水入り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水入り(みずいり)とは、大相撲十両以上の取組)において、長時間の取組(いわゆる大相撲)になり、疲労などのために取組に進捗が見られない状態になった際、行司あるいは審判委員の判断によって取組を一時中断することである。水入りになることを「水が入る」(あるいはただ単に「水」)ともいう。

また、他のスポーツでも雨天順延のことを「水入り」と呼ぶことがある。

概要[編集]

大相撲では、重い体重を生かし、瞬間的な筋力で自重もろとも対戦相手に突進し体勢を有利に展開する戦法が非常に効果的だが、逆にその重い体重を急激に動かすには、瞬発力が必須である。長時間にわたる取組でが疲労し、瞬発力が十分に発揮できなくなると、双方が力を十分に出し切れない状況に陥ることがある。4分を超えたあたりから(攻防が激しく、両者の疲労が大きいと判断された場合はこの限りではない)、赤房下の計時係審判が経過時間を見て、膠着状態になったとき正面の審判長に合図を送り、審判長(あるいは審判委員)が手を挙げて、行司の判断により両者の背中を叩いて中断させる。なお、過去には2分30秒を越えた程度で水入りとなった時代もあり、当時は水入りが頻発していた。

取組を中断させる際には、行司は、双方のの位置、組み方などをよく観察した上で、両力士に短時間の休憩を促す。再開時にはそれらを入念に水入り前と同じにしたあと、行司の合図により取組再開となる。両力士や審判委員は、水入り前の状態が再現されているかどうかについて、行司に異議を唱えることができる。ビデオ判定導入後はビデオ室の意見も参考にするようになった。水入りの間中、行司は土俵上で双方が組み合っていた場所を離れず、足の位置を注視して記憶していることが多い。

取り組みが再開した後は、すぐに勝負が決する場合もあるが、疲労のため再度長時間の相撲となることがある。2度目の水入りとなった場合は審判委員の協議の上、後の取組を挟んで取り直しとなる。有名な例としては1978年昭和53年)3月場所7日目の大関旭國 - 前頭4枚目魁傑戦(掬い投げで魁傑の勝ち)、2001年平成13年)5月場所6日目の大関武双山 - 小結琴光喜戦(寄り切りで琴光喜の勝ち)がある。それでも水が入る場合には、引き分けとする。引分は幕内では1974年(昭和49年)9月場所11日目の前頭6枚目二子岳 - 同10枚目三重ノ海戦で水入りの後、二番後取り直しとなったが決着がつかず引き分けとなり、これ以降35年以上も出ていない。

なお、幕下以下の取組は水入りは無く、万が一取組が長引いたときには、その取組の2番後に取り直すことになっている。

所要時間の長さでは、1951年(昭和26年)9月場所14日目、前頭11枚目大起 - 同10枚目二瀬山戦(寄り切りで大起の勝ち)は2番後取り直しの相撲でも水入りとなり、合計32分(当時のの空白欄に「32分」の記載が確認されている)。この記録が最長である。昭和以降で正味20分以上かかった取組は、1931年5月場所8日目の関脇天竜 - 大関能代潟戦、1932年5月場所5日目の大関能代潟 - 関脇沖ツ海戦、1952年5月場所11日目の前頭9枚目大起 - 同16枚目潮錦戦がある。このうち天竜 - 能代潟戦は水入り後も決着がつかず、2日後に再戦(天竜の勝ち)した。

平成以降水入りが行われた幕内の取組[編集]

1980年(昭和55年)1月場所14日目の横綱北の湖 - 同2代若乃花以来、およそ14年間、水入りがなかった。

太字が勝った力士

年・場所 西 水入り 合計
1994年(平成6年)9月 武蔵丸 琴の若 4分28秒4 4分36秒
1995年(平成7年)1月 貴闘力 小錦 4分22秒2 5分11秒8
1995年(平成7年)7月 琴別府 浪乃花 5分34秒 8分03秒7
2001年(平成13年)3月 貴闘力 琴ノ若 4分20秒 8分28秒
2001年(平成13年)5月 琴光喜 武双山 5分14秒6 9分18秒3※
2002年(平成14年)3月 旭鷲山 琴ノ若 4分42秒 4分46秒
2003年(平成15年)1月 琴龍 旭鷲山 4分04秒 4分09秒7
2004年(平成16年)1月 朝赤龍 追風海 4分21秒 7分18秒6
2004年(平成16年)3月 高見盛 琴ノ若 4分12秒 4分34秒
2004年(平成16年)11月 朝赤龍 時天空 4分15秒 6分08秒
2005年(平成17年)9月 安馬 時天空 4分06秒 6分42秒0
2005年(平成17年)11月 隆乃若 豊ノ島 4分27秒 4分32秒6
2009年(平成21年)5月 時天空 阿覧 3分50秒 4分11秒9

※2度目の水入り(再開4分03秒7)後、二番後取り直し。合計9分46秒2(琴光喜の勝ち)

関連項目[編集]