力士褒賞金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

力士褒賞金(りきしほうしょうきん)とは、大相撲関取力士に本場所毎に支払われる褒賞金であり、関取の成績給的性格を帯びた金銭支給である。


概要[編集]

関取は、月給とは別に本場所の成績によって賞金を受け取ることができる。力士褒賞金はその一つで、力士褒賞金の支給標準額に支給割合をかけた金額が年6回本場所ごとに十両以上の関取に支給される。幕下以下の力士養成員は、支給標準額の加算は行われるが、支給はされない。

力士褒賞金の支給標準額は、持ち給金とも呼ばれる。前相撲を取って出世し序ノ口に上がると、3円の給金を得る(幕下付出を含む)。本場所の取組の結果勝ち越すと勝ち越し1点につき50銭を加算する。力士褒賞金には、地位ごとに最低支給標準額が定められていて、それぞれの地位に昇進した際に最低額に達していなかった場合、その差額が加算される。ただし降格した場合は昇進当時の差額増加額に相当する金額が減額される。また、給与は銀行振込であるが、褒賞金だけはいまだに現金で支給されている。

力士褒賞金の最低支給標準額

なお、負け越し休場不祥事による出場停止などの処分でも持ち給金が下がることはない。

また顕著な活躍をした力士へは以下の特別加算がなされる。

  • 金星:10円
  • 幕内最高優勝:30円
  • 幕内全勝優勝:50円

支給割合は2016年3月場所現在、4,000である。つまり関取に実際に支給される金額は、持ち給金を4,000倍した額である。

白鵬の場合(2016年3月場所終了時)
序ノ口出世時 3.0円
幕下以下での勝ち越し点数 15.0円
十両昇進時加算 (18.0→40.0円) 22.0円
十両での勝ち越し点数 6.0円
幕内昇進時加算 (46.0→60.0円) 14.0円
前頭での金星 10.0円
前頭~関脇での勝ち越し点数 32.5円
大関昇進時加算 (102.5→102.5円) 0.0円 (昇進時に既に100円超)
大関での勝ち越し点数 28.0円
大関での幕内最高優勝(全勝除く) 2×30 = 60.0円
大関での幕内最高優勝(全勝) 1×50 = 50.0円
横綱昇進時加算 (240.5→240.5円) 0.0円 (昇進時に既に150円超)
横綱での勝ち越し点数 301.5円
横綱での幕内最高優勝(全勝除く) 23×30 = 690.0円
横綱での幕内最高優勝(全勝) 10×50 = 500.0円
    合計 1,732.0円



なお、白鵬の持ち給金は、これまでの最高であった大鵬(1,489円50銭)をすでに上回っている。

最も一般的な給金上昇の方法が勝ち越しであるため、勝ち越しのかかった一番を給金相撲、勝ち越すことを給金直し、負け越すことを向こう給金ということがよくある。

やくみつるは漫画で「力士最大の喜び=給金相撲が不戦勝」というネタを使ったことがある。

関連項目[編集]