PRIDE (CHAGE and ASKAのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CHAGE and ASKA > PRIDE (CHAGE and ASKAのアルバム)
PRIDE
CHAGE&ASUKAスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ポップ
時間
レーベル ポニーキャニオン AARD-VARK(1989年・1993年盤)
東芝EMI(1999年盤)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ(2001年盤・2009年盤)
プロデュース CHAGE&ASUKA
GO YAMAZATO
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1989年度年間64位(オリコン)
ゴールドディスク
CHAGE&ASUKA 年表
ENERGY
1988年
PRIDE
(1989年)
THE STORY of BALLAD
1990年
『PRIDE』収録のシングル
  1. WALK
    リリース: 1989年3月8日
  2. LOVE SONG
    リリース: 1989年6月21日
ミュージックビデオ
「LOVE SONG」 - YouTube
「PRIDE」 - YouTube
「WALK」 - YouTube
テンプレートを表示

PRIDE』(プライド)は、CHAGE&ASUKA(現:CHAGE and ASKA)の12作目のオリジナル・アルバムでもあり、本作のDISC1の2曲目の楽曲でもある。ちょうどデビュー10周年である1989年8月25日に発売された。発売元はポニーキャニオン

1993年12月17日はAPO-CDとして、1999年12月16日2001年7月18日はCD、2009年10月21日SHM-CDとして再発売している。

解説[編集]

CHAGE&ASUKAがちょうどデビュー10周年となる日に発売された2枚組アルバム。DISC 1 がオリジナル・アルバム、DISC 2 が過去の楽曲をアレンジして再収録したアルバムとなっている(再発売盤の中には1枚のCDに全曲が収められているものもある)。

本作発売後ASUKA(現:ASKA)は渡英し、CHAGE(現:Chage)は新しいバンド "MULTI MAX" を結成することになっていた。このため世間に「チャゲアス解散か?」という噂が広まったが、彼らはコンサートツアー『CONCERT TOUR '89 〜10 years after〜』のMCで、「これがチャゲ&飛鳥の見納めになると思った皆さん、誠にすみません。僕らは解散しません!」と宣言した[1]

2009年10月21日には、紙ジャケット・シリーズの一環としてSHM-CD仕様でヤマハミュージックコミュニケーションズより再発売された。

チャート成績[編集]

本作は、1981年発売の2ndアルバム『熱風』以来となるオリコンアルバムチャート1位を獲得する。

収録曲[編集]

※コメントは、『PRIDE』 CHAGE and ASKA Official Web Site 各曲の項目を参照

DISC 1[編集]

  1. LOVE SONG
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:飛鳥涼・十川知司
    1989年6月21日に発売されたシングル曲。1992年3月25日に「WALK」とともに再発売され、JAL '92 沖縄キャンペーンソングに起用された。
  2. PRIDE
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔
    東宝系映画『ヒーローインタビュー』挿入歌(1994年)。
    単行本のスタッフに「ふたりをインタビューしていると、よく "プライド" という言葉が出てくる。本のタイトルはこれでいきたい」と申し出があり、その時以前からあった曲に詞が思いついたという。
    1991年に香港の歌手K.C Lee(李国祥)が「從前」というタイトルで、1996年に発売されたトリビュート・アルバムone voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』では、アパッチ・インディアン(Apache Indian)が、2013年には堂本剛カバーしている。
  3. SHINING DANCE
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:村上啓介
    歌詞は全編カタカナと英語で記載されている。「MOON LIGHT BLUES」のサビ部分の歌詞が挿入されている。
    エンディングには、「Break an egg」「Don't Cry, Dont Touch」他、 DISC 2に収められている4曲のボーカル部分が聴こえてくる。
  4. HOTEL
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司)
    この曲から「さよならは踊る」までは、曲間を風のSEで繋いでいる。
    楽曲は頭がマイナーコードで、サビからメジャーコードに展開する構成になっている。
  5. Break an egg
    (作詞:飛鳥涼 作曲:CHAGE 編曲:近藤敬三)
    1989年6月21日に発売されたシングル「LOVE SONG」のカップリング曲 (シングル盤とは異なるミックス)。
    もともと2つあった曲を1つにまとめた楽曲。なので、曲の繋ぎ目に苦労したという。
    当初、詞はある作詞家にお願いしていたが、最終的にはASUKAが手塚治虫の『火の鳥』から浮かんだ "生" を表現したという詞が使用された。アルバム・ジャケットのモチーフにもなっている。
    ホロフォニクスの技術を独自に取り入れており、音が立体的に聴こえるような趣向を凝らしている。ヘッドフォンで視聴すると歴然である。
  6. さよならは踊る
    (作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:十川知司)
    全編にわたってCHAGEがソロで歌っている。
    曲調は、レゲエをアレンジしたリズムとなっている。
  7. 砂時計のくびれた場所
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔)
    TBS系スペシャルドラマ『拝啓オグリキャップ様』主題歌(1991年)。
  8. 天気予報の恋人
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔)
    SUBARUVIVIO」 CMソング(1994年)。
    当時、「LOVE SONG」とともにシングル候補に挙がっていた。
    2000年放送のフジテレビ月9ドラマ『天気予報の恋人』最終話では、挿入歌として使用された。
    台湾の歌手ユー・クァンファ(于冠华)が「留着一扇窗」というタイトルで、キャシー・デニスは「Love's A Cradle」というタイトルでカバーしている。また、「Love's A Cradle」はSUBARU 「VIVIO」 CMソングに起用され、シングル発売された(1995年)。「Love's A Cradle」は1996年に発売されたトリビュート・アルバム『one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』にも収録されている。
  9. Don't Cry, Don't Touch
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔)
    父親となったASUKAが、我が子の様子を見て素直な思いを書いた楽曲。
  10. 絶対的関係
    (作詞:青木せい子 作曲:CHAGE 編曲:十川知司)
    CHAGEはツイストのリズムを使いたく、ザ・ピーナッツのイメージを意識して作ったという。
  11. 流れ星のゆくえ
    (作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:十川知司)
    コンサートのエンディングをイメージして作った曲。
    ホロフォニクスの技術を独自に取り入れており、音が立体的に聴こえるような趣向を凝らしている。ヘッドフォンで視聴すると歴然である。
  12. WALK
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:飛鳥涼・BLACK EYES)
    1989年3月8日に発売されたシングル曲。1992年3月25日に「LOVE SONG」とともに再発売され、SUBARU 「VIVIO」 CMソングに起用された。
    1990年に発売されたバラッド集『THE STORY of BALLAD』では、エンディングに新たなパートが追加されたバージョンが収録されている。

DISC 2[編集]

  1. MOON LIGHT BLUES
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:原田真二
    1984年2月22日に発売されたシングル曲。
    新たにメロディと歌詞が追加され、曲調もよりブルージーな感じにアレンジしている。

  2. (作詞:松井五郎 作曲:CHAGE 編曲:服部克久
    原曲は、1981年発売のアルバム『熱風』に収録されている。
  3. 終章(エピローグ)
    (作詞:CHAGE・田北憲次 作曲:CHAGE 編曲:服部克久)
    〜追想の主題
    (作曲:瀬尾一三 編曲:服部克久)
    「嘘」と「終章(エピローグ)〜追想の主題」は組曲形式にしている。原曲は、1980年発売のデビュー・アルバム『風舞』に収録されている。
  4. 熱い想い
    (作詞:飛鳥涼・松井五郎 作曲:飛鳥涼 編曲:S.E.N.S.
    1982年4月25日に発売されたシングル曲。
    楽曲が持つやさしさ・柔らかさが表現されたアレンジになっているという。

参加ミュージシャン[編集]

BLACK EYES

ADDITIONAL MUSICIANS

アルバム曲のその他収録作品[編集]

※シングル収録曲は、「WALK」・「LOVE SONG」の項目を参照。

PRIDE

HOTEL

  • Yin&Yang (1994年)
  • 夢の飛礫 (2001年)※リメイクされてカップリングに収録
  • STAMP (2002年)※リメイク音源を収録

砂時計のくびれた場所

天気予報の恋人

  • THE STORY of BALLAD (1990年)
  • Singles - The European Collection (1994年)
  • Yin&Yang (1994年)
  • CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH (1999年)
  • Asian Communications Best (2008年)
  • 12 (2010年)※ASKAのセルフカバー音源を収録

流れ星のゆくえ

  • 倆角形 Duet Angle 20th anniversary (1999年)

終章(エピローグ)

備考[編集]

  • 本作発売に先立つこと1989年6月、正式アーティスト名を「チャゲ&飛鳥」から「CHAGE&ASUKA」へ改名したが、翌年6月には「CHAGE&ASKA」に再び改名したため、「CHAGE&ASUKA」名義で発表された唯一のオリジナル・アルバムとなった(企画盤を含めると、1990年2月発売の『THE STORY of BALLAD』まで)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『PRIDE II 〜10年の複雑〜』 八曜社、1989年10月10日ISBN 4827000964

外部リンク[編集]