青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青春(せいしゅん)とは、季節の「」を示す言葉である。転じて、生涯において若く元気な時代、主に青年時代を指す言葉として用いられる。

なお、この項目では、一般名詞としての青春について記述する。創作作品などにおける用法は以下を参照されたい。

概要[編集]

青春とは、元はを表す言葉である。二千数百年前の古代中国における陰陽五行思想では、「春」には「青(緑)」が当てられる。同様に、「夏」を「朱(赤)」、「秋」を「白」、「冬」を「玄(黒)」に当て、それぞれ「青春(せいしゅん)」、「朱夏(しゅか)」、「白秋(はくしゅう)」、「玄冬(げんとう)」という。これらは季節を表す言葉である。また、陰陽五行思想において、「春」は15歳から29歳を表す。これらの意味が転じて、日本では特に「青春」について人生における若々しく元気で力に溢れた時代を指すようになった。日本では夏目漱石の「三四郎」のヒットを機に定着したと言われており、同書の『考えるには、青春の血が、あまりにも若すぎる』に代表される、若者の焦りや葛藤を表す表現が、現代に至るまでの青春のイメージを定着させたと言われる。ちなみに、「青春」以外が人間の年代を表す言葉として用いられることは、一般的な用法ではない。

文学の中では中学、高校生を中心とした10代の青少年を題材に描かれることが多い。近年の先進国では、大学進学率の向上により学生の高年齢化が進み、20〜30歳までを「青春」に含む見方もある。

「青春」を含む作品[編集]

「青春」というタイトルの作品は全て「青春 (曖昧さ回避)」を参照。また、「青春時代」というタイトルの作品は下記以外にも青春時代を参照。

小説・詩[編集]

楽曲[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

ゲーム[編集]

  • 大爆笑人生劇場~ドキドキ青春編~

関連項目[編集]