星取表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

星取表(ほしとりひょう)とは、の記号で試合の勝敗を示した表である。勝ちを白丸(○)、負けを黒丸(●)で表し、それぞれ、白星(しろぼし)、黒星(くろぼし)と呼ぶ。江戸時代までの日本では、丸印に見立てられていたことによる。

転じて一般にリーグ戦の勝敗表を星取表と呼ぶこともあるが、大相撲など以外の勝敗表で用いられる記号はこの限りではない。

大相撲における星取表[編集]

大相撲では、取組の勝敗を星取で表す。日本相撲協会本場所終了後星取表を作成・発行している。星取表は幕内十両力士の勝敗と対戦相手を一覧にしたものであり、これを基準に翌場所の番付が編成される。幕下以下は幕下以下成績表という簡略化されたものが作成される。1956年昭和31年)3月場所からは決まり手が掲載されるようになった。現存する最古の星取表は1761年宝暦11年)10月の冬場所のものである。

以下に星取の例とその見方を示す。

例1)
○○●○○○●●●○●○○○●

○は勝ち、●は負けを意味する。この場合9勝6敗で勝ち越しである。

例2)
●○○○●●●○●○○●ややや

やは休場。よって6勝6敗3休となる。

かつては預り無勝負も存在し、それぞれア・ムで表された。引分痛み分け(星取表ではそれぞれ×・△で表される)は現行制度でも一応存在するが、実際には引分は関取では1974年、幕下以下でも1986年を最後に出ておらず、痛み分けも1999年を最後に出ていない。

以下の例は、江戸時代の実例からとったものである。

例3)
○○×●○ア○×

4勝1敗2分1預。

例4)
○●●ア●アやム

1勝3敗2預1無勝負1休。

なお幕下以下成績表では取組の無い日(幕下以下は1場所7日間の出場)についても、休場と同じ「や」を使っている。幕下以下で、「や」を休場のみに使い、取組の無い日には「-」を使うことで区別している例も見られる。

例5)幕下以下成績表の例
○やや●や●○や○や●や○やや

ここでは「や」は取組の無い日を表す。よって4勝3敗の勝ち越しとなる。

この他に新聞などでは不戦勝を□、不戦敗を■として通常の勝ち負けと分けている。