相撲甚句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
靖国神社奉納大相撲 相撲甚句(2017年4月17日撮影)

相撲甚句(すもうじんく)とは、邦楽甚句)の一種。大相撲の巡業などで披露される七五調の囃子歌である。

概要[編集]

角力甚句の始まりは、幕末から明治にかけて花柳界で流行した本調子甚句(二上がり甚句)を、相撲取りが巡業で流行らせたものとされる[1]。この角力甚句から、名古屋甚句、熊本甚句(おてもやん)、会津磐梯山、隠岐島の相撲取り節、熊本のどっこいせ節(一名角力取り節)などが派生した[1]。過去には、土俵の上で相撲の四十八手を見せながら甚句を歌っていたが、現在では行われていない[1]

相撲甚句には大きく分けて「まくら唄」「本唄」「はやし」があり、まくら唄には「前唄」と「後唄」がある[2]。「ホイ」や「ドスコイ」という合いの手に合わせ、アカペラで、力士の特徴などを独特の調子で歌う[3]。歌詞は七五調である[4]

現在では、相撲教習所の教養科目として必須科目に取り入れられている[2]

天龍源一郎によれば、相撲甚句の歌い手は各部屋の若者頭に推薦された者で、約500人から6人程度しか選ばれない「エリート部隊」だと言う[5]

作品としては「花づくし」「山づくし」「出世かがみ」が有名である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本相撲甚句会 | 相撲甚句の歴史”. sumoujinku.com. 2021年5月23日閲覧。
  2. ^ a b 相撲甚句|葛城市” (日本語). www.city.katsuragi.nara.jp. 2021年5月23日閲覧。
  3. ^ 相撲甚句、本場戻る 両国で31日、全国大会:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年5月23日閲覧。
  4. ^ 伝統の相撲甚句(じんく)を野毛で 1月28日 入場無料 | 神奈川区” (日本語). タウンニュース (2017年1月26日). 2021年5月23日閲覧。
  5. ^ 天龍源一郎が語る“相撲中継と巡業” 無観客相撲で天龍がNHKへ新たな実況解説を提言!〈dot.〉(AERA dot.)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年5月23日閲覧。