CODE NAME.2 SISTER MOON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CHAGE and ASKA > CODE NAME.2 SISTER MOON
CODE NAME.2 SISTER MOON
CHAGE&ASKAスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル POP
時間
レーベル ポニーキャニオン AARD-VARK(1996年)
東芝EMI(1998年盤)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ(2001年盤・2009年盤)
プロデュース CHAGE&ASKA
GO YAMAZATO
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1996年度年間57位(オリコン)
ゴールドディスク
CHAGE&ASKA アルバム 年表
Code Name.1 Brother Sun
1995年
CODE NAME.2 SISTER MOON
(1996年)
one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA
(1996年)
『CODE NAME.2 SISTER MOON』収録のシングル
  1. On Your Mark
    リリース: 1994年8月3日
  2. river
    リリース: 1996年2月19日
ミュージックビデオ
「river」 - YouTube
「On Your Mark」 - YouTube
テンプレートを表示

CODE NAME.2 SISTER MOON』(コード・ネーム・ツー・シスター・ムーン)は、CHAGE&ASKA(現:CHAGE and ASKA)の18作目のオリジナル・アルバム1996年4月22日に発売された。発売元はポニーキャニオン

1998年3月11日2001年5月23日CDとして、2009年11月25日SHM-CDとして再発売された。

背景・制作[ソースを編集]

前作『Code Name.1 Brother Sun』発売から本作の発売が予告されており、当初は昨秋(1995年の秋)の発売を予定していた。本作は前作のアルバムと対になっている作品である[2]

しかし、国内アリーナ60公演となったコンサートツアー『SUPER BEST 3 MISSION IMPOSSIBLE』の真っ最中に並行して行うレコーディングには心境の変化も表れ、既に録り終えている曲に手直しを加えたり、新たに曲を書くといった作業によって発売が延期された。

『Code Name.1』に1コーラスだけ収録されている「君の好きだった歌」は、本作でフルコーラスとして完成させた楽曲が収録される予定であったが収録されず、代わりにブックレットの中でASKAの散文詩として詩が記載されている[3]

1996年1月末の国内ツアー終了後からアルバムの作業に集中していく中で、2人は更なる新曲を書き上げた(CHAGEは「ピクニック」、ASKAは「青春の鼓動」)。今の自分たちの状態を押していこうということで収録された[4]

2人は、このアルバムでCHAGE&ASKAのひとつのプロジェクトが完結したと述べている(それは、初のアジアツアーを含んだ『史上最大の作戦』ツアー~ソロ活動~『Code Name.1』~『SUPER BEST 3』ツアー~『CODE NAME.2』である)[5]

その後『MTV Unplugged』出演や『one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』リリースなどを経て、1996年末からソロ活動を活発化させた。

リリース[ソースを編集]

2009年11月25日には、紙ジャケット・シリーズの一環としてSHM-CD仕様でヤマハミュージックコミュニケーションズより再発売された。

チャート成績[ソースを編集]

本作はオリコン週間ランキングで、最高2位を記録した。オリジナルアルバムとしては『TREE』から続いてた4作連続首位獲得は本作で途切れたが、CD売上枚数は46.3万枚(オリコン調べ)を記録した[6]

収録曲[ソースを編集]

※コメントは、『CODE NAME.2 SISTER MOON』 CHAGE and ASKA Official Web Site 各曲の項目を参照

  1. もうすぐだ
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:村上啓介
    CHAGEとASKA出演のJAL CMソング[注 2]
    『Code Name.1』に収録予定であったが、シングルになる可能性も含んでいたので発表をずらしたという。
    人が何かをやり遂げようとする時の "あと少しだ!" という瞬間。そんな到達一歩手前のドキドキ感、気持ちの昻りを表現した。
    リチャード・マークスRichard Marx (英語))がカバーした曲(「Heart of My Own」)が、トリビュート・アルバム『one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』日本盤ボーナス・トラックに収録されている。
  2. 青春の鼓動
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:村上啓介)
    今回のレコーディング最後にASKAが書き上げた楽曲。
    ASKAは、これまで歌詞の中で "青春" や "希望" という言葉を敢えて使ってこなかったが、この曲では "青春" という言葉以外ないだろうと思って使用している。ちなみに "希望" は「もうすぐだ」の歌詞で使われており、「一気にふたつとも使っちゃった(笑)。」と述べている[4]
  3. Sea of Gray
    (作詞:飛鳥涼 作曲:CHAGE・村上啓介 編曲:村上啓介)
    CHAGEがプログレをCHAGE&ASKAでやりたくなり、村上と共作した。
    歌詞はASKAで、テーマは "白黒の判断では生き抜いていけない" であるという。詞は4・5回書き直したという。
  4. river
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:重実徹
    1996年2月19日に発売された38枚目シングル。
  5. 濡れた夢
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:澤近泰輔)
    1994年11月16日に発売された37枚目シングル「めぐり逢いカップリング曲
  6. I'm a singer
    (作詞:飛鳥涼 作曲:CHAGE 編曲:十川知司
    CHAGEは、ノリの良いマイナーロックを書いてみたかったという。
    ASKAは歌詞について、ロンドンに住んでいた時、現地の人に「この国の職業で何がいちばん多いんだっけ」と聞いたら、「シンガーなんだよ」と言われた印象が残っていて、成功しようとする意気込みを強く感じる現地のシンガーの生活感が出た詞になっていると述べている。
  7. One Day
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:松本晃彦
    TBS音楽番組COUNT DOWN TV』1996年5月度オープニングテーマ。
    デモテープ段階での仮タイトルは「ブラスがいっぱい」。
    小畑由香里がカバーした曲が、TBS系ドラマ『一獲千金 夢家族』主題歌として2002年にシングル発売された。
  8. ピクニック
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:山里剛)
    CHAGEが最後に書き上げた楽曲。国内ツアー終了後に「何が出てくるだろう」と思い制作すると、肩の力の抜けた楽曲が出てきたという。
    レコーディングも限られた時間の中で、24チャンネルのアナログにこだわったという[4]
    また、1970年代のはっぴいえんど辺りの世界観を自分なりに消化したとこがあるとも述べている。
  9. 港に潜んだ潜水艇
    (作詞:飛鳥涼 作曲:CHAGE・村上啓介 編曲:村上啓介)
    MULTI MAXのサウンドに近い楽曲をASKAが歌うという、CHAGEが以前からやってみたかった組み合わせを実現させた。
    詞は、最初はCHAGEが制作していたが、最終的にはASKAが書いたものが収録された。
    本作でのメイン・ボーカルはASKAだが、2002年発売のセルフカバー・アルバム『STAMP』では、CHAGEがメイン・ボーカルを歌っている。
  10. NとLの野球帽
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:重実徹)
    シングル「river」カップリング曲。
  11. 好きになる
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:清水信之
    NHKドラマ新銀河妻の恋』主題歌。
    シングルにする話もあったが、アルバムで聴かせたい楽曲としてシングル化は見送った。
    1999年に台湾で発売されたベスト・アルバム倆角形 Duet Angle 20th anniversary』ASKA SIDE、2004年に発売されたバラッド集『THE STORY of BALLAD II』にも収録されている。
    2010年にはASKAがアルバム『君の知らない君の歌』でセルフカバーしている。
  12. On Your Mark
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔)
    1994年8月3日に発売された35枚目シングル「HEART/NATURAL/On Your Mark」収録曲。

参加ミュージシャン[ソースを編集]

もうすぐだ

青春の鼓動

Sea of Gray

  • Bass:Pino Palladino
  • Electric Guitar, Acoustic Guitar, Keyboards:村上啓介
  • Synthesizer Sound Designer:中山信彦
  • Violin斎藤ネコ

river

濡れた夢

  • Electric Guitar:今剛、関淳二郎
  • Acoustic Piano, Keyboards:澤近泰輔
  • Synthesizer Sound Designer:中山信彦

I'm a singer

  • Electric Guitar, Acoustic Guitar:西川進
  • Electric Guitar:村上啓介
  • Synthesizer Sound Designer:中山信彦
  • Keyboards:十川知司

One Day

ピクニック

港に潜んだ潜水艇

  • Bass:Pino Palladino
  • Electric Guitar, Acoustic Guitar, Keyboards:村上啓介
  • Synthesizer Sound Designer:中山信彦

NとLの野球帽

好きになる

  • Drums:田中清司
  • Bass, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Keyboards:清水信之
  • Synthesizer Sound Designer:田端元

On Your Mark

  • Drums:長谷部徹
  • Bass:美久月千晴
  • Electric Guitar, Acoustic Guitar:是永巧一
  • Acoustic Piano, Keyboards:澤近泰輔
  • Synthesizer Sound Designer:中山信彦
  • Strings:JOEストリングス

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数40万枚以上の作品に適用。
  2. ^ 1997年に使用された

出典[ソースを編集]

  1. ^ 日本レコード協会 認定作品 1996年5月度認定作品の閲覧。 2017年12月11日閲覧
  2. ^ 『日経エンタテインメント!』 1999年10月号。デビュ-20周年 再び走り出したスーパーデュオはどこへ向かうのか?(インターネットアーカイブのキャッシュ)より
  3. ^ ASKAは「君の好きだった歌」を、2005年に発売されたオリジナル・アルバム『SCENE III』では「君の好きだった歌へのプロローグ」というタイトルのインストゥルメンタルとして、2010年に発売されたセルフカバー・アルバム『君の知らない君の歌』ではフルコーラスに再構成した楽曲として収録している。
  4. ^ a b c 月刊カドカワ 総力特集 CHAGE&ASKA』角川書店、1996年。
  5. ^ アルバムのブックレット、小貫信昭氏の寄稿文より。
  6. ^ CHAGE&ASKA、解散報道を事務所が否定 オリコン 2015年11月8日閲覧

外部リンク[ソースを編集]