角界拳銃密輸事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

角界拳銃密輸事件(かっかいけんじゅうみつゆじけん)は1965年5月に発覚した大相撲の現役力士拳銃密輸入不法所持した事件である。

概要[編集]

1965年5月6日、草深朋明(元大関若羽黒朋明)が拳銃を不法所持し、暴力団関係者に売却した容疑で逮捕された。草深の供述に基づき立浪部屋などを捜索した結果、拳銃3丁が押収された。

5月11日、出羽海部屋に所属する九重親方(元横綱千代の山雅信)が拳銃1丁と実弾5発を持って警察に出頭。「弟子から預かった」と証言し、出羽海部屋の北の富士勝昭が拳銃を不法所持していることが判明する。捜査当局は本場所中であったことを考慮し相撲協会に調査を求めた。相撲協会による調査の結果、北の富士の他に二人の現役力士、横綱柏戸剛と横綱大鵬幸喜が拳銃を不法所持していることが判明する。

本場所終了後の5月24日に柏戸が、6月1日に大鵬がそれぞれ警察に出頭。二人はそれぞれ「拳銃は隅田川に捨てた」と証言する。両横綱の証言に基づき警察は隅田川を捜索するが拳銃は発見されなかった。

警察は九重、柏戸、大鵬、北の富士と密輸入に関与していた豊国範の5人を書類送検した。6月15日に柏戸・大鵬の両横綱が罰金3万円(現在の貨幣価値にして約15万円)の略式起訴処分を受けた。一方、相撲協会からの処分はけん責にとどまった。