみ
生年月日 (1985-07-29) 1985年7月29日(31歳)
出身 島根県隠岐郡隠岐の島町
身長 191cm
体重 162kg
BMI 44.41
所属部屋 八角部屋
得意技 右四つ・寄り
成績
現在の番付 西関脇
最高位 西関脇
生涯戦歴 432勝386敗32休(71場所)
幕内戦歴 275勝278敗32休(39場所)
優勝 幕下優勝1回
殊勲賞1回
敢闘賞2回
データ
初土俵 2005年1月場所
入幕 2010年3月場所
備考
金星4個(日馬富士3個、鶴竜1個)
2016年11月27日現在

隠岐の海 歩(おきのうみ あゆみ、1985年7月29日 - )は、島根県隠岐郡隠岐の島町出身で八角部屋所属の現役大相撲力士身長191cm、体重162kg、血液型はO型。島根県立隠岐水産高等学校出身。本名は福岡歩(ふくおか あゆみ)、愛称はあゆみ。最高位は、西関脇2015年3月場所・2016年11月場所)。

来歴[編集]

入門まで[編集]

島根県隠岐郡西郷町(現・隠岐の島町)で生まれる。出身の隠岐島には、神社の改修などの慶事があれば夕方から翌日の昼まで相撲を取り続ける「古典相撲」の風習があり、本人もそれに親しみ4歳から廻しをつけていた。本格的に相撲を始めたのは西郷小学校4年生からで、兄や周囲の友達が始めた影響で中学3年まで近くの相撲クラブに通った。地域の相撲クラブに通って稽古で鍛えた結果、全国大会にも小学校4年生から小学校6年生まで出場するなど結果を残した。しかし相撲にそれほど興味もなく「正直、行くのが嫌で嫌で仕方なかった」そうだったが、稽古が終わった後に一緒に食べる食事などが楽しかったと後に当時を語っている[1]

西郷中学校でも相撲を続け、3年生の時には全国中学校体育大会に出場した。進学した隠岐水産高校では3年連続でインターハイにも出場し、ベスト32の実績を持っている。しかし、後に同期生となる豪栄道(埼玉栄)と栃煌山(高知・明徳義塾)が高校横綱を始めとして数々のタイトルを手にしたことに比べて実績に劣っていたことから力士になりたいという憧れはなく、代わりに船を操舵する航海士を目指し、実習船に乗りハワイへ航海に出た[1]。同じく高校在学中に3級海技士の筆記試験に合格、同校卒業後は2年間の専攻コースに進学し再び実習船に乗り、3ヶ月ほど航海をしたが集団生活になじめなかったことで今後航海士としてやっていけるか心配になり、同年11月に高校の専攻コースを中退した。

将来に漠然とした不安を感じていたとき、高校相撲部の顧問から電話がかかってきた。八角親方(元横綱北勝海)とその知人が高校相撲部の後輩の竹谷(現・隠岐の富士)をスカウトしに島を訪れるので、食事会に一緒に来ないかという。「旅行感覚だった」という八角に「軽い気持ちで」参加した隠岐の海であったが、親方の知人に熱心に勧誘され「ここで終わる人間じゃない。やっぱり夢を見たい」とその気になった。父も後押ししてくれたことで1週間で八角部屋への入門を決断し、新弟子検査の2日前に上京した[2]。ちなみに八角親方の現役時代は全く知らず、師匠に出会っていなければ力士になっていなかったという。2005年1月場所に初土俵を踏んだ同期には、豪栄道豊響栃煌山、同部屋の朱雀らがいる。

新十両へ[編集]

2008年11月場所で、西幕下筆頭で十両昇進の目安である5勝を挙げるも十両下位に大きく負け越した力士が少なく、十両昇進は見送られた。幕下筆頭で5勝を挙げながら十両昇進を見送られたのは1966年9月場所の代官山(東幕下筆頭)以来42年ぶり。

2009年1月場所では、東幕下筆頭で登場し、7戦全勝で幕下優勝を果たし、場所後の番付編成会議において十両昇進が決定。同時に、四股名を本名の「福岡」から「隠岐の海」と改めた。島根県出身の関取は、忍の山春日野部屋1976年11月場所十両最終在位)以来33年ぶり、戦後6人目。また隠岐島出身の新十両は1958年9月場所の隠岐ノ島時津風部屋1960年3月場所まで十両に在位)以来、51年ぶり2人目。2009年3月2日に発表された3月場所番付で東十両7枚目と発表された。新十両が7枚目となるのは、2001年1月場所の朝青龍以来の高番付である。

新十両で迎えた3月場所は初日に清瀬海の変化で敗れた時に右肩を負傷、これが大きく響き、4勝11敗という十両デビューとなった。翌5月場所も5勝10敗に終わり、十両2場所で一度も勝ち越すことなく幕下へ陥落となった。幕下陥落にあたり、再び四股名を本名の「福岡」に戻した。その7月場所は4勝3敗と勝ち越し、1場所で十両復帰を決め、四股名を再び「隠岐の海」に戻した。十両復帰の9月場所は、12日目に十文字を寄り切りで破り、十両初の勝ち越しを決め、最終的に優勝次点となる10勝5敗の好成績を収めた。

新入幕へ[編集]

2010年3月場所の番付編成会議で東前頭12枚目と発表され、新入幕が決まった。島根県出身の関取では、1922年春場所(当時1月場所)で新入幕を果たした若常陸太刀ノ海以来88年ぶり。また隠岐の島出身力士としては初めての幕内力士の誕生である[3]。その3月場所の初日、新入幕となってから初めて幕内の土俵に立ち、時天空との初顔合わせでは、肩透かしで敗れた。3日目、玉乃島に寄り切りで勝ち、入幕後初白星を飾った。中盤まで負けが先行していたが終盤3連勝し、千秋楽で8勝7敗と勝ち越しを決めた。

2010年6月23日大相撲野球賭博問題日本相撲協会の調査に自己申告した力士29人の中に、隠岐の海も含まれていると報じられた[4]6月28日に開かれた日本相撲協会の臨時理事会で野球賭博に関与した隠岐の海らを謹慎処分にすることを決めた。

幕内定着へ[編集]

2011年1月場所は、5日目から9連勝と好調で13日目まで優勝争いに加わり、11勝4敗の好成績で敢闘賞を初受賞した。5月技量審査場所は、大関魁皇(現浅香山親方)との初顔の一番で勝利している(魁皇は翌場所引退したため土俵上ではこの1戦のみ。翌場所も割が組まれたが不戦勝)。9月場所は、西前頭筆頭で8勝7敗と勝ち越し、三役昇進の可能性もあったが番付編成会議で東前頭筆頭と発表され、昇進はならなかった[5]

2012年5月場所は、千秋楽まで10勝4敗と好成績であり、横綱白鵬ら5人と優勝を争っていた。千秋楽に敗れて10勝5敗に終わり優勝を逃した。9月場所は、自身最速となる9日目で勝ち越しを決め、最終的に11勝4敗の好成績を挙げた。11月場所は、2日目に新横綱の日馬富士から自身初の金星を獲得し、同時に幕内100勝を達成した。しかし8日目の豪栄道戦で負傷し、10日目から左第三趾骨折により休場することとなった[6]。休場は2010年7月場所以来2度目で、負傷による休場は初めて。

2013年3月場所は、12日目まで2敗で全勝の白鵬を追っていたが13日目に敗れ、優勝争いから脱落(白鵬は優勝を決めた)。しかし、千秋楽の妙義龍戦に勝ち、11勝4敗の好成績で2回目の敢闘賞を受賞した。5月場所で新三役(西小結)に昇進した。島根県からの新三役は、1892年6月場所の谷ノ音以来、約121年ぶりのことである。重症の痛風(詳細は後述)を治療する中で迎えたこの場所[7] 7日目に琴欧洲から三役で初白星を挙げたが、4勝11敗と大きく負け越した。9月場所は、7勝7敗で千秋楽を迎えたが対戦相手の安美錦が休場で不戦勝となり、8勝7敗と勝ち越しを決めた。場所後の10月16日には年寄名跡『君ヶ濱』を前君ケ浜親方(元関脇北瀬海)から取得した[8]。11月場所は、2013年5月場所以来3場所ぶりに三役復帰(西小結)した。その場所は7勝8敗と負け越した。

2014年7月場所は、13日目に左脚を痛め、14日目から左膝屈筋腱損傷により休場することとなった。休場は、2011年11月場所以来3度目。最終的に6勝8敗1休の成績で終えた。9月場所は、2日目から6連勝するなど星を伸ばし、10日目に1年ぶりの勝ち越しを決め、12日目には2013年3月場所以来の二桁10勝目を上げた。

2015年3月場所には、新関脇に昇進。島根県からの新関脇は、1894年5月場所の谷ノ音以来121年ぶりのことである[9]。この場所は、初日から3連敗。4日目の朝の稽古で左脚を痛め、同日から左腓腹筋内側頭損傷、筋肉内血腫により休場することとなった。休場は、2014年7月場所以来4度目[10]。新関脇の白星なしは15日制においては1971年1月場所の福の花以来2例目[11]。7月場所は、序盤から好調をキープし、2013年3月場所以来となる11勝を挙げた。9月場所は、初日に白鵬に初めて勝利。7日目に豪栄道、9日目に稀勢の里の両大関を破ったが、最終的に6勝9敗と負け越した。11月場所では、初日から8連敗のあと5連勝したが最終的に5勝10敗の成績で終えた。

2016年3月場所は、7敗目を喫してから6連勝で勝ち越しを決めた。11日目には通算400勝を達成した。返り三役で西小結として迎えた5月場所は、7日目までに6敗を喫し、9日目に横綱日馬富士を破るなど見せ場は作ったが、最終的には6勝9敗で三役陥落となった。7月場所は、1横綱1大関を破るなど健闘し[12][13]、千秋楽に勝ち越しを決めた。9月場所は、初日から2横綱2大関を破り4連勝[14]。平幕力士が初日から大関以上に4連勝するのは昭和以降初めて[15]。2日連続の金星獲得は、2015年9月場所の嘉風以来、戦後18人目。4日目の照ノ富士戦で決めた逆とったりは、2010年11月場所11日目に魁皇(現浅香山親方)が日馬富士に決めて以来6年ぶりの決まり手だった[16]。5日目も勝ち、6日目に琴奨菊を破り、6連勝としたが[17]、7日目から13日目まで1勝6敗と乱調、14日目に今場所2度目の逆とったりで白星を挙げ、勝ち越しを決めた。1場所に2度逆とったりで勝利したのは幕内では初となる[18]。2横綱を破ったことが評価され、自身初となる殊勲賞を獲得[19]。本人は、「横綱を倒して勝ち越さないといけない。なかなかできないことだから、うれしい」とコメントを残し、翌11月場所に関脇に復帰することに関して「しっかりやることをやらないと。心の稽古も大事です」と話した[20]。2015年3月場所以来の関脇復帰となった11月場所は、序盤から調子が上がらず黒星が先行し、中日に綱取りを狙う豪栄道に勝利したが、最終的に5勝10敗の成績に終わった。

合い口[編集]

いずれも2016年11月場所現在。
  • 横綱・白鵬には1勝17敗。2015年7月場所まで12戦全敗だったが、9月場所で初白星を挙げた。
  • 横綱・日馬富士には6勝12敗。2012年11月場所では日馬富士の連勝記録を32で止める初金星を挙げた。2016年5月場所から9月場所まで3連勝した。
  • 横綱・鶴竜には5勝12敗。鶴竜の横綱昇進後は1勝4敗。直近では2016年9月場所で勝利した。
  • 大関・琴奨菊には6勝12敗。直近では2016年9月場所で勝利した。
  • 大関・稀勢の里には3勝16敗。2013年7月場所まで9戦全敗だったが、9月場所で初白星を挙げた。直近では2016年9月場所で勝利した。
  • 大関・豪栄道には6勝15敗。豪栄道の大関昇進後は3勝5敗。
  • 大関・照ノ富士には3勝7敗。5連敗だったが2016年3月場所で初白星を挙げた。直近では2016年9月場所で勝利した。
  • 元大関・琴欧洲には7勝3敗と相性が良く、3連勝が2度あった。
  • 元大関・把瑠都には1勝5敗だった。把瑠都の大関昇進後に初白星を挙げた。
  • 横綱・大関以外では、北太樹に9勝3敗、佐田の海に6勝1敗、琴勇輝に7勝0敗と比較的相性が良いが、宝富士に4勝7敗、高安には3勝10敗と苦手にしている。
  • その他、15回以上対戦した力士の中では、栃煌山に10勝9敗、玉鷲と豊響に9勝6敗、碧山と豪風に9勝7敗と勝ち越しているが、豊ノ島には7勝10敗と負け越している。

取り口[編集]

  • 長身に胴長短足、深い懐を活かした右四つ・寄りが持ち味[21][22]。後述の通りお世辞にも稽古熱心とは言い難いが、体の柔らかさもあって隠岐の海の右四つの相撲は幕内上位に通用する。しかし良くも悪くも右四つ一辺倒であり、2016年11月場所前の座談会では中立から「技術的には左四つに組んでからの攻めはないし、二本差しもそんなにうまい感じはしない」と評されており、これに対して同じ座談会に出席していた鳴戸は「浅いですよね。だから外から上手を取られてしまう」と評された。中立はまた「左四つになったら安心するのか、そのまま構えてしまうことが多い」と批判しており、西岩も「確かに自分から引き付けて寄っていったりとか、前に攻めながら投げを打つとことがないですね」と返していた。それでも鳴戸は「ただ、相手が上手を引いたら体をそっちに寄せるのは上手いですね」とフォローしていた。

人物・評価[編集]

  • 2009年の大相撲界を総括するNHK総合テレビ『大相撲・とことん言います!2009』の番組で、パネラーのデーモン閣下から期待の若手力士として挙げられた。端正な顔立ちから一部からは「イケメン力士」と言われている。また、NHK専属相撲解説者北の富士勝昭舞の海秀平も期待の若手力士として挙げ「顔つきに色気がある」「華がある」などと評価している。
  • 筋金入りの稽古嫌いであり、解説者の北の富士勝昭は、「師匠が行ってきた稽古の3分の1で横綱になれる大器」などと話しており[23]、「いろんな弟子を見たけど、あんな稽古をやらない奴は見たことない」と嘆いたこともある[24]。2016年の文献では「大関なんか、やる気になったら1年ですよ」「あれを大関にできなかったら、八角親方、あんたの責任だよって、僕は言ってるんです」と改めてその才能を評価していた[25]。新三役会見の席では師匠や記者の前で稽古嫌いを自認しており、本人曰く「稽古、大っ嫌いですもん。実りのある稽古ならいいけど、やらされているような稽古はやりたくない。」とのことである[26]。ある時本人は「強くなったら、何かいいことありますかねえ」と言い放ったこともある[24]。真面目に稽古することもたまにあったが、少し激しい稽古をするとすぐ故障するため、北の富士に「長距離トラックの運転手みたいだ。1日走っちゃ休み、1日走っちゃ……」と揶揄された。[25]ところが2015年3月場所に隠岐の海が新関脇となった際に八角は「よく稽古が足りないと言われるが、努力したからこそ、今の番付があると思う。私に比べてしていないというだけで、言い過ぎた部分もある。稽古は休まないですし。私にとっては不十分だが…」と、物足りなさを指摘しつつも、ほめていた[27]。2016年3月場所前の座談会では振分が「出稽古で見ているんですけど、なんか普通すぎるんですよ。普通というのは飄々としているというか、マイペースなんですよね。誰かが出稽古に来ても稽古を休むことがある」と話しており、同時に「若い衆にはよく胸を出すんだけど、だから自分にガツガツしたところがない」と証言している。[28]
  • 稽古嫌いである一方、高校時代は航海士を目指し10種の資格を取得した努力家という一面もある。同部屋の兄弟子である大岩戸とは同じ水産高校出身者として、船を操縦する免許や資格の話で盛り上がったこともある[29]
  • 幕内で10場所、千秋楽を7勝7敗で迎えており、そのうち、8場所勝ち越している。2013年9月場所は、不戦勝で勝ち越しを決めている。
  • 綱取りキラー。綱取りがかかった力士に5度勝っている。始まりは2011年9月場所、日馬富士の綱取り場所(日馬富士は綱取りに失敗、のちに横綱昇進)。2度目は2014年3月場所、鶴竜の綱取り場所(鶴竜は場所後に横綱昇進)。3度目は2016年3月場所、琴奨菊の綱取り場所(琴奨菊は綱取りに失敗)。4度目は2016年9月場所、稀勢の里の綱取り場所(稀勢の里は綱取りに失敗)。5度目は2016年11月場所、豪栄道の綱取り場所(豪栄道は綱取りに失敗)。
  • 関取昇進以降、青系の締め込みで本場所の土俵に上がることが多かったが、2012年7月場所では9日目から茶色の廻しで取組を行った。サガリがすべて切れてしまったためだという[30]。2016年からは深緑色の締め込みを着けている。
  • 2020年東京オリンピックの招致ビデオ「Is Japan Cool? 2020 Tokyo」に出演している[31]
  • 寿司好きであり、1週間連続で同じ店に通ったことがある。だがしかし寿司の食べ過ぎが原因となり一時期は尿酸値8.6を記録し、ビール1杯飲むと症状が忽ち現れるほどの痛風に襲われてしまった。2013年5月場所前には1日2回の痛み止めや尿酸値を抑える治療薬を服用し、寿司も絶つなど治療に努めた[7]
  • 以前は筋トレやプロテインと並行して増量を試みたが、効果が無かったので食事一本での増量に転換した。本人はこれについて、寿司を好きなだけ食べるのも増量法の一環であるという趣旨の主張をしている[32]
  • 2014年10月28日に一般女性との婚約を発表し、29日に入籍した[33]
  • 豪風と仲が良く、場所前にはずっと尾車部屋に出稽古に出掛け、巡業中にはほとんど豪風としか話さない。豪風にはトレーニング方法などを聞くという[34]
  • 2016年9月場所初日の稀勢の里戦を控えている時にネットニュースに「(隠岐の海は稀勢の里の)カモ」と書かれているのを見た隠岐の海は奮起し、白星を挙げた。[35]

主な成績[編集]

2016年11月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:437勝386敗32休(71場所)
  • 通算勝率:.531
  • 幕内成績:275勝278敗32休(39場所)
  • 幕内勝率:.497
  • 三役成績:28勝51敗11休(6場所)
  • 三役勝率:.354
    • 関脇成績:5勝14敗11休(2場所)
    • 関脇勝率:.263
    • 小結成績:23勝37敗(4場所)
    • 小結勝率:.383
  • 十両成績:47勝43敗(6場所)

各段優勝[編集]

  • 幕下優勝:1回(2009年1月場所)

三賞・金星[編集]

  • 三賞:3回
    • 殊勲賞:1回(2016年9月場所)
    • 敢闘賞:2回(2011年1月場所、2013年3月場所)
  • 金星:4個(日馬富士3個、鶴竜1個)

場所別成績[編集]

隠岐の海歩
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2005年
(平成17年)
(前相撲) 西 序ノ口 #33
4–3
 
東 序二段 #112
6–1
 
東 序二段 #30
5–2
 
東 三段目 #95
4–3
 
西 三段目 #77
6–1
 
2006年
(平成18年)
西 三段目 #21
5–2
 
東 幕下 #58
4–3
 
西 幕下 #48
5–2
 
東 幕下 #29
2–5
 
西 幕下 #48
5–2
 
西 幕下 #33
5–2
 
2007年
(平成19年)
東 幕下 #21
4–3
 
東 幕下 #16
3–4
 
東 幕下 #24
3–4
 
西 幕下 #32
2–5
 
西 幕下 #47
5–2
 
西 幕下 #31
5–2
 
2008年
(平成20年)
東 幕下 #19
2–5
 
西 幕下 #33
5–2
 
東 幕下 #18
5–2
 
西 幕下 #9
4–3
 
西 幕下 #7
5–2
 
西 幕下 #1
5–2
 
2009年
(平成21年)
東 幕下 #1
優勝
7–0
東 十両 #7
4–11
 
東 十両 #13
5–10
 
東 幕下 #4
4–3
 
西 十両 #14
10–5
 
西 十両 #5
8–7
 
2010年
(平成22年)
東 十両 #2
10–5
 
東 前頭 #12
8–7
 
西 前頭 #10
5–10
 
西 前頭 #14
出場停止[36]
0–0–15
東 十両 #8
10–5
 
西 前頭 #16
8–7
 
2011年
(平成23年)
東 前頭 #13
11–4
八百長問題
により中止
東 前頭 #4
7–8
 
東 前頭 #4
8–7
 
西 前頭 #1
8–7
 
東 前頭 #1
7–8
 
2012年
(平成24年)
東 前頭 #2
4–11
 
東 前頭 #9
8–7
 
東 前頭 #5
10–5
 
西 前頭 #2
4–11
 
西 前頭 #8
11–4
 
東 前頭 #1
2–8–5[37]
2013年
(平成25年)
西 前頭 #10
8–7
 
東 前頭 #7
11–4
西 小結
4–11
 
西 前頭 #6
9–6
 
東 前頭 #2
8–7
 
西 小結
7–8
 
2014年
(平成26年)
西 前頭 #1
7–8
 
東 前頭 #2
4–11
 
西 前頭 #9
6–9
 
東 前頭 #13
6–8–1[38]
 
西 前頭 #15
10–5
 
東 前頭 #7
8–7
 
2015年
(平成27年)
東 前頭 #6
9–6
 
西 関脇
0–4–11[39]
 
西 前頭 #10
9–6
 
東 前頭 #5
11–4
 
西 小結
6–9
 
西 前頭 #2
5–10
 
2016年
(平成28年)
西 前頭 #6
10–5
 
東 前頭 #2
8–7
 
西 小結
6–9
 
東 前頭 #2
8–7
東 前頭 #1
9–6
西 関脇
5–10
 
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

幕内対戦成績[編集]

2016年11月場所終了現在

力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数
碧山 9 7 朝赤龍 2 0 旭日松 1 1 安美錦 7(1) 6
阿夢露 3 0 荒鷲 1 2 阿覧 4 3 2 4
逸ノ城 1 2 遠藤 2 2 大砂嵐 3(1) 2 魁皇 2(1) 0
魁聖 5 6 鏡桜 2 1 臥牙丸 4 1 鶴竜 5 12
稀勢の里 3 16 北太樹 9 3 旭秀鵬 5 2 旭天鵬 6 8
豪栄道 5 15 光龍 3 0 琴欧洲 7 3 琴奨菊 6 12
琴勇輝 7 0 磋牙司 0 1 佐田の海 6 1 佐田の富士 4 1
常幸龍 2 1 正代 0 2 翔天狼 4 2 松鳳山 4 5
蒼国来 2 4 大栄翔 1 0 大道 2 0 貴ノ岩 4 0
高見盛 2 1 髙安 3 10 宝富士 4 7 豪風 9 7
玉乃島 2 0 玉鷲 9 6(1) 千代鳳 2(1) 1 千代大龍 4 4
千代の国 2 1 千代丸 1 1 照ノ富士 3 7 天鎧鵬 1 0
時天空 4 4 德勝龍 2 3 德瀬川 1 1 土佐豊 0 2
栃煌山 10 9(1) 栃ノ心 3 6 栃乃洋 3 0 栃乃若 4 4
豊ノ島 7 10(1) 豊響 9 6 白馬 2 0 白鵬 1 17
把瑠都 1 5 日馬富士 6 12 富士東 2 1 武州山 2 0
豊真将 1 3 誉富士 1 1 舛ノ山 2 0 御嶽海 1 1
雅山 2 2 妙義龍 8 6 猛虎浪 1 2 嘉風 9 5
若荒雄 2 4 若の里 6 2

(カッコ内は勝数、負数の中に占める不戦勝、不戦敗の数、太字は2016年11月場所終了現在、現役力士)

改名歴[編集]

  • 福岡 歩(ふくおか あゆみ)2005年1月場所 - 2009年1月場所、2009年7月場所
  • 隠岐の海 歩(おきのうみ -)2009年3月場所 - 5月場所、2009年9月場所 -

参考文献[編集]

  • 『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(著者:塩澤実信、発行元:北辰堂出版、2015年)p229-230

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 島の伝統、土俵が身近に 大相撲・隠岐の海歩(中) 日本経済新聞 2010/4/21 7:00
  2. ^ 大相撲・隠岐の海歩(下) 日本経済新聞 2010/4/21 16:02
  3. ^ 88年ぶり島根出身新入幕イケメン隠岐の海(日刊スポーツニュース)
  4. ^ 大相撲の野球賭博問題 垣添と隠岐の海も自己申告(朝日新聞社ニュース)
  5. ^ この場所の三役のうち、翌11月場所に阿覧が平幕に陥落して琴奨菊が大関に昇進した。それに対して西筆頭で8勝7敗の隠岐の海は翌場所東筆頭どまりであり、東筆頭で10勝の豊真将が西小結に昇進するに留まった。この番付編成に関しては隠岐の海も不服を感じているようであり、『相撲』2012年1月号43頁の記事では「関脇3人にすれば丸く収まるのに。」と豊真将の地位と成績の兼ね合いを理由に11月場所の番付に関脇2枚目(かつての張出制度)を設けるべきであったと主張し、新三役を逸したことを大いに悔しがった。
  6. ^ 隠岐の海が右足指骨折で休場/九州場所(日刊スポーツニュース)
  7. ^ a b 【大相撲】隠岐の海「すし禁」で打倒白鵬 うにいくら、うにいくら、ガマン 中日スポーツ2013年5月10日
  8. ^ 隠岐の海が年寄名跡取得中日スポーツ 2013年10月23日 紙面から
  9. ^ “隠岐の海、島根121年ぶり新関脇”. 日刊スポーツ. (2015年2月23日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/1438255.html 2015年2月24日閲覧。 
  10. ^ 新関脇隠岐の海 左ふくらはぎ痛め休場 ― スポニチ Sponichi Annex 相撲
  11. ^ 『大相撲ジャーナル』2015年6月号30頁
  12. ^ この場所の3日目には、隠岐の海が日馬富士、栃煌山が鶴竜を破り、金星を獲得した。同日2金星は、1999年9月場所11日目に湊富士武蔵丸琴ノ若若乃花を破って以来17年ぶりの出来事だった。
  13. ^ 17年ぶり同日2金星 隠岐の海&栃煌山が圧倒 ― スポニチ Sponichi Annex 相撲
  14. ^ 隠岐の海4連勝、平幕が初日から4連続上位食い - 大相撲 : 日刊スポーツ
  15. ^ 隠岐の海、初日から4日連続で横綱&大関撃破 平幕史上初:大相撲:中日スポーツ(CHUNICHI Web)
  16. ^ 隠岐の海、6年ぶり珍手「逆とったり」で4連勝!2横綱2大関撃破 : スポーツ報知
  17. ^ 隠岐の海 2横綱3大関を破る快挙! 豪栄道も6連勝で17日直接対決 ― スポニチ Sponichi Annex 相撲
  18. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年77ページ
  19. ^ 隠岐の海、ようやく勝ち越し 毎日新聞2016年9月24日 20時50分
  20. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年11月号7ページ
  21. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年2月号58頁
  22. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年2月号15頁
  23. ^ 朝日新聞2013年3月20日23面
  24. ^ a b 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)p15
  25. ^ a b 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)p18-19
  26. ^ 無類の稽古嫌いで努力家 新三役・隠岐の海のホンネ。 ~五月場所、マイペースな主役候補Number Web 2013/05/12 08:00
  27. ^ 隠岐の海、島根121年ぶり新関脇 nikkansports.com 2015年2月23日19時20分
  28. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年4月号62頁
  29. ^ 10資格取得の隠岐の海が白鵬追う/春場所 nikkansports.com 2013年3月20日9時39分 紙面から
  30. ^ 『相撲』 2012年8月号61頁
  31. ^ Cool Japan Tokyo for Olympics 2020
  32. ^ 隠岐の海、想定外の日馬戦も大きい自信 nikkansports.com 2013年5月11日8時23分 紙面から
  33. ^ 隠岐の海が婚約発表 29日に入籍へ/スポーツ/デイリースポーツ online
  34. ^ 『大相撲ジャーナル』2015年6月号67頁から68頁
  35. ^ 『相撲』2016年10月号61ページ
  36. ^ 2010年7月場所は大相撲野球賭博問題による謹慎休場
  37. ^ 左第三趾骨折により10日目から途中休場
  38. ^ 左膝屈筋腱損傷により14日目から途中休場
  39. ^ 左腓腹筋内側頭損傷、筋肉内血腫により4日目から途中休場

外部リンク[編集]