会津磐梯山 (民謡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

会津磐梯山(あいづばんだいさん)は、日本福島県会津地域に伝えられる民謡。会津地域に伝わる「玄如節」が盆踊り節として転用されたものである[1]。「エンヤー」という甲高い掛け声で知られている。郡上おどり阿波おどりとともに、日本三大民謡の一つにも数えられる[2]

概要[編集]

磐梯山

もとは七日町(現在の会津若松市七日町)の阿弥陀寺で唄い踊られていた「玄如節」である。源流は、新潟県西蒲原郡巻町の民謡「五ケ浜甚句」に遡るとされる。盆踊唄、会津甚句などとも呼ばれ、夏祭りや盆踊りの際に「気狂(かんしょ)踊り」とともに唄われる[3]

1934年昭和9年)に小唄勝太郎が歌ったものが歌い出しをとって「会津磐梯山」と命名されて、ビクターレコードより発売され、全国的に広まった。三味線も付けられ、歌詞も長田幹彦によって整えられ、「エンヤー」という独特の掛け声も付けられた。

しかし、「勝太郎節」が俗謡風であったことに加え、元の歌詞と大きく異なる内容であったことから、地元では、「郷土芸術を冒涜するもの」として非難の声が上がり、山内磐水らによって、「気狂踊り」風の節回しが広まった。山内等が普及に努めたこの囃しは、本来の会津磐梯山に近い正当なものであることを示すために「正調」と冠して「正調会津磐梯山」と呼ばれている。

歌詞中には「小原庄助」なる人物が、「朝寝朝酒朝湯が大好きでそれで身上潰した」とあるが、モデルとなった人物については、諸説ありはっきりしない。戦時中は「…何で身上興した 朝寝朝酒朝湯が大嫌い…」と変えられたともされる[4]。元々の歌詞にはこのような囃しはなく、勝太郎のアイデアで挿入したものであり、会津の「酒好き」な人情を表したものともされる。当時は「身上しもうた」と囃したのだが、戦後は「身上潰した」と囃すことが多くなっている。勝太郎自身によって、ラジオで「私の会津磐梯山は地元のものとは違っていて、わかり易くするために私がアレンジをしたものです」と述べており、地元伝承のものとは異なる旨を明言している。

「正調会津磐梯山」は、162番まで存在するが、大半は内容を逸脱したものである。現在知られている勝太郎による歌は「会津磐梯山は宝の山よ」で始まるが、これは正調会津磐梯山の21番に当たる[5]

「宝の山」である磐梯山に「笹に黄金がまたなりさがる」瑞祥を賞賛するところから歌い出し[6]猪苗代湖東山温泉鶴ヶ城など「北は磐梯、南は湖水」の会津盆地を取り囲む会津の「緑の夏」をめぐり、飯盛山で花と散った「忠義一途の」白虎隊で締めている。

脚注[編集]

  1. ^ 会津磐梯山 世界の民謡・童謡
  2. ^ 祭り、芸能、行事 お国自慢
  3. ^ 民謡「会津磐梯山」 会津若松市
  4. ^ 会津磐梯山
  5. ^ 会津の風土
  6. ^ 竹の花は60年に一度、僅かな期間しか咲かず、結実すると黄金の実がなることから、瑞祥とされている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]