安田裕美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安田 裕美
生誕 1948年4月7日[1]
出身地 日本の旗 日本北海道小樽市[1]
死没 (2020-07-06) 2020年7月6日(72歳没)[2]
学歴 獨協大学外国語学部ドイツ語学科中退
ジャンル J-POP
職業 作曲家
編曲家
ギタリスト
担当楽器 ギター
共同作業者 六文銭
フライング・キティ・バンド

安田 裕美(やすだ ひろみ、男性、1948年4月7日 - 2020年7月6日[1])は、日本の作曲家編曲家ギタリスト北海道小樽市出身[1]。実妻はシンガーソングライター山崎ハコ[1]大分県日田市出身)。

経歴[編集]

小樽桜陽高等学校卒業、獨協大学外国語学部ドイツ語学科中退。六文銭フライング・キティ・バンドのメンバーとして活動。その後、サポートギタリストをする傍ら、作曲、編曲活動も行う。

井上陽水のデビュー当時を支えたバックギタリストとして有名。

死没[編集]

2020年7月6日14時33分(JST)、かねてから患っていた大腸がんのため死去。72歳没[1][3]。訃報は山崎の所属レコード会社であるテイチクエンタテインメントから発表された。また通夜及び告別式は本人の遺志により執り行われないという[1]

主な作曲・編曲・演奏楽曲[編集]

  • 井上陽水「Music High」「もうじき夏がくる」(編曲)
  • 小椋佳「ひときれの青空」「いまさら」「あくび」「天井」(作曲)「春なんだなぁ」「君の肩越しに」「君が旅に出ると言った時には」「インターミッション」「憧れ遊び」「こうして」「ただお前がいい」「何故でしょう」(編曲)
  • 崎谷健次郎「君がいた休日」(G.Guitar演奏)「愛はいつも」(A.Guitar演奏)「あじさい」(G.Guitar演奏)
  • 中島みゆき「杏村から」「あなたが海を見ているうちに」(編曲)
  • 中村雅俊「盆がえり」「風のない日」(編曲)
  • フォーリーブス「遠い日」(編曲)
  • フライング・キティ・バンド「墓石を空へ」「いらだち」(作曲)
  • ドキュメンタリー映画「東京ソーダ水」(音楽)

脚注[編集]