三太夫 (行司)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三太夫(さんだゆう)は、大相撲における行司名跡である式守与太夫式守勘太夫式守錦太夫の総称である。もとは伊勢ノ海部屋の名跡で、明治30年代までは伊勢ノ海部屋、もしくはその分家の部屋の行司のみが襲名していた。

木村庄之助式守伊之助に準ずる由緒ある名跡であり、明文化された規則はないが幕内格以上が襲名する。特に大正後期に5代与太夫 (のちの19代庄之助) ・3代勘太夫 (のちの14代伊之助) ・3代錦太夫 (のちの松翁20代庄之助) の3名が三役格行司に在位した時代は 「名行司三太夫」 と呼ばれた。

式守与太夫[編集]

2009年1月場所、8代式守錦之助が幕内格に昇進し12代与太夫を襲名。与太夫の名乗りは式守伊之助への出世名であり、2代から7代までの与太夫と11代与太夫が伊之助(36代)昇進直前に与太夫を名乗っている。主に時津風一門立浪一門の部屋に所属する行司が名乗る。かつては錦太夫を名乗ったのち、与太夫を名乗る(3代、4代、6代、7代、9代が前名錦太夫)時期があったが、現在では錦太夫を経ず与太夫を襲名する。10代目が一時、与太夫から「與太夫」を名乗ったことがある。また11代与太夫は三役格在位4場所という史上最短で立行司に昇進した。12代与太夫が本人の希望で名跡を返上したため[1]、2016年1月場所現在は空き名跡。

式守勘太夫[編集]

時津風一門または立浪一門 (元々は立浪・伊勢ヶ濱連合) の部屋に所属する行司が名乗る。2代目から10代目までは式守與之吉(与之吉)から勘太夫を襲名している。2007年1月限りで伊勢ヶ濱部屋(旧)が消滅したため、今後の動向が注目される名跡でもある。
2008年5月場所で10代勘太夫が38代式守伊之助(36代木村庄之助)を襲名して以来、しばらく空き名跡となっていたが、2012年1月場所より高田川部屋高砂一門~無派閥~二所ノ関一門)所属の当時幕内格行司木村和一郎が、與之吉を経ず11代勘太夫を襲名。2013年5月場所より三役格に昇進した。

式守錦太夫[編集]

2017年1月現在12代目。主に二所ノ関一門出羽海一門に所属する行司が名乗る。過去には初代~4代の歴代錦太夫と7代錦太夫が与太夫を襲名するという流れが見られたが、現在では錦太夫のまま通す。なお、9代目以降は式守錦太夫の譲り団扇(「中道実相」と記された黒漆塗りの軍配)が伝わっている。11代錦太夫は2011年11月場所より三役格行司、2013年11月場所より40代式守伊之助を襲名した。2014年1月場所より、4代式守慎之助が幕内格に昇進し12代目を襲名。

脚注[編集]

  1. ^ 12代与太夫は2007年1月場所限りで消滅した旧伊勢ヶ濱部屋の出身で(返上した当時は春日山部屋所属)、将来の勘太夫襲名を希望したため与之吉に改名した。

関連項目[編集]