SCENE II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ASKA > SCENE II
SCENE II
ASKAスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル POP
時間
レーベル ポニーキャニオン AARD-VARK(1991年盤)
東芝EMI EAST WORLD(1995年盤)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ(2001年・2018年盤)
プロデュース RYO ASKA
GO YAMAZATO
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続・通算3週、オリコン[1]
  • 1991年度年間6位(オリコン)
  • 週間47位(SCENEⅡ - Remix ver. - ・オリコン)[2]
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(日本レコード協会[3][注 1]
  • ASKA 年表
    SCENE
    1988年
    Made in ASKA
    2018年
    SCENE II
    (1991年)
    SCENE - Remix ver. -

    SCENEⅡ - Remix ver. -
    (2018年)
    NEVER END
    1995年
    -
    『SCENE II』収録のシングル
    1. はじまりはいつも雨
      リリース: 1991年3月6日
    ミュージックビデオ
    「けれど空は青 〜close friend〜」 - YouTube
    テンプレートを表示

    SCENE II』(シーン・ツー)は、ASKAの2枚目のオリジナル・アルバム1991年6月5日に発売された。発表元はポニーキャニオン

    1995年2月27日MT2001年7月18日CDとして、2018年11月21日には『SCENEⅡ - Remix ver. -』というタイトルでUHQ-CDによる再発売がされている。

    解説[編集]

    1988年に発売された『SCENE』以来となるソロ・アルバム。初回限定盤はスリーブケース・ブックレット付。

    収録曲数10曲のうち、5曲が他のアーティストに提供した楽曲のセルフカバーである。

    ASKAはこの頃の作風について、「デイヴィッド・フォスターに影響を受けていて、彼を意識した曲作りが多かった」と述べている[4]

    はじまりはいつも雨」の人気もあり、本作はオリコンアルバムチャート初登場から2週連続1位を獲得。その後、CHAGE&ASKAのシングル「SAY YES」の爆発的ヒットもあって、8月26日付のオリコンアルバムチャートで再び返り咲きの1位となる。そしてミリオンセラーを達成し、1991年度年間アルバムセールス第6位となる。

    2005年11月23日には、本作から14年ぶりとなる『SCENE』シリーズ『SCENE III』が発売される。また、本作と『SCENE』を含んだBOXセット『SCENE I & II limited edition』も期間限定で同時発売された。

    受賞[編集]

    収録曲[編集]

    ※コメントは、『SCENE II』 Official Web Site を参照

    1. はじまりはいつも雨
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔)
      1991年3月6日に発売した3枚目のシングル。特に記載はないが、シングルとは別ミックス。
      2005年11月23日発売のBOXセット『SCENE I & II limited edition』ではシングル・ミックスに差し替えられている。
    2. けれど空は青 〜close friend〜
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司
      ASKAが出版した単行本[5]のタイトルが気に入っていて、丁度タイトルに良い曲が出来てきたという。
      詞は、男の友情がテーマ。
      2012年発売のMOOK本『ぴあ&ASKA』発行の際にweb上で募ったアンケートでは、ASKAのソロ曲で一番好きな楽曲第2位にランクインした[6]
    3. Love is alive
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔)
      岩崎宏美(当時は、益田宏美)とのデュエット曲
      ASKAは岩崎のファンで、はじめから彼女とデュエットする事しか考えていなかったという。
    4. DAYS OF DREAM
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司)
      離婚する2人をテーマにした楽曲で、曲調はけだるい感じのポップス・ジャズと述べている。

    5. (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:佐藤準
      1990年日野美歌に提供した曲(シングル「恋」)のセルフカバー。
      大人の女性の歌を書きたかったとしている。
    6. 都会の空
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司)
      1989年高橋真梨子に提供した曲(アルバム『Pretend』収録曲)のセルフカバー。
      曲も詞も、提供以前からあったもので、詞は1984年発売のASKAの詩集に収められている[7]
    7. 風の住む町
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:西平彰
      1990年に中村雅俊へ提供した曲(シングル「風の住む町」)のセルフカバー。
      当時、中村雅俊のラジオ番組へASKAが出演した際に、「提供したという感覚ではなく、僕の曲を歌って頂いたという気分です」と答えている。
    8. PLEASE
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:佐藤準)
      1990年光GENJIに提供した「荒野のメガロポリス」のカップリングとして収録されていた曲のセルフカバー。
      子どもの声(杉並児童合唱団)をコーラスに使っている。翌年発売のCHAGE&ASKAのアルバム『GUYS』収録の「世界にMerry X'mas」のロンドンレコーディングでも、現地の子どものコーラスを使用している。
      2009年にSHUUBIが、"SHUUBI with 古川昌義" 名義で発売したコラボレーション・アルバム『please』でカバーしている。
    9. 君が愛を語れ
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔)
      1991年3月6日発売のシングル「はじまりはいつも雨」のカップリング曲
      1992年に時任三郎がカバーし、シングル発売した。特に記載はないが、シングルとは別ミックス。
    10. 止まった時計
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:佐藤準)
      1990年薬師丸ひろ子に提供した曲(アルバム『Heart's Delivery』収録曲)のセルフカバー。
      1999年に発売したベスト・アルバムASKA the BEST Selection 1988-1998』では、アコースティックアレンジの "new version" が収録されている。
      2002年に岩崎宏美がカバーし、シングル「止まった時計」として発売した。

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数80万枚以上の作品に適用。

    出典[編集]

    1. ^ ASKA「はじまりはいつも雨」など収録した初期アルバム2作が最新ミックスで復活 音楽ナタリー 2018年11月21日閲覧
    2. ^ SCENEⅡ - Remix ver. - オリコン 2018年11月28日閲覧
    3. ^ ゴールドディスク認定作品 1991年8月度認定作品を閲覧。日本レコード協会
    4. ^ 「ASKA CONCERT TOUR GOOD TIME」 パンフレット内のインタビューより。
    5. ^ 石原信一  『けれど空は青 〜飛鳥涼論』 八曜社、1990年11月21日ISBN 4-8270-0109-X
    6. ^ ぴあ ファンが選ぶASKAのソロ曲BEST20+100Q ダイジェスト WEB版”. ぴあ. 2014年4月3日閲覧。
    7. ^ 『オンリー・ロンリー 飛鳥涼詩集』 サンリオ出版1984年11月15日ISBN 4-387-91235-9

    外部リンク[編集]