世話人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世話人(せわにん)とは、大相撲において、相撲競技用具の運搬、保管等の管理にあたるとともに、その他上司の指示に従い服務する者をいう[1]力士行司などと同様に各相撲部屋に所属する。日本相撲協会の正規協会員ではなく嘱託職員という扱い。

概要[編集]

若者頭助手を務め、本場所では役員室や木戸の係を務める。世話人としては現役時の最高位の場所で名乗った四股名を名乗ることが通例とされる。明治後期より正式な職名としてあり巡業番付に掲載されていたが、本場所の番付には1949年5月場所より掲載され、1959年11月場所限りで削除後、1994年7月場所より再び掲載されている。

世話人の新規採用は、引退した十両幕下力士で適格と認められる者から行うこととされているが[2]、過去には年寄名跡が不足していた事情もあったことから幕内経験者からも採用を行っていた。2022年1月時点では幕内経験のある現役の世話人はいない。初土俵から20年近く現役を続けたような力士生活の極めて長い人物が採用される傾向にある。

定員は当初12人[注釈 1]であったが、1975年7月より8人とされ、2004年1月以降は13人[注釈 2]。停年(定年。以下同)は1961年1月の停年制度施行時は55歳、その後1975年7月に60歳、1982年7月に63歳と引き上げられ、1990年1月以降65歳と定められている[3]が、年寄と違い定年後の再雇用の規定はない。相撲協会の嘱託職員という都合上、1996年10月までは年寄名跡を襲名し親方になる場合以外は、若者頭、世話人に転向し協会に残る場合も「引退」ではなく「廃業」と表現されていたが、同年11月以降は全て「引退」に統一された。

欠員が出れば随時補充されてきたが、2017年9月に友鵬が、2019年11月に羽黒海が死去。さらに2020年4月に虎伏山が若者頭に転向。その後、同年11月に白法山、2021年8月に斎須が停年(定年)退職し、この5名分の欠員補充がなされていないため、2021年8月時点では5枠空いている状態である。

番付上に書かれる位置は、現行の番付では東の最下段の親方衆より左側の欄である。過去には西の最下段の親方衆より左側の欄や、中軸の行司の下に書かれたこともあった。

世話人一覧[編集]

現職の世話人[編集]

2022年2月7日現在(欠員5人)

名前 最高位 就任 所属部屋(世話人就任後)
福龍岳茂生 十両12 1992年10月 出羽海部屋
栃玄王泰幸 幕下26 1995年4月 春日野部屋
大日岳栄隆 十両7 2004年1月 玉ノ井部屋
陸奥北海勝昭 十両6 安治川部屋→伊勢ヶ濱部屋
荒ノ浪二朗 幕下3 武蔵川部屋→藤島部屋
嵐望将輔 幕下13 2013年5月 貴乃花部屋千賀ノ浦部屋→常盤山部屋
幕下時代の四股名は福の隆
栃の山博士 幕下2 千賀ノ浦部屋→常盤山部屋
錦風真悟 幕下1 2015年2月 尾車部屋押尾川部屋

過去の主な世話人[編集]

名前 最高位 在職期間 所属部屋
光若英夫 三段目28 1957年9月 - 1995年3月(停年(定年。以下同)退職) 花籠部屋放駒部屋
能登ノ山竜三 十両13 1958年5月 - 1971年7月(死去) 立浪部屋
若乃里雄三 十両5 1959年5月 - 1983年4月(死去) 花籠部屋
宮坂清 十両17 1959年11月 - 1985年7月(死去) 若松部屋
十両時代の四股名は高瀬山
瀧見山延雄 十両4 1962年3月 - 1992年9月(停年退職) 二所ノ関部屋
乾龍初太郎 十両5 1978年5月 - 2011年1月(停年退職) 押尾川部屋尾車部屋[注釈 3]
王湖伊津男 前頭14 1985年11月 - 2013年4月(死去) 友綱部屋
總登光一 幕下2 1986年2月 - 2016年3月(死去)[4] 大山部屋高砂部屋
幕下時代の四股名は福本
琴千歳晃精 前頭5 1986年9月 - 1991年7月(若者頭に転向) 佐渡ヶ嶽部屋
白法山和壽 幕下2 1986年10月 - 2020年11月(停年退職[5] 春日山部屋安治川部屋→春日山部屋→追手風部屋中川部屋宮城野部屋
斎須稔 前頭2 1986年11月 - 2021年8月(停年退職) 伊勢ヶ濱部屋桐山部屋朝日山部屋→伊勢ヶ濱部屋
友鵬勝尊 幕下1 1991年8月 - 2017年9月(死去)[6] 大鵬部屋大嶽部屋
現役時代の四股名は勇鵬
羽黒海憲司 幕下6 2004年1月 - 2019年11月(死去)[7] 立浪部屋
虎伏山義幸 幕下2 2004年1月 - 2020年3月(若者頭に転向[8] 三保ヶ関部屋→春日野部屋

大坂相撲の世話人[編集]

  • 1927年に消滅した大坂相撲にも世話人の職があった。東京相撲の世話人とは職務、地位が異なり江戸時代までは力士が引退後は世話人に就任し一定年数務めたのち頭取(年寄)に昇格することが一般的であった。
  • 大坂相撲の頭取の歴代には世話人のみで終わった人物も数えられている。
  • 世話人は毎場所数十人在籍していた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1960年1月場所では12人の世話人が在籍している。
  2. ^ 2015年2月の錦風の就任から2016年3月の總登の死去までの期間は、就任者が14人になっていた。
  3. ^ 2011年1月1日で停年を迎えたため、2010年12月に発表された2011年1月場所の新番付からは名前が外されていた。また、1996年頃の番付には下の名が「初男」「初太郎」と表記されている場所もある。

出典[編集]

  1. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則第41条
  2. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則第68条
  3. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則停年退職規定第8条
  4. ^ 世話人の總登が死去 60歳 日刊スポーツ 2016年3月30日閲覧
  5. ^ 相撲』2020年11月号、ベースボール・マガジン社、 62頁。
  6. ^ 大嶽部屋世話人の友鵬勝尊氏死去 60歳 8日の稽古後倒れる - スポーツニッポン 2017年9月9日
  7. ^ 世話人の羽黒海憲司さん死去、立浪部屋や協会支える」『日刊スポーツ』、2019年11月5日。2019年11月5日閲覧。
  8. ^ 虎伏山が若者頭に職務変更 相撲協会が人事発表 - 日刊スポーツ 2020年4月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]