ちゃんこ番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ちゃんこ番とは、相撲力士が食べる食事を作る当番のこと。

ちゃんことは、相撲力士の食事全般を指す。相撲部屋では一度に大量の食事を作りやすいことから鍋料理を食べる場合が多く、それが広く知れ渡ったのがちゃんこ鍋であるが、相撲の世界では鍋料理以外の食事についても全て「ちゃんこ」と呼ぶ。

相撲部屋でのちゃんこ番は、主に幕下以下の力士が交代で行う。この経験が長い者がちゃんこ長として後輩達の指導をしたりもする。そのため相撲界では、料理がうまいやつは出世できないとも言われている。これは正確には、関取になれずに長く幕下以下でちゃんこ番を務めているうちに料理が上手くなって行くことを表したものであり、結果として出世できない者に料理がうまい者が多くなるという意味である。長くちゃんこ長を務めた力士の中には、相撲部屋で身に付けた調理の技術を活かして、力士引退後にちゃんこ料理屋を開業する者も少なくない。その多くは関取に昇進できなかった力士であるが、中には花田勝などのように順調に出世を重ねて関取になった者もいる。また、そのような関取が引退後に親方になった場合には、所属部屋で弟子達にちゃんこ番指導も兼ねて腕を振るうことも多い[要検証 ]

ちゃんこ番の仕事は朝の買い出しから始まり、食事が出来上がるには昼までかかるため、ちゃんこ番を勤める日は稽古を休むことが認められている。そのため、幕下以下の力士たちの中には「ちゃんこ番の日は堂々と稽古を休めるから嬉しい」と言う者も少なくないという(無論、そのように稽古に不熱心な者がなかなか出世できないのは当然とも言える)。一方、特に稽古熱心で将来を期待されている力士の場合、敢えてちゃんこ番に回さず稽古に専念させることもある。ちゃんこ番免除を適用されていた力士として有名な者に保志信芳(後の横綱北勝海)がおり、当時これを知らずにちゃんこ番をさせた者が千代の富士に怒られたことがある[要検証 ]