昭和 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
昭和
長渕剛スタジオ・アルバム
リリース
録音 1988年 - 1989年
Epicurus
Studio Vincent
Sound Valley
Light House
CBS SONY Roppongi
Studio Z'd
ジャンル ポピュラー
フォークソング
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
プロデュース 長渕剛
チャート最高順位
ゴールドディスク
長渕剛 年表
SINGLE COLLECTION
1988年
昭和
(1989年)
長渕剛LIVE'89
1990年
『昭和』収録のシングル
  1. NEVER CHANGE
    リリース: 1988年5月25日
  2. とんぼ
    リリース: 1988年10月26日
  3. 激愛
    リリース: 1989年2月8日
テンプレートを表示

昭和』(しょうわ)は、日本のミュージシャンである長渕剛の11枚目のオリジナルアルバム、およびアルバムの12曲目に収録されている楽曲である。

アルバムは1989年3月25日東芝EMI/エキスプレスよりリリースされた。

その後、2006年2月8日には24ビット・デジタル・リマスタリング化されて再リリースされている。

テレビドラマとんぼ』(1988年、TBS系列)において、新たなイメージを打ち出した長渕のオリジナルアルバム。同ドラマで主題歌として使用されたシングル曲「とんぼ」、東映映画オルゴール』(1989年)の主題歌「激愛」、挿入歌「シェリー」を収録している。

解説[編集]

この頃から、更に俳優の仕事にも注力する様になった中で、長渕が演じる役柄は、気さくな人物から、粗暴とも思われかねない役柄へと変化していった。主演ドラマ『とんぼ』の主題歌である「とんぼ」の大ヒットを受け、昭和から平成へと元号が変わった節目にリリースされた。当時ではデビュー以来最高の売り上げを記録している。

前作『LICENSE』(1987年)では、生まれ育った鹿児島と、育ててくれた両親への思いが歌われているが、本作においては、逆に今度は自分が親になったときの心境を歌っている。それが、「NEVER CHANGE」であり、2005年までファンクラブのホームページのタイトルにも使用されていた。

また、3曲目の「いつかの少年」においても、生まれ育った鹿児島を回想し、その時代の純粋な少年の心を持ち続けたいという願望を歌っている。後にリリースされるベストアルバム『いつかの少年』(1994年)のタイトルにも用いられている。

なお、本作はLP盤のリリースが最後になったアルバムでもある。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1989年3月25日 東芝EMI/エキスプレス LPCTCD RT28-5400 (LP)・ZT28-5400 (CT)・CT32-5400 (CD) 1位
2 2006年2月8日 東芝EMI/エキスプレス CD TOCT-25954 238位 24ビット・デジタルリマスター紙ジャケット仕様

収録曲[編集]

A面
全作詞・作曲: 長渕剛。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
1. くそったれの人生 長渕剛 長渕剛 矢島賢、長渕剛
2. GO STRAIGHT 長渕剛 長渕剛 瀬尾一三、長渕剛
3. いつかの少年 長渕剛 長渕剛 瀬尾一三、長渕剛
4. とんぼ 長渕剛 長渕剛 瀬尾一三、長渕剛
5. シェリー 長渕剛 長渕剛 笛吹利明
6. 激愛 長渕剛 長渕剛 瀬尾一三
合計時間:
B面
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
7. NEVER CHANGE     瀬尾一三、長渕剛
8. プン プン プン     中西康晴、長渕剛
9. 裸足のまんまで     中西康晴、長渕剛
10. ほんまにうち寂しかったんよ     矢島賢、長渕剛
11. 明け方までにはケリがつく     矢島賢、長渕剛
12. 昭和     瀬尾一三
合計時間:

曲解説[編集]

A面[編集]

  1. くそったれの人生
  2. GO STRAIGHT
  3. いつかの少年
    『LICENSE』に次ぐ、自らの幼い頃の家庭環境を歌った曲。
  4. とんぼ
    ドラマの主題歌としてミリオンセラーを記録したが、もともとは、長渕が鹿児島から東京へとミュージシャンとして生活していくためにやってきて、その東京での理不尽さ、やりきれなさに対して抗った歌である。またシングル版とは同じ音源ではあるが、このアルバムに収録されているものは、かなりエコーが抑えられたリミックスバージョンとなっている。
  5. シェリー
  6. 激愛
    主演映画『オルゴール』の主題歌。

B面[編集]

  1. NEVER CHANGE
    再婚した悦子夫人の長女、長渕文音(製作スタッフのクレジットにも名前表記有り)の出産に立ち会った時の事を歌にしている。2005年まで、長渕剛オフィシャルHPのタイトルネームにも使われていた。本アルバムに収録されているバージョンでは、その長女の産声が間奏に収められている。
    シングルバージョンをリミックスし、ボーカルのみ新録音で収録されている。
  2. プン プン プン
  3. 裸足のまんまで
  4. ほんまにうち寂しかったんよ
  5. 明け方までにはケリがつく
  6. 昭和
    ライブビデオ『LICENSE』の中で原曲を作曲しているシーンがある。

参加ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]