高見藤英希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高見藤 英希(たかみふじ ひでき、1980年5月15日 - )は、岡山県和気郡和気町(出生地は倉敷市玉島柏島)出身で東関部屋所属の元大相撲力士。本名は横山 英希(よこやま ひでき)。身長187cm、体重138kg、血液型B型、星座は牡牛座。得意技は突っ張り。最高位は東十両13枚目。2007年6月18日に引退。

来歴[編集]

東洋大学時代の2002年学生横綱を獲得して幕下付出の資格を得たが、2005年に地元で開催される晴れの国おかやま国体に出場するため卒業して直ぐの大相撲入りは断念した。しかし国体要員として岡山県和気町役場に就職した2003年実業団横綱を獲得したことでプロ入りに気持ちが傾き、国体出場を待たずして2004年3月場所に幕下15枚目格付け出しで初土俵を踏む。

2004年7月場所には西幕下2枚目まで番付を上げ、新十両の可能性もあったが、1勝6敗に終わった。その後も、新十両のチャンスは幾たびか廻ってきたが、ことごとく失敗した。しかし、2007年1月場所では東幕下2枚目で5勝2敗と勝ち越し、1月24日の番付編成会議にて十両昇進となった。岡山県出身の関取は1985年9月場所から1987年9月場所まで十両に在位していた大鷹以来19年4ヶ月ぶりとなった。その新十両の翌3月場所は負け越して、5月場所は再び幕下で相撲をとる事になったが、千秋楽で4勝3敗と勝ち越して7月場所での十両復帰を決めたが、入門当初からパチンコなどのギャンブル癖があった高見藤は、再十両昇進の給与をあてにして4社の消費者金融と後援会から数百万円とされる借金をしていた。これがギャンブル嫌いで知られる師匠の東関に知られると、口論の末に高見藤は部屋を飛び出した。後に岡山から上京した母親を挟んで再度話し合いがもたれ、東関は借金の肩代わりを申し出て慰留につとめたが、高見藤の意思は固く引退が決まり、6月18日に引退届が提出された。引退の緊急記者会見時には高見藤は部屋を去っており、師匠のみによる異例の引退発表となった。

突き押しを主体としていたが、腰高や膝の硬さから来る上突っ張りだったことから、十両では厳しく、また引きやはたきも多く、素質を生かしきれなかった。

エピソード[編集]

  • 実際は倉敷市の出身であるが、和気町出身としている。これは、佐伯町と合併する以前の旧・和気町の職員を1年で退職したため、和気町の人達に恩返しをしたいという理由のためである。また四股名の「藤」は和気町の町花に因んだものである。
  • 幼少の頃、両親が離婚し鴨方町(現・浅口市)で育っており一部の新聞では「浅口市(旧・鴨方町生まれ)」と表記されていた(NHKも当初は鴨方町の出身として扱っていたが後に和気町としている。一方、山陽新聞は和気町と表記されていたが後に倉敷市に変更された)。
  • 同姓の力士が居た為初土俵から高見藤を名乗っているが、2006年3月場所の番付には高見富士と誤記された。本場所には高見藤として出場した。ちなみに東関部屋にはかつて高見富士という力士が在籍していた。
  • 最初の十両昇進の際、母校である岡山理科大学附属高等学校を擁する加計学園より名前に因み『藤』をあしらった『藤色』の化粧廻しが贈られ、地元のニュースとなった。なお地元である和気町の後援会、および母校の東洋大学からも同様に化粧廻しが贈呈されている。

高見盛2世[編集]

  • 兄弟子の幕内力士高見盛と同様にロボットのような動きをすることから、一部スポーツ紙では高見盛2世と呼ばれていると報じられたこともあった。

主な成績[編集]

  • 通算成績:81勝66敗1休
  • 通算在位:20場所
  • 十両成績:6勝9敗(1場所)
高見藤英希
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2004年
(平成16年)
x 東幕下付出15枚目
5–2 
東幕下9枚目
4–3 
西幕下2枚目
1–6 
東幕下21枚目
4–2–1 
東幕下18枚目
3–4 
2005年
(平成17年)
東幕下24枚目
3–4 
東幕下33枚目
4–3 
東幕下27枚目
5–2 
東幕下16枚目
6–1 
西幕下6枚目
5–2 
西幕下2枚目
3–4 
2006年
(平成18年)
西幕下5枚目
4–3 
西幕下筆頭
3–4 
西幕下4枚目
3–4 
東幕下8枚目
3–4 
東幕下13枚目
5–2 
東幕下6枚目
5–2 
2007年
(平成19年)
東幕下2枚目
5–2 
東十両13枚目
6–9 
東幕下2枚目
4–3 
東十両14枚目
引退
––
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]