Mr.ASIA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CHAGE and ASKA > Mr.ASIA
Mr.ASIA
チャゲ&飛鳥スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル POP
時間
レーベル キャニオン・レコード AARD-VARK(1987年)
ポニーキャニオン AARD-VARK(1989年盤・1990年盤・1993年盤)
東芝EMI(1999年盤)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ(2001年盤・2009年盤)
プロデュース CHAGE&ASUKA
GO YAMAZATO
チャート最高順位
チャゲ&飛鳥 アルバム 年表
SUPER BEST
(1987年)
Mr.ASIA
(1987年)
RHAPSODY
1988年
『Mr.ASIA』収録のシングル
  1. 指環が泣いた
    リリース: 1986年11月21日
  2. SAILOR MAN
    リリース: 1987年4月21日
テンプレートを表示

Mr.ASIA』(ミスター・エイジア)は、チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)の9作目のオリジナル・アルバムでもあり、本作の1曲目の楽曲でもある。1987年5月21日に発売された。発売元はキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)。

1989年3月21日にはGOLD CD1990年7月21日1999年12月16日2001年7月18日はCD、1993年12月17日はAPO-CD、2009年10月21日SHM-CDで再発売された。

背景・制作[編集]

オリジナル・アルバムとしては『MIX BLOOD』から8ヶ月、アナログ盤限定で発売したミニアルバムSnow Mail』からはおよそ5ヶ月半ぶりとなるアルバムである。

チャゲ&飛鳥は、1986年12月31日に生放送されたフジテレビ系音楽特番『世界紅白歌合戦』出演のため、ロンドンを訪れた[1]。同番組での世界的アーティスト達との共演や、新年を迎えるロンドンの街のお祭り騒ぎに2人は刺激された。この時の体験が本作に影響している。

また、それまで彼らのバックバンドを務めていたTHE ALPHAが、同年1月のライブを最後に離脱したため、アルバムの制作は新しいバックバンドのオーディションも兼ねて進められた。

ライブ[編集]

1987年は4月からコンサートツアー『We Shall Return』がスタートしており、6月13日・14日には1983年9月30日以来となる国立代々木競技場第一体育館でのコンサートを開催し、8月8日の最終日には大阪の万博記念競技場を使用した。冬には「X'mas Special '87」と題したコンサートツアーも行なった。

リリース[編集]

2009年10月21日には、紙ジャケット・シリーズの一環としてSHM-CD仕様でヤマハミュージックコミュニケーションズより再発売された。

収録曲[編集]

  1. Mr.ASIA
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:佐藤準 コーラス編曲:山里剛)
    アルバムタイトル曲。『世界紅白歌合戦』での体験が影響している楽曲である。
    同年10月5日に発売されたシングル「ロマンシングヤード」のカップリングにも収録された。
    1994年に発売された2枚組アルバム『Yin&Yang』にも収録されている。
  2. mebius
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三 コーラス編曲:山里剛)
    僅かだが、曲の冒頭に「Mr.ASIA」の曲の終わりの音(エコー部分)が重なっている。
  3. 噂のトラブル・メーカー
    (作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:瀬尾一三)
  4. SAILOR MAN
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)
    1987年4月21日に発売されたシングル曲。JAL '87 沖縄キャンペーンソング。
  5. どのくらい "I love you"
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:佐藤準)
    1994年に発売された2枚組アルバム『Yin&Yang』にも収録されている。
  6. スローダウン
    (作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:佐藤準)
    田中昌之に提供した「SLOW DOWN」のセルフカバーである。
    1994年に発売された2枚組アルバム『Yin&Yang』にも収録されている。
  7. LONDON POWER TOWN
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)
    ASKAが、新年を迎えるロンドンの街で体験したお祭り騒ぎの様子を楽曲に反映させた。
  8. PLASTIC KISS
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:瀬尾一三)
  9. 指環が泣いた
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:佐藤準)
    1986年11月21日に発売されたシングル曲。
    『世界紅白歌合戦』で披露した楽曲である。
  10. 夏の終わり
    (作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:瀬尾一三)
    1990年に発売されたバラッド集『THE STORY of BALLAD』にも収録されている。
    コンサートでも1998年に開催したCHAGE初のソロ公演『CHAGE 上海之行演唱会』・『CHAGE“大いに唄う”in 武道館』の最後を飾る曲として、また2004年8月28日に開催した『CHAGE and ASKA 25th Anniversary Special チャゲ&飛鳥 熱風コンサート』で「僕からのリクエスト」というMCからソロでこの曲を披露している。
    CHAGEは、2016年に発売したアルバム『Another Love Song』でセルフカバーしている。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • PRIDE II 〜10年の複雑〜 (八曜社、1989年10月10日発行) ISBN 4827000964

外部リンク[編集]

  • Mr.ASIA - CHAGE and ASKA Official Web Site