40歳以上まで現役を続けた力士一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

40歳以上まで現役を続けた力士一覧(よんじゅっさいいじょうまでげんえきをつづけたりきしいちらん)は、現役中に満40歳の誕生日を迎えた大相撲力士の一覧である。

一覧[編集]

凡例[編集]

  • 1958年に大相撲の年6場所制が定着して以降、初土俵を踏んだ力士に限定する。
  • 誕生日時点の番付は、場所中に誕生日を迎えた場合は当場所のものを、それ以外の場合は誕生日直後の場所のものを、それぞれ記載。
  • 力士名・部屋名は誕生日時点のもの。誕生日以降に変更が生じた場合は別途補足する。
  • 太字は2017年7月場所現在の現役力士。
力士 部屋 最高位 40歳誕生日 誕生日時点の番付 40歳以降の最高位 引退場所 引退時点の年齢
牧本お/ 時津風 05025東前頭12 1981年08月13日 07068西幕下34 07054西幕下27 1982111982年11月場所 41歳03ヶ月
大潮あ/ 時津風 04001東小結 1988年01月04日 07002西幕下1 07002西幕下1 1988011988年1月場所[1] 40歳00ヶ月
一ノ矢 高砂 08011東三段目6 2000年12月28日 09069東序二段35 09035西序二段15 2007112007年11月場所 46歳11ヶ月
安芸旭 大島 09035東序二段18 2004年06月11日 10007東序ノ口4 09214西序二段107 2005052005年5月場所 40歳11ヶ月
琴冠佑 佐渡ヶ嶽 06013東十両7 2006年02月02日 07054西幕下27 07050西幕下25 2006092006年9月場所[2] 40歳07ヶ月
栃天晃 春日野 06007東十両4 2007年02月19日 07109東幕下55 07100西幕下50 2011052011年技量審査場所 44歳03ヶ月
輝面龍 高砂 07007東幕下4 2009年09月29日 08048西三段目24 07119東幕下60 2010092010年9月場所 41歳00ヶ月
華吹 立浪 08035東三段目18 2010年05月28日 09049東序二段25 08172西三段目86 300000(現役)
笠力 二所ノ関 09133東序二段67 2010年07月13日 09179東序二段90 09133東序二段67 2013012013年1月場所 42歳06ヶ月
出羽の郷 出羽海 06027東十両14 2010年11月22日 08087東三段目44 07076西幕下38 2015052015年5月場所 44歳06ヶ月
北斗龍 北の湖[3] 08105東三段目53 2011年03月16日 09207東序二段104 09099東序二段50 2017032017年3月場所 46歳00ヶ月
郡山 三保ヶ関 07004西幕下2 2011年08月08日 08138西三段目69 08068西三段目43 2013092013年9月場所 42歳01ヶ月
嵐望 貴乃花 07025東幕下13 2012年07月02日 09025東序二段13 09025東序二段13 2013052013年5月場所[4] 40歳09ヶ月
栃の山 千賀ノ浦 07004西幕下2 2013年02月24日 08065東三段目33 08039東三段目20 2013052013年5月場所[4] 40歳02ヶ月
旭天鵬 友綱 03002西関脇 2014年09月13日 05027東前頭14 05013東前頭7 2015072015年7月場所[5] 40歳10ヶ月
伊勢ノ花 伊勢ヶ浜 07045東幕下23 2015年01月03日 08166西三段目83 08128西三段目64 300001(現役)
旭光 友綱 07069東幕下35 2016年07月04日 09101東序二段51 09085東序二段43 300002(現役)
翔傑 芝田山 07008西幕下4 2016年09月05日 07059東幕下30 07059東幕下30 300003(現役)
桃智桜 式秀 09105東序二段53 2017年02月07日 10038西序ノ口19 09188西序二段94 300004(現役)
聡ノ富士 伊勢ヶ浜 07109東幕下55 2017年04月15日 08165東三段目83 08165東三段目83 300005(現役)
芳東 玉ノ井 05023東前頭12 2017年05月26日 08058西三段目29 08027東三段目14 300006(現役)
富士ノ風 尾車 07028西幕下14 2017年06月24日 09067東序二段34 09067東序二段34 300007(現役)

脚注[編集]

  1. ^ 大潮は引退後年寄・錣山を襲名。1989年9月以降は式秀に変更し、1992年3月から2013年1月3日まで式秀部屋師匠を勤めた。
  2. ^ 琴冠佑は2006年9月場所中の不祥事(本人の項目を参照)により、同場所10日目限りで引退。
  3. ^ 2016年1月場所より山響部屋所属に変更
  4. ^ a b 嵐望及び栃の山は2013年5月1日付で世話人に採用され、同日付で引退届が受理されたため、同年5月場所は番付のみ表記された。 若貴同期の嵐望引退で“黄金世代”消滅
  5. ^ 旭天鵬は引退後年寄・大島を襲名。2017年6月12日に10代友綱(元・関脇魁輝)が停年退職となって以降、11代友綱を襲名し、友綱部屋師匠となる見込みである。 元旭天鵬が友綱部屋継承へ モンゴル出身初の師匠

関連項目[編集]

1958年以前の40代現役力士[編集]