リチャード・マークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・マークス

リチャード・マークスRichard Marx1963年9月16日 - )は、アメリカシンガーソングライター

人物[編集]

ソロ・デビュー前[編集]

作曲家の父、ディック・マークスとその妻で歌手のルース・マークスの間に生まれる。19歳の頃、マークスのデモ・テープを聴いたライオネル・リッチーに認められて、ロサンゼルスに移住しアルバム『ライオネル・リッチー』(1982年)のレコーディングに参加した[1]。その後、リッチーの紹介でケニー・ロジャースのバックアップ・シンガーとなり、さらにロジャースと共作も始め[2]、2人が共作した「クレイジー」は、1984年にロジャースの歌唱で『ビルボード』カントリー・シングル・チャート1位を獲得した[3]

デビュー・スターダムへ[編集]

1987年アルバム『Richard Marx/リチャード・マークス』でデビュー。デビューシングルとなった「Don't Mean Nothing」がいきなり全米チャートの3位に入るヒットとなり、大きな注目を集める。その後、アルバムからシングルカットされた「Should've Known Better」「Endless Summer Nights」も立て続けにチャートインさせ、4枚目の「Hold On to the Nights」で遂に全米ナンバーワン(2週連続)を獲得した。これで完全にスターダムに乗り、セカンドアルバム『Repeat Offender』からは、「Satisfied(2週連続)」「Right Here Waiting(4週連続)」と前作を上回るビッグヒットを飛ばした。

「Right Here Waiting」は、当時交際していた女優シンシア・ローズへのラブレターに曲をつけたもので[4]、自身最大のヒット曲となったことを契機にローズと結婚した(2014年に離婚)。 初来日公演は1988年2月で、日本武道館での公演も行った。

転機[編集]

デビュー以来、立て続けにヒットを飛ばしたマークスは、1991年に満を持してアルバム『Rush Street』を発売。第1弾シングル「Keep Coming Back」はあらゆるフォーマットのシングルレコードが準備されるほどだった。また勝ち馬に乗りたいアーティストがレコーディングや発売記念パーティに集合した。

しかしながら、このアルバムは前2作のようなヒットに結びつくことなく、ヒットチャートからすべり落ちた。第2弾シングル「Hazard」の後、「Take This Heart」をシングルカットしたが、時既に遅かった。これ以降、1994年にシングル「Now and Forever」が全米7位になるヒットがあったものの、アルバムのセールスは振るわなかった。

1990年代半ばよりプロデューサーとしての仕事に重きを置くようになり、自らの創作活動やコンサートツアーは減っている。近年では、アイドルグループのイン・シンクバックストリート・ボーイズに曲を提供。2004年には、ルーサー・ヴァンドロスの「Dance With My Father」をヴァンドロスと共作し、グラミー賞最優秀楽曲賞を受賞した。

2006年にはリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのメンバーに名を連ねた。

2014年のアルバム『Beautiful Goodbye』は全米39位、インディペンデント・アルバム・チャートで6位を記録し、20年ぶりの全米トップ40アルバムとなった[5]

アルバム[編集]

シングル[編集]

  1. "Don't Mean Nothing" (1987) #3 US
  2. "Should've Known Better" (1987) #3 US
  3. "Endless Summer Nights" (1988) #2 US
  4. "Hold On To The Nights" (1988) #1 US - 1 week
  5. "Satisfied" (1989) #1 US - 1 week
  6. "Right Here Waiting" (1989) #1 US - 3 weeks, #2 UK
  7. "Angelia" (1989) #4 US
  8. "Too Late To Say Goodbye" (1990) #12 US
  9. "Children Of The Night" (1990) #13 US
  10. "Keep Coming Back" (1991) #12 US
  11. "Hazard" (1992) #9 US
  12. "Take This Heart" (1992) #20 US
  13. "Chains Around My Heart" (1992) #44 US
  14. "Now and Forever" (1994) #7 US
    映画「ゲッタウェイ」主題歌
  15. "The Way She Loves Me" (1994) #20 US
  16. "Silent Scream" (1994)
  17. "Until I Find You Again" (1997) #42 US
  18. "At The Beginning" (with Donna Lewis) (1997) #45 US
  19. "Every Day Of Your Life" (with Aska) (1997)
  20. "Days In Avalon" (2000)
  21. "When You're Gone" (2004)
  22. "Ready to Fly" (2004)

日本公演[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gowen, Anne (1994年7月17日). “Back Home Again”. Chicago Tribune. 2015年11月24日閲覧。
  2. ^ Leahey, Andrew (2014年7月16日). “Songwriter Spotlight: Richard Marx”. Rolling Stone. 2015年11月24日閲覧。
  3. ^ Kenny Rogers | Awards | AllMusic
  4. ^ Right Here Waiting by Richard Marx”. Songfacts. 2015年11月24日閲覧。
  5. ^ Richard Marx | Awards | AllMusic

外部リンク[編集]