青春パンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
青春パンク
様式的起源 パンク・ロック
文化的起源 1990年代後期
日本の旗 日本
使用楽器 ボーカル - ギター - ベース - ドラム
関連項目
ポップ・パンク - メロディック・ハードコア

青春パンク(せいしゅんパンク)とは、パンク・ロックのサウンドをベースに「青春」をモチーフにした歌のジャンルのこと。2000年代前半、中高生を中心にブームを起こした。

経緯[編集]

1990年代後半頃から起こったメロコアブームやフォークソング・リバイバルを背景としている。

2003年前後には175Rのデビューシングルでオリコン初登場1位獲得、テレビ番組の企画から誕生したロードオブメジャー海援隊の「贈る言葉」をカバーしヒットを記録したFLOW、 青春時代の甘い思い出などを歌にした太陽族ブギージャックガガガSPなど10代の中高生を主な支持層にその絶頂期を迎え、同系統のバンドが雨後の筍のようにクローズアップされるようになる。

しかし、2003年の終わり頃からブームは沈静化し、同年より台頭してきたミクスチャー・ロックバンドや下北系ギターロックバンドに取って代わられるようになる。そのため前述のロードオブメジャーFLOWなど、新たな方向性を模索するバンドも多く現れた。

その一方でロック・フェスティバルが次々と開催されるようになり、青春パンクはミクスチャー・ロックやレゲエ・パンクなどとともに「ラウド/パンクロック」の一つとして組み込まれることとなる。この時期にはELLEGARDEN10-FEETマキシマムザホルモンなどのバンドが台頭し、2008年には10-FEETが企画したロックフェス「京都大作戦」が初開催され、前述のバンドの他、TOTALFATSiMHEY-SMITHなどが出演。現在のラウド/パンクシーンの象徴のひとつとなっている。また、青春パンクを10代で経験した世代が成長した2010年代に入ると、WANIMAをはじめとする、青春パンクの音楽性を引き継いだバンドも台頭してきている。

音楽性[編集]

パンク・ロックバンドのTHE BLUE HEARTSJUN SKY WALKER(S)LAUGHIN' NOSEKENZI & THE TRIPSCOBRABOØWY尾崎豊などに影響を受けたバンドが多い。ただし、その多くが1970年代後半から1980年代生まれでリアルタイムでの影響の薄い世代であるのも特徴。サウンド面ではむしろHi-STANDARDOFFSPRINGなどメロコアの影響下にある者が多い。

恋愛友情トラウマと情熱など若者の個人的なできごとや感情を主にテーマにした詞が特徴。

青春パンクバンド[編集]

175R、ブギージャック、太陽族、10-FEET、ヤムヤムオレンジ、ムラマサ、FLOW、シャチ、PAN、スタンドアップ、GOING STEADY、藍坊主、サボテン、ガガガSP、ロードオブメジャー など甘い青春時代、辛い思春期を歌にしたバンドが多い。もっとも、ジャンル的には、先述のミクスチャーや下北系、レゲエパンクを兼ねているバンドも含まれる。

参考文献[編集]