技量審査場所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飲酒、並びに暴力団関係者の無断入場禁止を告知した看板

平成二十三年五月技量審査場所(へいせい23ねん5がつ ぎりょうしんさばしょ)は、『平成二十三年五月場所』の代わりとして2011年5月に行われた、日本大相撲の大会である。

概要[編集]

2011年2月ごろ発覚した八百長事件などを受けて、日本相撲協会は同年3月本場所(主会場・大阪府立体育会館)を戦後初めて中止した。相撲協会では「八百長事件の信頼回復がなされるまで、本場所の開催は見送る」とする方針を固めた。

その後八百長事件に関与した力士について、引退勧告や解雇などを行い、今後本場所を再開するにあたり、力士の番付編成のために相撲協会の技量審査を行う場として、同年5月(同・両国国技館)を「興行としての本場所」つまり『平成二十三年五月場所』とはせず、観客に無料公開した、正式名称『平成二十三年五月技量審査場所』として開催することになった。

本場所との相違[編集]

  1. 観客に対する入場料を徴収する「興行としての本場所」とはしなかった。
    但し、力士の個人記録は本場所と同じ公式記録として残し、これを参考に次回の本場所(平成二十三年七月場所)へ向けた番付編成を行う。
  2. 表彰は相撲協会が表彰する各段の優勝力士と幕内力士の三賞(殊勲賞・敢闘賞・技能賞)のみとし、天皇賜杯を含む外部からの表彰は辞退。「本場所ではない」との理由で優勝額も作成しなかった[1]。各取組に懸けられる懸賞も辞退。
  3. 通常呼出の着物に掲載される広告も全て自粛[1]
  4. 日本放送協会(NHK)による地上波テレビ・ラジオ中継(ダイジェスト含む)は実施しない(但し、今後の記録資料のための実況収録は通常通り行う)。
  5. 「興行色を薄めるため」との理由で、館内の相撲案内所(相撲茶屋)は全て営業を休止[2]。またアルコール類の販売も休止され持ち込みも禁止された[3]。これに伴い力士弁当の販売も休止されたが、通常の弁当やソフトドリンク類は販売。国技館名物の焼き鳥も当初東日本大震災の影響で販売が見送られたが、5月14日より販売を再開[4]


また2011年3月に起きた東日本大震災の影響も考慮し、通常会場前に掲げる力士幟やふれ太鼓・やぐら太鼓を自粛。代わりに「がんばろう日本」のメッセージの幟を掲げた[5]

本場所と同じ箇所[編集]

土俵入りは通常どおり行われた
  1. 大会の会期は本場所と同じ15日。
  2. 土俵入り、弓取式、幕内の顔ぶれ(行司による翌日の取組の紹介)場所前の横綱審議委員会による稽古総見(一般公開も含め)、宿祢神社例祭、土俵祭、新弟子検査は行う。
  3. 上述のとおり、力士の個人記録は本場所と同じ公式記録として残す。
  4. 優勝・三賞の賞金は通常通り支給。[6]

放送[編集]

前述のとおりNHKによる中継が一切行われない代わり、下記のネット配信により前相撲から結びの一番までの全取組が生中継された。前相撲からの完全生中継は地上波・衛星放送でも過去に例がなく史上初となる[7]

アクセス数は初日だけでも協会公式サイトで約74,000件、ニコ生で約156,000件に上り[8]、最終的な視聴者数はニコ生だけで延べ約160万人に達した[9]

番付・星取表[編集]

番付表は発表されず、〈順席〉として序列が公開された。

成績 結果 順席 西 成績 結果
白鵬 13勝2敗 優勝 横綱 (空位)
琴欧洲 3勝8敗4休 大関 魁皇 9勝6敗
把瑠都 10勝5敗 大関 日馬富士 10勝5敗
琴奨菊 10勝5敗 関脇 稀勢の里 8勝7敗
鶴竜 12勝3敗 技能賞 小結 豊ノ島 5勝10敗
豪栄道 11勝4敗 技能賞 前頭1 徳瀬川 引退
豊真将 3勝12敗 前頭2 栃煌山 4勝11敗
北太樹 3勝12敗 前頭3 安美錦 7勝8敗
隠岐の海 7勝8敗 前頭4 豪風 7勝8敗
阿覧 6勝9敗 前頭5 若の里 7勝8敗
玉鷲 7勝8敗 前頭6 栃ノ心 12勝3敗 敢闘賞
白馬 引退 前頭7 嘉風 9勝6敗
旭天鵬 8勝7敗 前頭8 翔天狼 4勝11敗
土佐豊 10勝5敗 前頭9 朝赤龍 7勝8敗
春日王 引退 前頭10 若荒雄 8勝7敗
光龍 引退 前頭11 栃乃若 7勝8敗
猛虎浪 引退 前頭12 豊響 7勝8敗
琴春日 引退 前頭13 時天空 8勝7敗
臥牙丸 8勝7敗 前頭14 栃乃洋 6勝9敗
高見盛 7勝8敗 前頭15 (解雇のため空席)
雅山 8勝7敗 前頭16 魁聖 10勝5敗 敢闘賞
木村山 7勝8敗 前頭17 (空位)

西前頭15枚目は蒼国来であったが引退勧告を拒否したため解雇(裁判で解雇無効の判決が出たため2013年7月場所に同地位で復帰)。西前頭17枚目は幕内力士数の規定によって空位。

各段優勝・三賞[編集]

  • 幕内最高優勝 白鵬 13勝2敗(7場所連続19回目)
  • 十両優勝 磋牙司 13勝2敗
  • 幕下優勝 松谷 7戦全勝
  • 三段目優勝 北勝国 7戦全勝
  • 序二段優勝 魁ノ隆 7戦全勝
  • 序ノ口優勝 久之虎 7戦全勝

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

大相撲本場所
<<
平成22年11月場所
平成23年
>>
平成24年1月場所
1月場所 3月場所(中止) 5月技量審査場所
7月場所 9月場所 11月場所