リチャード・マークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リチャード・マークス
Richard Marx
Richard-Marx-2016.jpg
リチャード・マークス(2016年)
基本情報
出生名 Richard Noel Marx[1]
生誕 (1963-09-16) 1963年9月16日(58歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州ハイランド・パーク
ジャンル ポップ・ロックアダルト・コンテンポラリー・ミュージックソフトロック
職業 シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー、俳優
担当楽器 ボーカル、ギター、キーボード、オルガン、ピアノ、ベース
活動期間 1980年 -
レーベル キャピトルEMI、Manhattan、Signal 21、Zanzibar、フロンティアーズ、Kobalt Label Services
共同作業者 ディック・マークス、フィー・ウェイビル、マット・スキャネル、ルーサー・ヴァンドロスキース・アーバンリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド
公式サイト richardmarx.com
リチャード・マークス(2005年)

リチャード・マークスRichard Marx1963年9月16日 - )は、アメリカシンガーソングライター音楽プロデューサー

人物[編集]

ソロ・デビュー前[編集]

作曲家の父、ディック・マークスとその妻で歌手のルース・マークスの間に生まれる。19歳の頃、マークスのデモ・テープを聴いたライオネル・リッチーに認められて、ロサンゼルスに移住しアルバム『ライオネル・リッチー』(1982年)のレコーディングに参加した[2]。その後、リッチーの紹介でケニー・ロジャースのバックアップ・シンガーとなり、さらにロジャースと共作も始め[3]、2人が共作した「クレイジー」は、1984年にロジャースの歌唱で『ビルボード』カントリー・シングル・チャート1位を獲得した[4]

デビュー・スターダムへ[編集]

1987年、アルバム『リチャード・マークス』でデビュー。デビューシングルとなった「ドント・ミーン・ナッシング」がいきなり全米チャートの3位に入るヒットとなり、大きな注目を集める。その後、アルバムからシングルカットされた「君を知りたい (シュドヴ・ノウン・ベター)」「エンドレス・サマー・ナイツ」も立て続けにチャートインさせ、4枚目の「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイツ」で遂に全米ナンバーワン(2週連続)を獲得した。これで完全にスターダムに乗り、セカンド・アルバム『リピート・オフェンダー』からは、「サティスファイド(2週連続)」「ライト・ヒア・ウェイティング(4週連続)」と前作を上回るビッグヒットを飛ばした。

「ライト・ヒア・ウェイティング」は、当時交際していた女優シンシア・ローズへのラブレターに曲をつけたもので[5]、自身最大のヒット曲となったことを契機にローズと結婚した(2014年に離婚)。初来日公演は1988年2月で、日本武道館での公演も行った。

転機[編集]

デビュー以来、立て続けにヒットを飛ばしたマークスは、1991年に満を持してアルバム『ラッシュ・ストリート』を発売。第1弾シングル「瞳の誘惑 (Keep Coming Back)」はあらゆるフォーマットのシングル・レコードが準備されるほどだった。また勝ち馬に乗りたいアーティストが録音や発売記念パーティに集合した。

しかしながら、このアルバムは前2作のようなヒットに結びつくことなく、ヒットチャートからすべり落ちた。第2弾シングル「ハザード」の後、「テイク・ジス・ハート」をシングルカットしたが、時既に遅かった。これ以降、1994年にシングル「ナウ・アンド・フォエヴァー」が全米7位になるヒットがあったものの、アルバムの成績は奮わなくなっていった。

1990年代半ばよりプロデューサーとしての仕事に重きを置くようになり、自らの創作活動や公演會は減っている。近年では、アイドル・グループのイン・シンクバックストリート・ボーイズに曲を提供。1996年には日本の歌手CHAGE&ASKAの楽曲を世界中の一流歌手が歌唱する尊敬企画アルバム『one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』に参加。マークスが担当した「Heart of My Own」は英国盤には収録されていないが、日本盤の追加曲として収録されており、その縁で翌年に発表した「Every Day Of Your Life」はASKAとのデュエット曲となっている。

2004年には、ルーサー・ヴァンドロスの「Dance With My Father」をヴァンドロスと共作し、グラミー賞最優秀楽曲を受賞した。

2006年にはリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのメンバーに名を連ねた。

2014年のアルバム『Beautiful Goodbye』は全米39位、インディペンデント・アルバム・チャートで6位を記録し、20年ぶりの全米トップ40アルバムとなった[6]

家族[編集]

1989年1月8日にシンシア・ローズと結婚。Brandon(1990年生まれ)、Lucas(1992年生まれ)、Jesse(1994年生まれ)の3人の息子がいる。 2014年4月に離婚を発表。2015年12月23日、自身のFacebook上でデイジー・フエンテスとの結婚を発表した。[7]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

タイトル 発売日 規格品番
リチャード・マークス
Richard Marx
1987年6月15日(アメリカ)
1988年7月5日(日本)
CP32-5437
TOCP-6552
リピート・オフェンダー
Repeat Offender
1989年4月26日(アメリカ)
1990年5月10日(日本)
CP28-5805
TOCP-3165
ラッシュ・ストリート
Rush Street
1991年10月28日(アメリカ)
1991年11月6日(日本)
TOCP-6865
ナウ・アンド・フォエヴァー
Paid Vacation
1994年2月8日(アメリカ)
1994年1月31日(日本)
TOCP-7912
この愛のすべて -フレッシュ&ボーン-
Flesh and Bone
1997年4月8日(アメリカ)
1997年2月26日(日本)
TOCP-8888
デイズ・イン・アヴァロン
Days in Avalon
2000年10月24日(アメリカ)
マイ・オウン・ベスト・エネミー
My Own Best Enemy
2004年8月10日(アメリカ)
2004年8月4日(日本)
TOCP-67436
Emotional Remains 2008年10月31日(アメリカ)
Sundown 2008年10月31日(アメリカ)
Christmas Spirit 2012年10月22日(アメリカ)
Beautiful Goodbye 2014年7月8日(アメリカ)
Limitless 2020年2月7日(アメリカ)

コンピレーション・アルバム[編集]

タイトル 発売日 規格品番
バラッズ
Ballads
1994年3月3日(アメリカ)
1994年8月10日(日本)
TOCP-8336
グレイテスト・ヒッツ
Greatest Hits
1997年10月23日(アメリカ)
1997年11月27日(日本)
TOCP-50140
サンクス・トゥ・ユー
グレイテスト・ヒッツ -スペシャル・ヴァージョン-
1998年10月27日(アメリカ)
1999年1月20日(日本)
TOCP-65087
Stories to Tell 2010年11月9日(アメリカ)
インサイド・マイ・ヘッド
Inside My Head
2012年6月1日(アメリカ)
2012年10月10日(日本)
SICP-3651/2

シングル[編集]

  • 「ドント・ミーン・ナッシング」 - "Don't Mean Nothing" (1987年) ※全米3位
  • 「君を知りたい (シュドヴ・ノウン・ベター)」 - "Should've Known Better" (1987年) ※全米3位
  • 「エンドレス・サマー・ナイツ」 - "Endless Summer Nights" (1988年) ※全米2位
  • 「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイツ」 - "Hold On To The Nights" (1988年) ※全米1位
  • 「サティスファイド」 - "Satisfied" (1989年) ※全米1位
  • 「ライト・ヒア・ウェイティング」 - "Right Here Waiting" (1989年) ※全米1位、全英2位
  • 「アンジェリア」 - "Angelia" (1989年) ※全米4位
  • 「さよならはもう言えない」 - "Too Late To Say Goodbye" (1990年) ※全米12位
  • 「チルドレン・オブ・ザ・ナイト」 - "Children Of The Night" (1990年) ※全米13位
  • 「瞳の誘惑」 - "Keep Coming Back" (1991年) ※全米12位
  • 「ハザード」 - "Hazard" (1992年) ※全米9位
  • 「テイク・ジス・ハート」 - "Take This Heart" (1992年) ※全米20位
  • 「チェインズ・アラウンド・マイ・ハート」 - "Chains Around My Heart" (1992年) ※全米44位
  • 「ナウ・アンド・フォエヴァー」 - "Now and Forever" (1994年) ※全米7位。映画「ゲッタウェイ」主題歌
  • "The Way She Loves Me" (1994年) ※全米20位
  • 「サイレント・スクリーム」 - "Silent Scream" (1994年)
  • "Until I Find You Again" (1997年) ※全米42位
  • "At The Beginning" (1997年) ※全米45位 ※with ドナ・ルイス
  • 「Every Day Of Your Life」 - "Every Day Of Your Life" (1997年) ※with ASKA
  • "Days In Avalon" (2000年)
  • "When You're Gone" (2004年)
  • "Ready to Fly" (2004年)

日本公演[編集]

2月11日,12日 ゆうぽうと簡易保険ホール、15日 愛知県勤労会館、16日 フェスティバルホール
10月19日,20日 Billboard Live Tokyo
10月22日 Billboard Live Osaka
6月23日 EX THEATER ROPPONGI

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Biography & Career Highlights”. Richard Marx Online. 2007年4月9日閲覧。
  2. ^ Gowen, Anne (1994年7月17日). “Back Home Again”. Chicago Tribune. 2015年11月24日閲覧。
  3. ^ Leahey, Andrew (2014年7月16日). “Songwriter Spotlight: Richard Marx”. Rolling Stone. 2015年11月24日閲覧。
  4. ^ Kenny Rogers | Awards | AllMusic
  5. ^ Right Here Waiting by Richard Marx”. Songfacts. 2015年11月24日閲覧。
  6. ^ Richard Marx | Awards | AllMusic
  7. ^ Wedding Announcement”. Richard Marx Music Official Facebook (2015年12月25日). 2015年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]